【Excel入門】ウィンドウを効率的に操作するテクニックー整列、新しいウィンドウを開くー

520

Excelのウィンドウをうまく使うと効率的に作業ができます。
ウィンドウ操作関連のテクニックをまとめました。
スクリーンショット 2013 08 07 14 50 56

 

 

ウィンドウの切り替え

Excelのウィンドウ(開いているファイル)を操作するときは、通常、右上のアイコンをマウスでクリックします。
左から、最小化する、元のサイズに戻す、閉じるです。
スクリーンショット 2013 08 07 15 00 15

「元のサイズに戻す」というのがちょっとわかりにくいのですが、次の画像のように、ウィンドウが小さくなって、マウスのドラッグで動かせるようになります。
複数のファイルを開いているときは、この方法でファイル(ウィンドウ)を切り替えている方が多いのではないでしょうか。
スクリーンショット 2013 08 07 15 10 00

 

この方法は手間がかかるので、おすすめできません。

キーボードの組み合わせによるショートカットキーを使うと便利です。
ウィンドウを切り替えるなら、Ctrl+Tab(又はCtrl+F6)を使います。
Ctrlキーを押しながら、Tabキーを押していくと、順次ウィンドウが切り替わるのです。
(開いた順に切り替わります)
スクリーンショット 2013 08 07 15 14 06

Ctrl+Shift+Tabだと、逆回りになります。

 

 

ウィンドウの整列

複数のウィンドウを整列させるには、リボンの[表示]タブ→[整列)を使いましょう。
次のようなボックスが表示されますので、お好みの配置を選びます。
(通常は[並べて表示]で大丈夫です)
スクリーンショット 2013 08 07 15 18 18

このようにウィンドウがきれいに並びます。
スクリーンショット 2013 08 07 15 17 09

[整列]の対象となるウィンドウには、最小化したものは含まれません。
左のウィンドウを最小化し、
スクリーンショット 2013 08 07 15 17 39

[整列]をすると、最小化したファイルを除き、他の2つのみが整列されます。
スクリーンショット 2013 08 07 15 17 50

 

 

新しいウィンドウを開く→整列

この[整列]は、同じファイルでもできます。
リボンの[表示)タブの[新しいウィンドウを開く]をクリックすると、一見何も変わっていないようですが、開いているウィンドウが複製されます。
ファイル名の表示を見ると、「(ファイル名):2」を表示されているのに注目してください(ピンクの○)。
スクリーンショット 2013 08 07 15 24 56

この状態で、[整列]をすると、同じファイルで別々の箇所(別々のシート)を同時に表示、編集ができます。
左側は、シート[予算]、右側はシート[実績]を表示している状態です。
どちら側で編集しても、同じファイルですので当然反映されます。
スクリーンショット 2013 08 07 15 27 29

便利なのですが、あまりこれらの操作に頼ってはいけません。
別々のウィンドウを見ながらの操作は、しくみをつくるときにだけ使うならいいのですが、毎月これをやっているということは、非効率な仕事をしている可能性が高いです。
毎回、コピーして貼り付けという操作を人間がやっているということになります。

私自身、今回ご紹介した操作をほとんどやっていません。
マクロを書く,関数で連動するなどでウィンドウやシートの切り替え自体をやらなくてよくしているからです。

ウィンドウの操作関連のテクニックは、多用はしませんが、知っておかなければいけないものですので、ぜひ試してみてください。

デュアルディスプレイで使うならこれも知っておくと便利です。
(Excel2013からは、普通にできるようになりました)
デュアルディスプレイでそれぞれの画面にExcelを開く方法 | EX-IT

 

 

 

 





【編集後記】
昨日の夜、TSUTAYAで借りたコミックが届きました。
今回は、スラムダンク。
今読んでも面白いです。
ただ、かなりの時間泥棒なので気をつけないといけません。。。

Spread the love