「参加するセミナーの数<開催するセミナーの数」のバランスを目指す

セミナーに参加すれば勉強になりますし、得るものは大きいです。
そのセミナー参加よりも、セミナー開催を多くすることを、ここ数年目指しています。
GOPR4101
※両国国技館でのセミナーにて GoPro HERO5 BLACK

セミナー参加は、偉大なるインプット

セミナーは、知識、スキルをインプットできる学びの方法の1つです。
これまで多くのセミナーに出てきました。

セミナー参加の目的は学び。
ただ、「ひとりしごと」の場合、「勉強になりました!」だけで終わってはもったいないです。

・セミナーに参加する時間
・セミナーに参加するお金
という投資を活かし、リターンを得なければいけません。

セミナーは偉大なるインプットなのですが、インプットだけでは、知識やスキルと引き換えに時間とお金が出ていくだけです。

インプット<アウトプットのバランス

セミナー以外にも
・読書
・コンサルティング
・人との対話
・日頃の勉強
・仕事
などから多くのことを学び、インプットできます。

そのインプットには、時間とお金がかかっていますので、トータルとして、

インプット<アウトプット

にならなければ、採算が合いません。
利益がでないということになります。

インプット<アウトプットのバランスになるには、


■スポンサードリンク


・インプットという投資<アウトプットによるリターン
・インプットにかけている時間<アウトプットにかけている時間
・インプットした学び<アウトプットする学び

といった状態を目指さなければいけません。

セミナー参加<セミナー開催のバランスを目指す

インプット<アウトプットのバランスは、トータルでとれれば問題ありません。
ブログを毎日書いていれば、そうなる可能性は高いです。

ただ、セミナーという枠で考えて、セミナー参加(インプット)<セミナー開催(アウトプット)のバランスを目指してみるのをおすすめします。

セミナー参加のリターンには、知識やスキルもありますが、
・話し方
・運営
・資料
・セミナーのやり方
・伝え方・教え方
など様々なものがあります。

セミナーに参加するだけだともったいなく、セミナーを開催するとその投資のリターンは大きくなるのです。

ここ数年、セミナー参加(インプット)<セミナー開催(アウトプット)を心がけ、そのバランスを保ってきました。
(自主開催のみの数字)
EX IT 1

独立した2007年(8月〜12月)は、セミナー参加が20、セミナー開催が1。
2011年からセミナー開催が増え、2013年からはセミナー開催がセミナー参加より増えています。

この現象は、私の場合遅すぎました。。
もっと早い時期からセミナーを開催スべきだったと反省しています。

セミナーの選択基準を作るため、最初はいろんなセミナーに出てみるしかありません。
その基準づくりをしつつ、セミナー開催ノウハウも蓄積していきましょう。

インプット<アウトプットであるということは、インプットへの投資<アウトプットによるリターンであり、アウトプットによる収入の柱、「話す仕事」としての柱ができるということです。

セミナー参加はお金が出ていきますが、セミナー開催はお金が入ってきます。
だからこそ、セミナー参加<セミナー開催というバランスを目指してみることがおすすめなのです。

【関連記事】話し方は、書くことでうまくなる
リンク

【関連記事】話し方は、書くことでうまくなる
リンク

【関連記事】緊張・あがるをなくす!大勢の前で話す仕事に備えてやっておいた方がいいこと
リンク


【編集後記】

昨日は、税理士試験の合格発表。
メルマガ「税理士進化論」の読者の方、コンサルティングをご依頼いただいた方、セミナーにご参加いただいた方などから、いい報告をいただきました。
見事合格された皆様、おめでとうございます!
新しい税理士がうまれるのはうれしいことです。

残念ながら不合格だった方、残りの科目がある方も、来年に向けて走り出しましょう。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

iOS スーパーマリオラン
人喰いの大鷲トリコ

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』