嫌な質問がなくなった理由・嫌な質問をなくす方法

独立当初は、聞かれるといい気がしないことがありました。
今は幸いありません。
その理由と、なくす方法について書いてみます。

※人を雇わず、オフィスを借りず、どこに行くのかわからない人 by  Sony α7S 12-24mmF4

昔は、嫌な質問があった

独立当初、嫌な質問がありました。
「聞かないでほしいな」とか「いいじゃん」とか思うことも。
こういった質問です。

「人を雇わないんですか?」

ひとりでやっているというと、「人を雇わないんですか?」と。
「雇えないんですか?」「稼げていないんですか?」というようなニュアンスもあります。

「雇わないなんて無理」「ひとりでなにかあったらどうするんですか」「ひとりでなんて仕事をこなせない」という意味も含まれていました。

ときには、「雇わないとダメだ」「そんなことでどうする」という声も。

一時期、人を雇っていたことはありますが(2007年11月から2010年7月)、今は雇っていません。

「オフィスを借りないんですか?」

自宅でやっているというと、
「オフィス、借りないんですか?」
「事務所、借りないんですか?」
と。

これも、
・オフィスくらい借りなきゃダメだ
・オフィスを借りていないと信用されない
・オフィスを借りれないくらいの稼ぎなのか
というニュアンスが含まれます。

オフィスは一時期(2007年8月から2011年6月、2013年1月〜2014年12月)借りていたことがありますが、今は借りていません。

「どこに行こうとしているんですか?」

意外と嫌だったのが、「どこに行こうとしているんですか?」
・なにかしら新しいことをやる
・「普通は」やっていないことをやらない
といったことに対しての言葉です。

「税理士なのに」というニュアンスもあるでしょう。

どこに行こうとしているか、明確なものがあるわけでもなく、そのとき楽しいと思うことをやっているだけです。

こういった質問がここ数年はなくなりました。
(人を雇わない、オフィスを借りない理由・ノウハウ、今後の方向性についてはご質問いただいており、そういったものなら問題ありません)
その理由を挙げてみます。

嫌な質問がなくなった理由

嫌だなと思う質問がなくなった理由は、次の3つです。

発信

・人を雇わない
・オフィスを借りない
・新しいことやる・「普通」をやらない
などといったことを、ひたすら発信しつづけています。

「井ノ上陽一はこういうもんだ」と思っていただけているので、嫌な質問がなくなりました。

新しいことをはじめても、「またなんかはじめたな」ですみます。

覚悟

発信することによるメリットの1つは、覚悟が決まること。
自分の軸ができてなければ、伝わりませんし、嫌な質問も来ます。

なんとなくではなく、
・自分が選び
・確固たる信念を持って
・続けている
という覚悟があれば、そういった質問がなくなるものです。
そう信じています。

自分に迷いがあれば、そこをつつかれるのは当然です。

人を雇う、オフィスを借りる、そして、覚悟を決めた先、どこに行くか。
「税理士」は私の一部にしかすぎませんし、どこに行くか、なにをするか私にも予測がつきません。
だからこそおもしろいのです。

自分と合わない場に行けば、自分と合わない人に出会い、嫌な質問はありえます。
私はそういった場に行かないようにしています。
そういった場に行かなくても生きていけるように工夫してきたつもりです。
今もそれを続けています。

場が違えば、前述のような質問を今もいただくでしょう。
むしろ怒られるとさえ思っています。

人は誰とでもわかりあえるものではありません。
独立後は、その場を選べるのがメリットの1つです。
そして、場をつくることもできます。

それぞれやり方、考え方があるし、独立後は自由ですので、否定する場は必要ないかなと思うわけです。
「人から言われるうちが華」という言葉もありますが、それとはちょっと違う気も。

嫌な質問をなくすには

嫌な質問をなくすなら
・発信し、バリアを貼る
・発信し覚悟を決める、軸を磨く
・場を選ぶ、場をつくる
といったことをやっていきましょう。

発信量、濃さ、覚悟、人間関係、場などを見直していきたいものです。
嫌な質問をなくすことは不可能ではありません。



■編集後記
昨日は、YouTube、午後から個別コンサルティング。
法人の決算、税務申告サポートでした。
その後ブログを。

夜は、マクロスのブルーレイが届いたので早速視聴。
1984年公開、12歳の頃。
今でも、いい作品です。
当時は、主人公の三角関係での選択が理解できませんでしたが、その後理解できるように。
おとなになったということでしょうね。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
マクロス ブルーレイ
富山ブラック鍋

■娘(4歳7ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
魔法騎士レイアースの続きを。
新展開に喜んでいます。