Excelで必要な機能は2割。新刊『フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本』

新刊『フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本』が発売されました。

フリーランス・ひとり社長が、どうやってExcelを使っていくかを書いた本です。

IMG_5578

※自宅にて iPhone 7 Plus

使っているExcelの機能は、20年間そうそう変わっていない

Excelと出会ったのは、1997年の4月。

はじめての職場、総務省統計局です。

「早く帰りたい」という一心で、Excelスキルを独学で覚え、仕事のスピードを上げてきました。

幸い、Excel(と統計プログラム)をガンガン使う部署だったので、より効果的だったわけです。

当時覚えたのは、

・関数(IF、VLOOKUPなど)


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


・ピボットテーブル

・グラフ

・マクロ

など。

2000年に統計局を辞め、税理士の道に入り、税理士業務・経理業務でもそのExcelスキルを活かしてきました。

そのときも使っていたのは、

・関数(特にVLOOKUP)

・ピボットテーブル

・グラフ

・マクロ

もちろん、ほかのスキルも試し、身につけていますが、主力となるのはこれらのスキルです。

その間、Excelも2000→2002→2003→2007→2010→2013→2016と進化してきましたが、これらのスキルは変わらず使えます。

多くの技を使うよりも、使える技をとことん使って、磨いたほうが、仕事上は効果があるものです。

その「使える技」は、やはり

・関数(特にVLOOKUP)

・ピボットテーブル

・グラフ

・マクロ

私が2010年に出した『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』も同じ考え方で書いています。

そして、このたび新刊『フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本』を書きました。

同じく経理をテーマにした本ですが、フリーランス・ひとり社長にしぼり、

・食べていくために必要な数字の管理

・数字の見方

・経理効率化のために必要な考え方

というものを書いています。

Excel新刊の60%以上を基礎スキルにした理由

『フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本』は、296ページです。

前述したスキル、関数・ピボットテーブル・グラフ・マクロはもちろん取り上げています。

その296ページのうち、60%以上は、基礎スキルです。

基礎スキルが大事

1章 フリーランスとひとり社長がエクセルをさわる前に読んでほしいこと

2章 1分でも仕事を早く終わらすためにマスターしておきたい基本操作

3章 効率的な作業を実現するデータを作るテクニック

そして、

4章 エクセルを使った経理業務の合理化のポイント

6章 エクセルのもう1つの使い道 マクロを使った省力化

も基礎的な考え方を書いています。

そのため、Excel本でありながら縦書きにしていただきました。

(その関係で、タイトル、文章内は「エクセル」という表現です。ブログでは「Excel」で統一しています)

独立後、セミナーやコンサルティングを提供していて感じるのは、やはり基礎的な考え方の差です。

Excelの技の種類ではありません。

関数を300個使えたり、Excelの機能を多く使っていたりしたほうが派手ですが、実際に使えるというと別の話です。

もちろん、私も使っていません。

(私の知らない便利な機能がもっとあるのかもしれませんが)

