高くても重くても断然Pro。SurfaceRTとSurfaceProの比較

昨日の記事に関連してSurfaceRTとSurfaceProの比較です。
Surface 箱

結論は、断然Pro

最初に結論から書くと、Surfaceを買うなら、断然Proをおすすめします。
Surface PCモード
確かにRTは、安い(Proの約半額)、軽い(213g軽い)のですが、安さ故の機能制限がつらいのです。

もしSurfaceを買って仕事に使うのであれば、Proが必要でしょう。

RTとProの比較

RTとProを比較してみました。

スクリーンショット 2013 06 08 22 10 14

※キーボードにもなるカバーは別売りです。1万円ほどします。

赤文字にしているのが優れている部分です。
ProはRTと比べると5mm厚くなり、227g重くなり、4時間ほど電池寿命が短くなっています。
性能アップのためには仕方のないことでしょう。

電子寿命は、マイクロソフトからの発表はないのですが、インタビュー記事で4時間という表現がありました。
私が昨日移動しつつ1日使ってみた感覚でも、だいたい4時間です。
もうちょっと持つとうれしいんですけどね。

見た目で違いがわかるのは解像度です。
解像度が高いと、同じ画面サイズでも使いやすさが違います。

ペン入力ができるようになったのも大きな違いです。
(ペンは付いてきます)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


トータルで考えると、やはりProの方をおすすめします。

タッチ対応WindowsPCと比べて

私はメインでMacを使い、Windowsも載せています。
Macではタッチ操作ができないため、去年の秋、タッチ検証用としてWindowsPCも買って同時に使っていました。
Windows8+タッチ操作の可能性ー3年ぶりに買ったWindowsPC<Let’s note AX2>ファーストインプレッション | EX-IT

こういったタッチ対応WindowsPCと比べると、SurfaceProはどうなのでしょうか?

タッチの精度が高い、画面がきれいという利点はあります。
一方で、電池が持たない(通常のPCの半分くらい)、キーボードが薄く、ディスプレイ側が重いため安定感を欠くという欠点も挙げられます。
膝の上やベッドの上では使いにくいです。
IMG 8882

1台だけWindowsPCを買うなら、普通のPCを買う方が無難でしょう。
ただ、SurFaceは、触っていて楽しいですし、かっこいいのです(^^;)
楽しさやかっこよさで効率化するわけないと思われるかもしれませんが、決してそうではないと思っています。
(私がMacを使い始めた理由、使い続けている理由も、楽しさやかっこよさです。)

薄いカバーにキーボードがついていてちゃんと打てる(タッチカバーだと厳しいです。断然タイプカバーをオススメします。記事下の関連記事を参考にしてください)のも、そのカバーをつけるとPC、外すとタブレットとして使えるなんて、一見ムダなんですけどムダにかっこいいです。
Surface タブレットモード

メインのPCに加えてモバイルPCを探している方、自宅用にPCを探している方なら、一度店頭でさわってみてください。

この動画を見たら欲しくなるかもしれません(^^)

※関連記事
断然、タイプカバー! のタッチカバー(Touch Cover)とタイプカバー(Type Cover)の比較 | EX-IT

■スポンサードリンク





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日から愛知県・常滑市に来ています。
中部交際空港(セントレア)付近で開催されるトライアスロンのためです。
早朝のうちにブログを書き、更新しておきます(^^)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###