早起きが難しいなら、午前中アポなしルールがおすすめ

早起きすれば、朝のうちにいろんなことができます。
早起きでなくても、午前中アポなしにすれば、同様の効果があるので、おすすめです。
IMG 0258
※ゆりかもめにて、早朝、峠ランに行くところ iPhone 7 Plus

早起きの理由

私が早起きをしている理由の1つは、

朝、確実にタスク(やりたいこと)をこなせるから

というものです。

毎朝やることは次のようなもので、確実にこなせています。
・経理
・家計簿
・レシートを財布から取り出す
・財布のコインを200円(100円×2)にする→じゃらじゃらと気になるので
・その日にやるタスクを計画
・スケジュール確認
・PCファイルの整理
・写真の整理
・Evernoteの整理
・やらないことリストを見る
・メルマガ(平日のみ)
・ブログ

これは早起きをしているから続いていることです。
早起きをして、その時間帯にはアポを入れませんし、朝の勉強会、セミナー、イベントにも参加しません。
パターンが崩れるからです。

何か確実に習慣づけたいことがあるなら、早起きして時間を作るのが近道でしょう。

「午前中アポを入れない」というルール

早起きと同じような効果があるのが、「午前中アポを入れない」というルールです。

4時に起きれば、世の中が動き出す9時までの5時間、自由な時間が生まれます。
5時なら4時間、6時でも3時間です。

午前中にアポを入れなければ、9時から13時までも自由時間になります。
早起きと組み合わせれば、4時から13時までの9時間を自由に使えるようになるのです。


■スポンサードリンク


もちろん、午前中のみでも、9時〜13時の4時間あります。
ランチや着替えなどを入れても、自由時間を確保できるでしょう。

早起きはなかなか・・・という方は、午前中アポなしをやってみるのも1つの手です。

こなす時間を確保する習慣がなければ、どんな習慣も定着しません。

「午前中アポを入れない」というルールは、例外を除き数年続けているものです。

アポを見直そう

早起きよりも、「午前中アポを入れない」というルールのほうが難しいという方もいらっしゃるかもしれません、

その場合も、アポを見直しましょう。

・午前中の必要はあるか
・アポが多すぎないか
・アポが必要な仕事ばかりになっていないか

など、「ひとりしごと」の生産性アップにおいて、アポの見直しは重要です。
午前中のアポで移動すると、通勤ラッシュに巻き込まれることもあります。

売上として、1日2件のアポが必要という状況よりも、1日1件のアポでいいという状況のほうが自由度は生まれます。
午前中にしかダメという案件ならしかたありませんが、アポの主導権を握ることも仕事上大事です。

自由なひとりしごとだからこそ、自由な時間が欠かせません。
これからに向けての仕事、腕を上げる鍛錬、勉強、整理、見直しが欠かせないからです。

もちろん、早起きしてこれらをやってもかまいませんが、早起きが難しいなら午前中アポなしもやってみましょう。


【編集後記】

「じゃがりこ」の塩ごま油がおいしくて2回買ったのですが、店頭ではもう見かけません。。。
一応、「限定」とは書いていたのでしかたないのですが。。。
といいつつ、探しています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

クリスプミニ
AMP

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』