効率化は、ひとりではできない

ひとり仕事でも、効率化はひとりではできません。
誰と仕事をするか、誰から仕事を受けるかが大事です。
IMG 0369
※スタバにて iPhone 7 Plus

スタバレジの効率化

よくいくスタバ。

頼むのは、いつもドリップコーヒーのショートです。
ドリップコーヒーだと、レジで受け取ることができ、そうでないと、カウンターで待たなければいけません。
おいしいコーヒーを飲みたいというなら、別のメニューや他のカフェにいきます。
そうでないからスピード重視です。

レジの流れも意識しています。

店員さん・私 挨拶

私 「ショートのホットをお願いします」と、スタバアプリを差し出す

店員さん アプリをスキャン

店員さん コーヒーを準備、レシートを渡す

私 コーヒー、レシートを受け取る

となるのがスムーズな流れです。
ホットまたはアイスの銘柄が2つあるときは、注文時に指定します。
銘柄を指定しないと銘柄を聞かれてしまうからです。
ホットかアイスの別、サイズを言わないと、やはり聞かれてしまいます。
1ステップ多くなると、それだけ時間もかかってしまうわけです。

効率化の流れが崩れるとき

ただ、この流れがたまに崩れます。
アプリをスキャンするタイミングによっては、ステップが増えてしまうのです。

店員さん・私 挨拶

私 「ショートのホットをお願いします」と、スタバアプリを差し出す

店員さん 「少々お待ちください」とコーヒーを準備

私 アプリ待ちぼうけ

店員さん アプリをスキャン

店員さん コーヒー、レシートを渡す

私 コーヒー、レシートを受け取る

アプリでバーコードを表示したまま、待つ時間も生じます。
(ちょっとの時間ですが)
その間に別のアプリを見ていると、店員さんのスキャンのタイミングに合わないことも。

店員さんによっては、アプリを差し出している(またはカード、現金)によって、会計を先にするかコーヒーを先に出すかを判断されている方もいます。
そうではなく、コーヒーを先に準備すると決めてらっしゃる方もいるでしょう。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


私の場合は、レジ待ちのときはKindleで本を読み、コーヒー注文→アプリで決済してしまったほうが楽ですし効率的です。
ただ、そう思っていても、相手の行動によっては効率的にいかないこともあります。

効率化は、ひとりではできない

ひとりで仕事をしていれば、自分の効率化を徹底するのがもちろん大事なのですが、それだけでは効率化をなしえません。
誰かしらと関わりがあるからです。

その関わりも含めて全体的に効率化していきましょう。
次のようなことをやっています。

・効率化のために必要なことはお願いする

相手(お客様、仲間など)に対して、効率化のため必要なことがあれば、お願いしてみましょう。
すんなりOKがもらえることもあります。

「ラーメン屋のどんぶり作戦」でいきましょう。
「ラーメン屋のどんぶり作戦」とは、ラーメン屋のカウンターで、「お召し上がり後は、どんぶりをカウンター上においてください」と書いてあること。
こちら側としては、たいした手間じゃないですし、食べた後にちょっとした感謝を示せるので大歓迎で、お店側としては助かります。

こういったことをお願いできると、効率化を助けてもらえるのです。

・紙じゃなくてデータで欲しい
・現金じゃなくて振り込んで欲しい、カード決済してほしい
・依頼の順番を変えてほしい
・FAXじゃなくてメールがいい
・支払いは後払いでなく前払いがいい
など、お願いできるようなことを考えてみましょう。

スタバの例でいうと、先にアプリをスキャンしてほしいというのがお願いになります。
(毎回店員さんは変わるものなので難しいのですが、今のところ10人中8人は先にスキャンしていただけます)

・自分が変えられることは変える

相手があることですので、逆に自分が変えられるところは変えていきましょう。

スタバの例でいうと、アプリではなく、スタバカードにするという方法もあります。
スタバカードなら、注文後、レジにカードを差し出せば、店員さんのスキャンのタイミングはいつでもかまいません。
(カードに戻そうとしたこともありますが)

■スポンサードリンク

ただし、無理をするようなもの、イレギュラー対応はさけるべきです。
全体の効率化のバランスを考えながら、お願いすること・自分が変えることを調整しつつ、やんわり主導権を握るようにしましょう。

・誰と仕事をするか選ぶ

究極的には、誰と仕事をするかで効率化が決まります。
それなりに効率化をしているつもりですが、
・紙をデータ化する仕事
・やり取りが多すぎる=ステップが多すぎる仕事
・効率化の意識が違う人との仕事
などだと、私も効率化は無理です。

仕事は「流れ」ですので、ちょっとした流れの崩れが全体の効率を下げることもあります。
ひとりで仕事していればなおさらです。
時間はともかく、感情が揺さぶられるとそれだけで流れは崩れるものですので、英断を下す(その仕事を断る、やめる)という選択も、効率化には欠かせません。

ひとりの力で効率化がなしえるなら、誰と仕事をするかは考える必要はないでしょうが、ひとりでは効率化できない以上、「誰と」は大事です。
(私は効率化!時間!と常に言っているので、ネット経由で依頼いただく場合、まったくその点は問題ありません)


■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日はお客様先で打ち合わせのあと、若手社員含めて会食。
仕事、プライベート含めて、楽しい情報交換もできました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

東京テレポートから錦糸町までバス

【昨日の娘日記】
すばやく寝返りするようになったので、ベッドにいるときは気をつけています。
ハイハイが楽しみですが、ハイハイしだすともっと大変なんでしょうね。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』