Excelでキャッシュ・フロー計算書。会計ソフトデータ×VLOOKUP関数。

1075

キャッシュ・フロー計算書をつくるときは、Excelを使っています。
活躍するのは、VLOOKUP関数です。
image

 

キャッシュ・フロー計算書とは

決算書というと、次の2つが思い起こされます。

・損益計算書(P/L)

売上とか利益とか給料とか家賃とか。
1年で区切り、その利益で税金を計算します。
売上はあるけど、原価、経費が引かれて、利益はどんどん小さくなるものです。
利益があるとうれしいけど、税金もかかる、利益を減らすと税金は減るけど・・・という悩ましい表。

image

・貸借対照表(B/S バランスシート)

現金、預金、売掛金、商品(在庫)とか買掛金、未払金、そして怖がられる借入金とか。
今の状況がどうなっているかを表現します。
資産がどのくらいあるか、重い重い負債がどのくらいあるか。
負債があるからダメというわけではありませんし、資産が少ないからダメというわけでもなく。
最もいいのは、純資産が多い会社。
安定して利益が出ていれば純資産が増えます。
(出資してもらっても増えますが、安易な出資を受けるのは危険です)

image

第3の決算書といわれているのがキャッシュ・フロー計算書です。

財務3表とかいわれることも。

image

キャッシュ・フロー、つまりお金の流れを表現します。

お金(現金、預金など)が増えているか減っているかは、貸借対照表でもわかりますが、その中身を細かくみる表です。
上のキャッシュ・フロー計算書だと、営業、つまり入金と経費や仕入の支払で、1,700万円のお金をうみだしています。
ここがマイナスだと、入金が遅れているか、支払が多いか、利益が少なすぎるかなどといった原因が考えられるわけです。

損益計算書で利益が出ていても、この営業CFがマイナスの場合もあります。
売上10万円で、その売上が入ってこないうちに、経費15万円がかかれば、キャッシュ・フローはマイナスです。

そして、投資キャッシュ・フローは、1200万円のマイナス。
マイナスだからダメというわけではありません。
投資だからマイナスになるのは当然です。
(そーいう理由でいろいろ買っているのは私ですが)
ただし、営業で稼いだお金(上の例だと1700万円)を超えて投資するのはいかがなものかと。
その範囲内で投資し、投資したものがお金になって返ってくるならOKでしょう。

上の例では、営業CFの範囲内なのでOKです。
何か固定資産を売ったときは、この投資CFがプラスになる可能性があります。

そして、財務CF。
財務で代表的なものは借入。
お金を借りると、ここがプラスになります。
そして返すとマイナス。
マイナスだと借金が減っているということなので、いいことです。
借りたお金をうまく使うなら、ここをプラスにして、さらなるお金を生むことができるでしょう。
(独立当初、借りたお金はうまく使えなかった=無駄にしたのは私です)

もともとのキャッシュ・フロー計算書は、こんな感じのものです。

なにやら文字や数字だらけですが、これをつくるのにもExcelは使えます。
会計ソフトでも出るのですが、あってんのかいな・・と思うものもありますし、自分で仕組みを理解するにはつくるのがおすすめです。

ex-it_04

Excelでキャッシュ・フロー計算書をつくるために必要なもの

キャッシュ・フロー計算書は、1年間のお金の流れがどうなっているかを表現するものですので、1年の最初と最後の数字があればできます。
つまり、最新の貸借対照表・損益計算書と前期の貸借対照表と損益計算書が必要です。
ここでは、2期の比較をしたいので、前々期、前期、当期の数字を準備します。

