年下から学ぶー 「新しい時代を作るのは老人ではない」byクワトロ・バジーナ ー

昨日、18歳年下、22歳の方のセミナーに行ってきました。
学びに、年齢は関係ありません。
IMG 0099

「新しい時代を作るのは老人ではない」

この言葉は、隠れ座右の銘です。
昔からずっと心の中で思っていました。
(それこそ、今の世代はしらないかもしれません。。)

世の中、特に日本では、若い芽は潰されがちです。
もちろん若さゆえの間違いや未熟さはありますが、「若いからダメ」「近ごろの若い者は・・・」「常識がない」と決めつけるのはおかしい話でしょう。

とはいえ、もう私自身も40歳で、決して若くはありません。
若い世代、自分より年下の方と接する機会を、数年前から積極的に作っています。

驚愕の22歳

昨日、参加したセミナーの主催者は22歳。

大学生で、すでに起業(16歳で起業)していて、素晴らしい実績も残されています。

もともと知っていた方なのですが(トライアスロンチームで一緒で、同じレースにも出ました)、セミナーで話を聞いて、改めてびっくりしたのは、その考え方や行動です。

私が35歳で独立して、この6年ほどで到達した境地、学んだことをほぼ身に付けています。
(もちろん、私以上です)

22歳のころなんて、起業するなんて、セミナーをするなんて、考えもしなかったですからね。

セミナーの内容はブログ。
40歳の私がブログを書いて6年、22歳の彼で、6年だそうです(^_^;)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


セミナーのスタイルも新しかったので、早速パクろうかと思っています。

年齢・経験は関係ない

年上で経験のある方から学ぶというのが一般的ですが、決してそうではないです。
むしろ、年上からは、「こうなりたくない」というネガティブなモチベーションをもらい、年下からは、「こうならなきゃ」というポジティブなモチベーションをもらうことが多い気がします。
これは、私が公務員、税理士業界という、年齢層が高く、特殊な業界にいた(いる)からかもしれません。
(もちろん、年上の経験豊富な方からも多くのことを学んでいます)

年上だから、経験があるから偉い、すごいとは必ずしもいえないです。

ちょうど今朝から読み始めた本(羽生善治さんの『決断力』)にこういうフレーズがありました。

”経験には、「いい結果」、「悪い結果」がある。それを積むことによっていろいろな方法論というか、選択肢も増えてきた。しかし、一方では、経験を積んで選択肢が増えている分だけ、怖いとか、不安だとか、そういう気持ちも増してきている。考える材料が増えれば増えるほど「これと似たようなことを前にやって失敗してしまった」というマイナス面も大きく膨らんで自分の思考を縛ることになる。  そういうマイナス面に打ち勝てる理性、自分自身をコントロールする力を同時に成長させていかないと、経験を活かし切るのは難しくなってしまう。それは、将棋にかぎらず、ビジネスの世界をはじめ、共通する課題であろう”

経験を積めば、年齢を重ねればいいわけでもなく、マイナス面である不安、保守性、無駄な習慣などを取り除くことが欠かせません。
この経験のマイナス面を克服するには、新しい世代から学ぶ、新しい世代と接するのが一番だと思うのです。

そして、これまでの経験をうまく世の中に活かしていくべきでしょう。

ITにより世代間の意識の違いが広がってきている今、世代間の融合がますます必要になっています。

最後に、その彼のブログ記事を紹介します。
16歳で起業して4年間やってきて思うこと | もっちブログ

■スポンサードリンク

”僕の成長の人生観を一番よく表してくれる四字熟語は「試行錯誤」です。”

”「自分が一番興味があることしか、結局は情熱を注ぐことはできない」”

”何か一つでも創って誰かに提供すると、社会の見え方がまったく変わりました。”

この記事を書いたのは19歳のときというのも驚きです。
こういうのを読むと、いい意味で、過去の自分の経験が吹っ飛び、「今何をするか」「これから何をするかに」に焦点をしぼれます。

新しい時代を作る若者から学べることは多いです。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、渋谷でのセミナー前にスポーツショップへ。
タイツを買い替えるためです。
ふと目にはいったトライアスロン用のバッグも新調しました。
早速今日、PCやラン道具をいれて持ち歩いてます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###