ピボットテーブルを使った結婚式二次会の収支計算ー5/29入門セミナーをやりますー

なにかと便利なピボットテーブル。こういうときにも使えますという事例がありましたので、ご紹介します。ピボットテーブル披露宴

結婚式二次会の収支計算

事例は、結婚式二次会の収支計算です。
名簿を作り、大まかな収支計算をしました。
(幹事なのです)

Facebook上のイベントで告知、参加受付をしているので、名簿作りは簡単です。
[参加予定]→[ゲストリストをエクスポート]をクリックすると、CSVファイルでゲストリストがダウンロードできます。
Facebook ゲスト

もちろん、Excelで加工できます。
(ほとんどの場合、名前がローマ字で出てくるのが難点です。)

このリストを、
元データ

ピボットテーブルで集計し、男女別に単価を入力して計算すれば、二次会の収入がわかります。

(費用、利益は別途計算します)

ピボットテーブル

関数でもできるけど・・・

単純にカウントするだけならば、関数でもできます。
この場合、COUNTIFという関数を使います。

COUNTIF関数


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ただ、集計項目が増えると関数ではなかなか大変ですし、その都度関数を入れ直さなければいけません。
例えば、参加予定・未定、披露宴からの参加かどうかという項目があるなら、
元データ披露宴

ピボットテーブルの方が簡単で早いです。
ピボットテーブル披露宴

ピボットテーブルの魅力ー入門セミナーやりますー

集計結果が固定で絶対に変わらないのであれば、COUNTIFやSUMIF、SUMIFSという関数を使う方法もあります。
しかし、多くの場合、集計結果がどうなるかは変わるはずです。
集計結果である表を変化させながら、様々な角度からデータを分析するのが、ピボットテーブルの魅力の1つといえます。

今回の事例も、後から項目を加える可能性があるため、ピボットテーブルで作りました。

他に例を挙げると、こういった経費のデータがあります。
ピボット事例1

このデータを、項目別に集計したり、
ピボット事例2

日付、項目別に集計したり、
ピボット事例3

表の形を変えてみたり
ピボット事例4

内容と日付別に集計したりできます。
ピボット事例5

Excelセミナーでは、必ず取り上げるピボットテーブル。
ひさしぶりに単独で入門セミナーを開催します。
開催は、5/29(水)の19:00-21:00、定員は8名です。

■スポンサードリンク

全く使ったことのない方向けに、実際に操作しながらピボットテーブルをお伝えします。

詳細・お申込はこちらからお願いいたします。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、ひさびさにスポーツショップへ。
次のレースに向けて、海用ゴーグル、ソックス、カーフガードなどを買ってきました。
さらに、ランニングシューズを新調するか考え中です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###