「決算書が読める!」をゴールにしない

『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』には、”「決算書が読める!」をゴールにしない”という項目があります。
会社の数字=決算書というイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

IMG 7553

そもそも決算書とは

そもそも決算書とは、外部の関係者に会社の状況を説明するための書類です。
会計、つまりアカウント(account)には説明や報告という意味があります。

中小企業にとって、外部関係者といえば、実質的に税務署や金融機関となるでしょう。
(ときには取引先も含まれます)

外部関係者のために整えられた書類が決算書なのです。

会社はさまざまな種類があります。
出てくる数字もいろんな基準があるはずです。
それらを比較検討するには一定の基準・フォーマット(形式)が必要となります。
それが決算書なのです。

見るのは年1回、自社の決算書のみ

この決算書、外部報告用であるため、最低でも年に1回作成します。
四半期、半期などで決算書を作るケースもありますが、ほとんどの中小企業では年に1回作成しているでしょう。
変化の激しい今、年に1回の数字チェックだけでは追いつきません。

また、他社の決算書を見る機会は現実的には少ないです。

こういった事情から、「決算書が読める」ことだけをゴールにしてはいけませんし、それだけを目指してもいけません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


毎日、毎月の数字が重要

では、会社の数字として見ておくべきものはどういったものでしょうか?

それは、毎日、毎月の数字です。

決算書というフォーマットにとらわれずに、会社に必要な数字、社長が興味のある数字を定点観測することが欠かせません。

決算書では、「売上高」としか表示されませんが、次のような区分でも数字を把握できます。
・商品別売上
・サービス別売上
・支店別売上
・店舗別売上
・既存・新規別売上
・顧客別売上
・平均売上単価
などこそ、必要なはずです。

会社ごとに必要な数字は異なりますし、必要な資料・書類も異なります。
理想を言えば、オリジナルの資料や数字の見方を確立し、それにそった資料を作る(作ってもらう)べきです。
「決算書を読む」よりも、こういった数字の方が大事といえます。
大まかな数字だけでも把握しておきましょう。
(枝葉末節は経理担当者や税理士にまかせておけばいいのです)

現実的には、この試算表(毎月作成される決算書)を読み取ることも求められます。
スクリーンショット 2013 02 22 9 37 01

数字を定点観測する、試算表を読むには、お金、会計、税金の大まかな知識が欠かせません。

これらについて、本書でも解説しています。

ーーーまとめーーー
決算書は外部報告用で年1回作成されるもの。
「決算書の読み方」よりも毎日、毎月の数字の把握の方が大事





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、プロジェクターやPCを置くミニテーブルをそろえて、セミナールームの準備が整いました。
これで準備は万端です。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###