営業担当者向けExcel勉強会で好評だったExcelテクニック・上達のための掟

昨日、営業の方、7名におこしいただいて、Excel勉強会を開催しました。

Excel

営業担当者のためのExcel

今回の勉強会は、友人との会話からうまれました。
とある上場企業営業課長であるKさん

請求書発行、在庫管理、会議資料作成などさまざまな部分でかなりの時間がかかっているとのことでした。
ミーティングをした結果、お役に立てそうだったので、改めて部下の方6名をつれて、勉強会に参加していただきました。

マネジメントの立場の方が、業務改善に目をむけていただけると話が早いです。

ウケたExcelテクニック

昨日は、事例をベースに質問を受け付けながら、2時間みっちりとお伝えしました。

プロジェクターで実際の操作をみせ、PCで操作もしていただいています。

好評だった(ウケた)Excelテクニックはこんな感じです。

・ショートカットキーで一瞬に操作(Ctrl+D、Ctrl+Tabなど各種ショートカットキー。一覧も配布しました)
・新しいウィンドウを開いて、同じファイルの別シートを比較
・ピボットテーブルでかんたんに集計
・テーブルでデータを見やすくする
・VLOOKUP関数の基礎
・番号を順番に振る方法
・シートのコピー、削除
・Ctrlキーの活用
・Windowsキーの使いどころ
・SUMの基礎。オートSUMに頼らない方法
・毎月のしくみの作り方。データをアウトプットをわける
・PDF保存の方法
・VLOOKUP関数のエラーを修正する方法。VALUE関数

事例については、別途ブログでも紹介していく予定です。

営業の方だからといって、特殊なテクニックが必要というわけではありません。

基本は同じです。ただ、資料の作り方・目的、数字のとらえ方は、営業サイドならではの考え方があります。

昨日は基礎的なテクニックばかりでしたが、その先のデータ活用・分析もぜひやってみたいところです。

Excelを使いこなしたいと思う方へ

上記のテクニックとともに、ところどころで、「Excel上達のための掟」(笑)をお伝えしました。
今日からやっていただいているはずです。

・電卓でたたきながらExcelで資料を作らない
・マウスに頼らない
・ショートカットキーを少しずつでも覚える
→私が作ったおすすめショートカットキーリストはこちらにあります。
・データに空白行を作らない
・スキルを勉強する。必須テクニックVLOOKUP関数、ピボットテーブルを覚える
・毎月繰り返す仕事は徹底的に効率化を考える
・Excelを使えば一瞬で作業が終わるイメージを常に持つ
・コピペに頼らない(毎月コピペを繰り返していることを疑問に思う)
・フォーマット(形式、様式)を可能な限り統一する
・仕事のやり方をチームで共有する

その後の経過も気になりますので、また同じメンバーなり別のチームの方をまじえて開催する予定です。

セミナーとは別に、こういった形で気軽に集まって質問できる場も今後やっていきます。





■スポンサードリンク

【編集後記】
今日から3日間税理士試験です。
(3日間のうち、受ける科目によって日程が異なります)
最後に受験してちょうど10年。
年をとるものです(^_^;)