私がキャッシュ・フロー計算書をつくっているシートです。
会社によって項目が違ってきます。
image

3期分の数字をVLOOKUP関数で連動して、その差額を出しておきます。
差額、つまり1年の動きをキャッシュ・フロー計算書に反映するわけです。

image

これらの数字をキャッシュ・フロー計算書に連動していきます。
当期純利益だと、セルJ3。

image

この位置の数字を持ってきます。

image

キャッシュ・フロー計算書は、当期純利益からスタートし、そこを基準に最終的には、キャッシュ(お金)と一致すればOKです。
この19,696は、

image

◆スポンサードリンク

貸借対照表のキャッシュ(現預金合計、お金)と一致します。
image

利益、つまり、損益計算書の概念からスタートして、キャッシュ、つまり貸借対照表の概念にたどり着くわけです。
だからこそ、貸借対照表と損益計算書があれば、キャッシュ・フロー計算書をつくれます。

image

減価償却費は特殊で、経費なのですが、このキャッシュ・フロー計算書の期間には、お金は出ていきません。
お金が出て行ってないのだから、この期の税引前当期純利益に足します。
入ってくるお金、出ていくお金の動きを反映するのがキャッシュ・フロー計算書です。
税引前当期純利益は、減価償却費を引いたあとのものなので、お金の動きを反映するために、引いてしまった減価償却費を足しましょう。
image

これ以降もお金が増えるか減るかで、数字を入れていきます。

たとえば、売掛金。
売上があったけど、まだ入金がないものは、お金的に考えるとマイナスです。
現金や振込なら、今手に入るのですから。
それが、翌月支払いやカード決済や、いわゆる「ツケ」だと、お金は入ってくるのが遅れるわけです。
だからこそ、キャッシュ・フロー計算書では、売掛金が増えていたらマイナス、減っていたらプラスします。

この例でいうと、売上債権の増減なので、売掛金を連動しなければいけません。
手打ちしたら大変なので、

image

連動する科目をE列に「売掛金」と入れて、H列から「売掛金」を探し、見つけたら、当期ー前期の「5,568」を表示させるようにしています。
これは、売掛金、ツケが556万円増えたということですので、お金的にはマイナスです。

image

そのため、F列にある―1をかけて、マイナスにしています。
売掛金が増えすぎてもしかたない、お金が大事というのをイメージしましょう。

そのツケを払ってもらえなかったら、そこのかかった経費や時間が無駄になります。
ツケはほどほどにというのが学べるのがキャッシュ・フロー計算書です。

一方で、買掛金や未払金は支払いを遅らせることになるので、キャッシュ・フロー計算書ではプラスになります。

連動していき、最終的な残高が貸借対照表と一致すればOKです。
image

多少はずれますので、多少だったら、「その他」という欄で調整しましょう。

これくらいのずれなら調整してしまったほうがいいです。
image

□スポンサードリンク

Excelでキャッシュ・フロー計算書をつくる流れ

もともとの数字はどうするか。

私は、会計ソフトのデータを使っています。
推移表(試算表でもいいのですが)を会計ソフトからExcelに出し、それを連動させるわけです。
年間合計の部分だけ使います。
image

このデータをキャッシュ・フロー計算書だけに使ってはもったいないです。
私は、会計ソフトのデータを、まず年次推移に連動しています。
image

年次推移とは、1年(期)ごとの数字の推移です。
過去の分はあらかじめ準備し、最新月のみ会計ソフトから連動しましょう。
(最初につくるときは大変ですが、次から楽になります)
image

◆スポンサードリンク

10年分のデータのうち、3年分をキャッシュ・フロー計算書に使います。
その他のデータも、Excelでグラフにしたり、

image

ときにはパワポにしたり。

image

2期分のデータを使って、1枚で業績を表現したり。
image

貸借対照表の比較表やグラフをつくったり

image

損益計算書の比較表やグラフをつくったりすることもできます。

image

会計ソフトのデータをうまく使っていきましょう。
鍵となるのはVLOOKUP関数での連動です。

こちらのカテゴリにまとめてあります。
Excel VLOOKUP入門 アーカイブ | EX-IT

Excelでつくるとしくみがわかるので(わからないとつくれないので)、おすすめです。

 


■編集後記

昨日は、早朝から長崎出張。
現地で、決算・税務申告の仕事でした。
そのまま泊まっています。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」
長崎園 カステラ
長崎 ANAクラウンプラザホテル ランチビュッフェ

■昨日の娘日記

昨日は寝顔とLINE通話だけでした。
LINE通話で、はやめに「ばいばい」されると凹みますが。

Spread the love