ちょくちょく「休む技術」を身に付けよう

『休む技術』という本を読みました。
働くには、生きるには、「休む」ことが欠かせません。
休むスキルも磨くべきです。
休む技術

仕事の負担

人間の体は思ったよりも頑丈で、休みなく働き続けることはできます。
幸か不幸か、仕事は体への負担が少ないのです。

といっても、年齢を重ねるにつれて、体力も落ちますし、その分パフォーマンスは落ちます。
日ごろのパフォーマンスを維持できても、急に体調を壊すこともあるでしょう。

寝ないで働く、ご飯を食べないで働くというのが長続きするわけがありません。

特に人間関係を休む

体だけではなく、仕事は、メンタル、心への負担もあります。
どちらかというと、こちらの方が大きな問題でしょう。

『休む技術』にも、

”つらくなったら、人間関係を「休む」日があってもいい”

という項目がありました。

人間関係から来る負担は大きく、ときには離れることも必要です。
私は、昔から、人間関係を休んでいました。

会社員時代に残業をしなかったのも、人間から遠ざかるためです。
(こう書くと人間嫌いの動物のようですが(^_^;))


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


会社員時代と比べると、今は人間関係をコントロールしやすくなりましたが、やはり気をつけています。
人間関係には、ネット上のやりとりも含まれます。
SNS(Facebook、Twitter、LINEなど)もコントロールの対象です。

運動をするのも、1人になることができる、仕事以外の人間関係ができるからといえます。
ラン、スイム、バイクのトレーニングは、1人になれます。

部分的に「休む」

「休むといっても、仕事があるし、そうもいかない」というケースも多いかもしれません。

何も丸1日休まなくてもいいと思います。
ちょっとした休みでも十分気分転換になりますし、心の負担は減らせます。

本書にも、「部分的に休む」という考えが書かれていました。
午前だけ、午後だけ、夜だけといった部分的に休むということです。

もっと小さな単位で、15分でも、ときには1分でも休むと全然違ってきます。
運動、トライアスロンのレースでも、部分的に休んでいます。

スイムの息継ぎもそうですし、バイクやランでの補給もそうです。
力の入れ方も変えています。
ずっと全力で動いていると効率が悪くなりますし、体も痛めることになるからです。

ただ、力を抜きすぎると、制限時間にひっかかりますし、おもわぬケガをすることもあります。
全体をコントロールしつつ、休むことが必要です。

仕事も、ちょっとずつ、自分のペースで、全体を見ながら、休みましょう。
先に挙げたSNSやネットサーフィンも気分転換程度ならいい休みになります。
合間に、ちょくちょく休む技術は必要です。

というわけで、今日は「休み」で青森へ向かっています(^.^)
ちょくちょく仕事もしてます(笑)

■スポンサードリンク





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、新しいプロジェクトの打ち合わせ。
早速取り組みます。
来年1月くらいまで、なかなかのハードスケジュールですが、楽しみです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###