「↑」だけではなく、「↓」というボタンを持つメリット。方向転換・選択肢・時間。

「↓」といったボタンを持ち、自分で押せるようにしておくと、選択肢が広がります。

IMG_7029

※アマン東京のエレベーター iPhone X

世の中、「↑」

右肩下がりの時代は終わった

もう成長は見込めない

人口は減るばかり

などとはいわれていますが、やはり主流は、「↑」です。

資本主義のしくみ上(もはや機能していない部分もありますが)、しかたのないことではあります。
だからこそ、
・減らす
とか
・時間重視
とか

・ひとりを選ぶ
とかは、このブログでは普通のことですが、他では話題にしてはいけません。
私もアウェイでは、触れませんし、むしろアウェイにはいきません。

アウェイと言っても世の中ではホームなのでしょうが。


■スポンサードリンク

「↑」でも、自分が望んでいれば問題ありません。
そうではなく、なんとなくだったり、誰の意思でもないところでの「↑」は、さけたいものです。

↓を持つメリット

私は、「↓」というボタンを持っており、必要とあらば、ポチッと押しています。
ひとりだからこそ持てるわけで、押せるわけです。
「↓」を持つメリットにはこんなものがあります。

方向転換しやすい

「↓」があれば、方向転換できます。
減速すればカーブを曲がれるのと同じです。

もちろん、止まってしまっては食べていけなくなりますので、あくまで減速です。
ほんのちょっとの減速でもよく、

・半日費やして考える

・仕事を1つだけ減らす

・予定を1つ減らしてみる
といったことでも効果があります。

徐々に慣れていきましょう。

選択肢が広がる

「↑」だけではなく、「↓」もあると選択肢が単純に広がります。

周りに流されず、「↓」といったボタンを自ら押せるかどうか、そもそもそういったボタンを持っているかどうか。

「自ら押す」というのが大事だと思っています。

増やそう、上へ行こうと思って、下がってしまったら、それはそれでショックですし、増やすために使った時間やお金が無駄になってしまうでしょう。
それを取り戻すために、時間とお金を使って悪循環に陥ることも多いです。

人を増やし、オフィスを拡大していたら、さらなる売上が必要となります。
選択肢はありません。

アクセルがあれば、ブレーキがあるように、「↓」というボタンを持っておくことは負けや後退ではなくメリットなのです。

時間ができる

「↓」を押すと、売上=収入は減りますし、お金は減ります。
しかしながら、人類が渇望する時間は手に入るのです。

そうはいっても、お金が減るのは不安ですし、押すのに勇気がいります。
「↓」を時間を増やすボタンと考えてみましょう。

お金は取り返せますが、時間、特に今の時間は取り返せません。

これまでの「↓」

私自身、「↓」というボタンを、ちょくちょく押しています。

これまでで、大きな「↓」も押しました。

image

1回目の「↓」は、公務員を辞めた2000年。
時間はできましたが、お金はがくんと減りました。
その後は、家賃の安いところに引っ越し、学校代を払い、PCを30回払いで買って、自炊の腕をさらに磨き、ゲームを売りつつ、過ごしていた時代です。

その「↓」でつくった時間を、税理士試験に。

その後、2001年に再就職するも、「↓」を押しつつ、時間をつくり2003年に税理士資格をとることができました。
公務員当時の収入に戻るには、5年ほどかかっています。
それでも方向転換し、今・未来の選択肢を広げ、時間をつくりました。

2回目の「↓」は、いうまでもなく独立。
収入ガタ落ちです。
ただ、方向転換し、選択肢を広げ、時間をつくるためにはしかたありません。
その時間で、このブログもできるようになりましたし、いろんな勉強もできました。
いろんな失敗もして、路頭に迷いそうになりましたが。

3回目の「↓」は、独立後間もない2009年はじめごろ。
↑を目指していない中でも、なんとなく↑になりつつあったころ、このままいくとまずい…‥。と「↓」をポチッとしました。
仕事を減らし、システムを解約し、ひとりになり、オフィスを解約したわけです。
十分な売上があったわけではないのですが、1年遅れていたらどうなっていたかわかりません。
ベストタイミングは、だいたいちょっと前なものです。

4回目の「↓」は、2015年。
もうちょっと方向転換したく、いろいろと動き出しました。
その結果、この辺の収入はジグザグです。
↓を押しても売上が増えるというのが理想です。
が、そうそううまくいきませんが。

・方向転換したい
・選択肢を増やしたい
・時間をつくりたい

という方は、「↓」を押してみましょう。

独立もそうですし、独立後の方向転換もそうです。
今の「↑」を一時的にでも手放して「↓」を押したほうがいいタイミングはあります。


■編集後記

暑さを理由にトレーニングできなかった8月。
次のレースは、9/30の新潟村上トライアスロンなので、トレーニング再開しました。
ラン、室内バイク、スイムのいずれかを日々、ストレッチを毎日やろうかと。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

娘とベーグル
デックス 迷路

■昨日の娘日記
昨日は3人で美容院へ。
前髪がのびてきていた娘もカット。
神妙にしていました。
途中、近くのベーグル屋へ。
歯ごたえのあるベーグル、気に入ったようで、もっとちょうだいという感じでした。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』