複数のPDFファイルを無料で結合する方法[Windows・Mac両対応]

複数のPDFファイルを1つのPDFファイルにまとめると、ファイル整理が楽になり、スキャンの回数も減ります。

スクリーンショット 2013 08 21 12 42 34

PDFファイルの整理

PCファイル整理の基本は、数を減らすことです。
PDFファイルが増えると、管理も整理もやりにくくなります。

同じ種類のPDFファイルはひとまとめにしておいた方が好ましいです。

PDFファイルを開くには、AcrobatReaderというソフト(無料)が必要ですが、このソフトでは結合ができません。

そのため、有料のソフトを買ったり、いったんプリントアウトしてスキャンしたりしているケースが多いのではないでしょうか。

WindowsでもMacでも、無料でPDFファイルを結合する方法があります。

WindowsでPDFファイルを結合する方法

Windowsではフリーソフトを使います。
私が試したところでは、このCubePDF Pageというソフトが使いやすかったです。
(CubePdf utilityというソフトもありますが、Pageの方がシンプルで使いやすいです)

こちらからダウンロードできます。
http://blog.cube-soft.jp/?p=598


■スポンサードリンク


使い方は次のとおりです。
ソフトを開き、エクスプローラー(Windowsキー+E)から結合したいファイルをドラッグします。
スクリーンショット 2013 08 21 10 36 25

[結合]をクリックし、保存する場所とファイル名を入力してください。
スクリーンショット 2013 08 21 10 37 11

これで、選択したファイルが結合されます。
元のファイルはそのまま残っていますので、きちんと削除しておきましょう。

MacでPDFファイルを結合する方法

Macでは標準のPDF閲覧ソフト[プレビュー]で結合ができます。
[プレビュー]でアイコンから[サムネール]をクリックします。
スクリーンショット 2013 08 21 10 38 11

開いているPDFファイルが、左側に表示されますので、ドラッグして結合します。
1,2,3という3つのPDFファイルがあるとすると、1に2と3を追加するしくみです。
ペースが複数ある場合は、すべてのページを選択してドラッグしなければいけません。
スクリーンショット 2013 08 21 10 38 28

その他、プレビューの活用方法はこちらの記事を参考にしてください。
【関連記事】MacのPDFソフト「プレビュー」活用法。無料で並べ替え・削除・結合・加工できる! | EX-IT
リンク

ただ、これを1つずつやっていては大変です。
そこで、私はワークフローを使っています。
ワークフローとは、Mac上の操作をプログラミングするAutomatorというソフトで作ります。
通常はユーティリティー中にあります。
スクリーンショット 2013 08 21 10 39 28

ソフトを起動させ、[ワークフロー]を選択します。
スクリーンショット 2013 08 21 10 41 19

自動的に処理したい操作をメニューから選んでドラッグしていきます。
スクリーンショット 2013 08 21 10 41 57

メニューは検索もできますので、うまく活用しましょう。
PDF結合に必要なのは、
「選択されたFinder項目を取得」
「PDFページを結合」
「Finder項目を移動」
の3つの命令です。
最後の「Finder項目を移動」では、結合後のPDFファイルを保存する場所を指定してください。私はINBOXというフォルダを指定しています。
スクリーンショット 2013 08 21 10 42 51

Finderで、結合させたいPDFファイルを選択し、Automatorの[実行]をクリックすると、
スクリーンショット 2013 08 21 10 43 13

結合後のファイルが完成します。
ファイル名は自動で決定されますので、変更しておきましょう。
スクリーンショット 2013 08 21 10 43 39

作ったワークフローは、保存して、繰り返し使えます。
一気に結合できるので楽です。

税理士業務では、Excelで作った決算書PDF、税務ソフトで作った申告書PDFなどを結合しています。税務ソフトの使い勝手が悪く、種類別にPDFが作成されるので、このワークフローが大活躍です。





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日は、RUN仲間8名と皇居ラン。
2週+αで11kmちょっと走り、打ち上げは焼き肉でした。
このメンバーで湘南国際マラソンにチャレンジします!