4月から会社の交際費は使い放題?

この4月から、会社の交際費の税金についての取り扱いが変わっています。
(会社によって開始のタイミングは変わります)
ただし、なんでもかんでもOKというわけではありません。
IMG 4946

これまでとの違い

会社の経費のうち、接待交際のためのものは、税金が別途かかるようになっています。

中小企業(原則として資本金1億円以下)であれば、次のように税金がかかります。
(正確には、税金の計算上考慮します)

・1事業年度600万円→1万円の交際費で300円〜400円(3〜4%)
・600万円を超える部分→1万円の交際費で3,000円〜4,000円(30〜40%)

※ただし、1人当たり5,000円以下の取引先との飲食は除きます。
※会社の利益によって、率が変わります。

法律改正後は、中小企業の場合、

・1事業年度800万円→1万円の交際費で0円
・800万円を超える部分→1万円の交際費で3,000円〜4,000円(30〜40%)

と変更されます。

図にするとこうなります。
スクリーンショット 2013 04 15 9 45 56


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


交際費の金額ごとの影響額はおおむね次のようになります。
スクリーンショット 2013 01 25 10 09 45

中小企業は交際費使い放題?

「中小企業は800万までなら経費を使い放題?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

あくまで事業に関係した接待交際費で、支払先、目的等が明確になっているものが対象となります。
プライベートの飲食(100%がプライベート)、理由は明かせないけれどお金を支払ったものは、交際費とは認められません。

前者だと、役員への給料として、後者だと使途がわからない経費として、さらに重い税金がかかる可能性があります。

交際費を使うと、大事な会社のお金が出ていきます。
ケチケチする必要はありませんが、湯水のように使えるものでもありません。

特に小規模でビジネスをやるためには、「その交際費が本当に必要か?」は常にチェックすべきです。
仕事をとるのに交際費が必要ならば、顧客獲得コストは上がり、顧客ごとの利益は減ります。
顧客ごとの利益を考える際には、経費に原価、紹介料等、広告、交際費、交通費なども含めるべきです。

変更のタイミング

上記の制度改正は、「平成25年4月以降開始事業年度」からです。

3月決算ならば、新しい事業年度は平成25年4月からですので、もう始まっています。
2月決算ならば、平成26年3月1日〜平成27年2月28日の事業年度となります。

ーーーまとめーーー

そもそも交際費に税金がかかること自体、疑問がありました。
会社が事業に必要だと判断したものに、税金がかけるべきではないと思うからです。
お歳暮やお中元にも税金がかかりますからね。
今回の改正で、一部無税になったことは、いい変更だと思います。
ただし、税金がかかる、かからないよりも、その経費が必要かどうかの判断基準の方が重要です。

■スポンサードリンク





■スポンサードリンク
【編集後記】
石垣島トライアスロンのタイムを比較すると、昨年よりスイム7分、バイク5分、ラン8分、合計20分短縮できていました。
去年ははじめての距離(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)かつ、大雨という状況だったことを差し引いても、ちょっとは進歩しているようです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』