マイクロソフトMVPアワード(Excel)を受賞しましたーExcelに惚れた理由ー

昨年はじめて受賞した、<Microsoft Most Valuable Professional Award>(マイクロソフトMVPアワード)。
今年も無事受賞できました。
IMG 7794

MVPとは

私が受賞したのは、もちろんExcelです。
(Word、Powerpointなどマイクロソフトのサービス、ソフトそれぞれにMVPが与えられています)

こういったアワードギフトをいただきました。
IMG 7798

このオブジェクトは、昨年いただいたもので、今年いただいた「2013」のパーツを付けられるようになっています。

IMG 7792
マイクロソフトのサイトには、MVPについて次のような説明があります。

マイクロソフトが個人の活動を評価する、特別な賞。
MVP (Most Valuable Professional) アワード プログラムは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインまたはオフラインのコミュニティや、メディアなどを通して、その優れた能力を幅広いユーザーと共有している個人を表彰するものです。MVP アワードの表彰は全世界で行われており、現在は、世界 90 か国以上、4,000 名を超える方々が MVP として精力的な活動を続けています。

審査対象期間(2012年1月〜12月)の活動状況を提出し、毎年審査が行われます。
昨年はじめての受賞でした。
マイクロソフトの「MVPアワード Excel部門」を受賞しました | EX-IT

2012年については、Excel関係の書籍は出していませんが、このブログでの活動、Excel関係の記事執筆、Excel関係のセミナー(2012年は22回)などを行っています。
賞をいただけるのも、お客様、ブログを読んでくださる方、セミナーに参加してくださった方、本を読んでいただいた方のおかげです。
この場をお借りして、感謝申し上げます。

Excelに惚れた理由

大好きなExcelで、このような賞をいただけるのは本当にうれしいです。
もともとExcelに惚れた理由は、「早く帰れるようになる」からでした(^^;)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


24歳で始めて就職したとき、目の前のPCに入っていたExcel。
総務省統計局を選んだのは、「数字とPCで仕事できそうだったから」という理由ですが、当時PCはおろか、EXCELも使ったことはありませんでした。

ただ、なんとなく「このExcelを使いこなせば、早く帰れるようになるのでは」と思い、日々勉強していたことが今につながっています。

引き継いだ仕事の中には、表を作成するプログラムを動かし、プリントアウトするものがあり、その仕事は、毎月3時間くらいかかりました。

20数種類の表を、種類ごとにEnterキーを押さなければプリントアウトできず、プリンターも古いドットプリンターだったからです。
まともにやっていては、毎月必ず残業しなければいけない羽目になります。
当時は、遊びたい盛りでしたし、下手に残業していると、おっさんたちの飲みに巻き込まれてしまいます。
なんとか残業は避けたいと思い、プログラムを改善しつつ、Excelで表を作るようにしたのです。
Excelで作れば、普通のプリンターで印刷できますし、そのデータを加工して別の表を作ることもできます。

毎月改善を繰り返し、結果的は、5分くらいでこの仕事は終わるようになり、もちろん早く帰れるようになりました。

余った時間はさらにExcelやプログラムを勉強していたのです。

といっても、本を買う余裕もなく、その年の秋口まで個人のPCからインターネットにもつなぐことができなかったため、ひたすらExcelのヘルプを見て勉強していました。
今になって思うと、「Excelに何ができるか」を知ることができたのが非常に効果があったと思います。

その過程で、ピボット、マクロ、関数、グラフなど、今でも使っているテクニックの基礎を覚えました。

当初は「早く帰るため」という邪念(?)で覚え始めたExcelでしたが、単純に「早く帰れる」だけはなく、仕事中の時間を生み出すことができます。

生み出した時間で他の仕事や先を見た仕事ができるのです。
私にとっては、今の税理士業でも、Excelなしでは成り立ちません。
会計ソフトよりも、税務ソフトよりも、圧倒的にExcelを使っています(^^;)

■スポンサードリンク

自分だけではなく他者へ貢献できる

Excelの魅力は、自分だけではなく他者へも貢献できることです。

いまや、ほとんどのPCにExcelが入っています。
ExcelファイルやExcelの使い方を提供すれば、他者の時間も作ることができるのです。

統計局でも、次第に他の部署の手伝いが増えていましたし、税理士の道に進んでからも、同様でした。

独立してからは、ブログやセミナー、書籍で、より多くの方へ提供できる手段が増えています。
昨日は、税理士であるお客様へのExcel、ITコンサルティングでしたし、明日は経理担当者向けセミナーの講師をつとめます。

今後もお役に立てるよう、精進していきます!





■スポンサードリンク
【編集後記】
今朝の体重測定で、久しぶりに75kgをきることができました。
最近ようやくはじめたプロテインがよかったのかもしれません(^^;)
引き続き様子を見てみます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###