[雲の上の存在]へのあこがれを捨て、勝つことを考えよう

[雲の上の存在]と思っているだけでは、いつまでも追いつけませんし、自分の成長もありません。
なんとか一矢報いようとすることが大事だと思うのです。
DSC03350

衝撃的だった、雲の上に自力で登った体験

先日、富士山にはじめて登り、8合目の宿に着いたとき、そこは雲の上でした。

DSC03323

眼下にに広がる雲。
飛行機に乗っているときに見たことがある景色でしたが、その景色を直接(窓を通さず)、自分の脚で登ってきた結果見たのです。

「こりゃ、すごいや・・」
「もんげー!」
「のぼってきてよかった(きつかったけど)」
と思うとともに、[雲の上の存在]という言葉も浮かんできました。

[雲の上の存在]にあこがれてばかりでは、自己の成長はないと常々思っています。

あこがれを捨て、勝つつもりで

「あの人はすごい」
「いろいろ学びたい」
「ああなりたい」
と誰かにあこがれることはよくあることです。
私も、あこがれる人、あこがれていた人はいます。

ただ、あこがれてばかりでは何も変わりません。
その人との差はどんどん開き、ときにはその人にお金を払い続けることになります。

「どうやったらあの人のようになれるか」
と考えるのもまだ甘く、

「どうやったらあの人に勝てるか」
「どうやったらあの人を倒せるか」
くらいに考えないと、自分を変えることはできないのではないでしょうか。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


といっても完全に勝てるわけでもなく、特にお金の面で勝とうとすると限界があります。
前提条件が異なることもありますし、蓄積された努力や苦労の結果であるからです。

それでも、一部分でいいからちょっとでもいいから勝てるところを探して、部分点をとっていくのをオススメします。

[雲の上の存在]に部分的にでもちょっとでも勝つためには

私が考える[雲の上の存在]にはまだまだ勝てていません。
いまだに、どうやったら勝てるかを考え続けています。
一生、勝てないかもしれません。
それでも何もやらないよりはましですし、多少は成果が出ています。
次のようなことをやってみてはいかがでしょうか。

[雲の上の存在]がやっていることをやる

「雲の上の存在」がやっていることは真似してやってみます。
これが基本だと思います。
いつまでも舞台をながめているだけではなく、へたくそでもボロボロでもその舞台に立ってみることで、見える世界が変わってくるはずです。

私の独立当初からの[雲の上の存在]の1人、本田直之さん。
「Mac使って、ハワイにも住んでいて、トライアスロンもやって、多読もして、本も出していて、世界遺産検定もとっていて、セミナーもやっていて、すげー」と感銘を受け、同じようなことをやってみて自分自身の変化につながりました。
(ハワイには行っただけですが)

当然勝てていませんが、何もやらなかったよりは多くのものを得ることができています。
(色黒まで真似するつもりはなかったのですが・・・)
同じ舞台に上がるのは大前提です。

[雲の上の存在]が苦手をすることをやる

[雲の上の存在]も万能の神ではありません。
苦手とすることはあります。
その苦手とすることが自分にとって得意なこと・苦にならないことであれば、そこは勝てるわけです。
ITが苦手だったら、ITでは勝てるようにする、文章を書くのが苦手だったら文章で勝てるようにする、時間管理が苦手だったらそこで勝てるようにするといったように、何でもいいので勝てる部分を探し続けています。

[雲の上の存在]がやらなくなったことをやり続ける

[雲の上の存在]になると、やらなくなることもあります。
たとえば、人前でセミナーをやらなくなったり、ブログや情報発信をやらなくなったり。

そのやらなくなったことを自分がやり続けるのも1つの道です。

そして、[雲の上の存在]になったが故に、上から目線になったり、人に横柄な態度をとったりすることもあります。
自分がそうでなければ、その部分は勝てるということです。

■スポンサードリンク

まとめ

[雲の上の存在]と思っていても、実は意外と近くにいたりすることもあります。
富士山を登ったように、自分の足で雲の上に行くことはできるはずです。
ただ、登らなければ一生雲の上には行けません。
あきらめずに登り続けましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は中目黒で焼肉、その後、ロータスバゲットというパン屋さんへ。
スコーンと、フランスパンがおいしかったです。
最近は、近場のパン屋を制覇しようと試みています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

中目黒 パン屋 ロータスバゲット




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』