・データとして考える

・手書き時代の名残を捨てる

・見た目にこだわりすぎない

・操作スピードを磨く

・データをきれいに作る

・Excelのしくみ、くせを理解する

といったことが大事なのです。

その意味で、

「6章 エクセルのもう1つの使い道 マクロを使った省力化」

を入れました。

実は、編集者さんともさんざん議論したところで、私がどうしても入れたいと懇願して入れた章です。

マクロのほんのさわりですが、これを知っておくとExcelの見方がかわります。

経理とは

たとえば、7月のデータと8月のデータが別のファイルにあったら、前月のデータを確認するときに、別のファイルを開かなければいけません。

1年、12か月だったら12個のファイルです。

合計するのも大変でしょう。

これがシートに分かれていても同様です。

ましてや紙で数字を管理していたり、税理士に任せきりにしていては、いつまでたっても数字を理解できません。

できる限り1枚にシートにデータを集め、それを集計、分析できるようにしておくべきなのです。

もちろん、すべてをExcelでこなすわけではなく、請求書作成ソフト、会計ソフト、レジデータ、ネットバンクデータなどと組み合わせて使います。

その組み合わせのアイデアにつながるのが、「データ」という考え方なのです。

単に、紙の資料をExcelに清書するだけでは意味がなく、自分の資産としてデータを扱うためのツールとしてExcelをとらえています。

フリーランス・ひとり社長は、風が吹けば倒れる、風が吹かなくても倒れるもの。

数字を日々見て、今後のことを考えなければいけません。

私も数字を日々見ており役立てています。

その前提として、日々のお金の動きをデータにする必要があり、それも含めて「経理」なのです。

「経理」とは「経営管理」。

あくせくデータを記録するだけが経理ではありません。

「5章 集まったデータを分析して経営に役立てる」では、私がやっている「経理」を書きました。

・売上をグラフでざっくりかつ明確にとらえる

・売上の種類別(書く仕事、話す仕事など)にグラフをつくる

・目標と実績を比較する

・売上の獲得ルートを分析し、営業戦略を練る

・過去のデータの推移をみて、今後の方針をたてる

・Excelデータを会計ソフトに取り込む

・前期と比較する

・決算がどうなるか予測する

・これまでの資金繰り、これからの資金繰りをみる

・一喜一憂せずに中長期的な視点で数字を見る

などといったことを書いています。

『フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本』

目次はこのようなものです。
地味な話が多いのですが、ぜひじっくり読んでいただければと思います。

世の中、大事なのは地味な話であることが常だと思いますので。

1章 フリーランスとひとり社長がエクセルをさわる前に読んでほしいこと

1 エクセルは全機能の「2割使えれば」それで充分

2 自分だけが見る表に「外資系っぽい見た目」はいらない

3 エクセルを使うときには電卓とテンキーは使わない

4 関数やマクロよりもピボットテーブルを使いこなせ

5 「なるべく数値を自分で入力しない」しくみを作ろう

6 他のソフトを使ったほうが便利なときは素直にそっちを使う

7 操作スピードをアップをする最強の方法→「道具にこだわる」

8 エクセルの最大の敵は「テキトーに作られている表」

9 習得すべきエクセルのスキルとは?

2章 1分でも仕事を早く終わらすためにマスターしておきたい基本操作

1 マウス操作はスピードダウンの元凶

2 タッチタイピングを覚えると操作スピードはアップする

3 マウスの操作を劇的に減らす基本のキー操作

4 [OK]ボタンと[キャンセル]ボタンはクリック厳禁

5 「ショートカットキー」でマウス操作を劇的に減らす

6 コピーを極めれば作業の効率が格段にアップする

7 大量のデータを扱うときに役立つテクニック

8 「アクセスキー」でリボン選択をキーボードで行う

9 「開く」「閉じる」「保存」のスピードアップを図ろう

10 間違ったデータを入力しない/させないテクニック

11 マウスのほうが速く操作できる機能は素直にマウスで

3章 効率的な作業を実現するデータを作るテクニック

1 ブックとシートの使い方で作業の難易度は決まる

2 入力されたデータの量とエクセルファイルの関係

3 作業の無駄をできるだけ省くシートの使い方

4 日付書式の罠

5 日付を効率的に扱うテクニック

6 作業効率が数倍アップするデータの入力のしかた

7 入力済みのデータを整える便利なテクニック

8 きれいなデータを自動的に作るテーブルをマスターしよう

9 データ作成時に陥りやすいトラブルと解決策

4章 エクセルを使った経理業務の合理化のポイント

1 経理業務を面倒にしない方法とは

2 分けにくい事業のお金と家計を1枚のシートで管理する

3 売上データはなるべく手間をかけずに入力できる方法を考える

4 領収書・レシートのデータは1枚のシートにまとめよう

5 すべてのデータを1枚にまとめたシートは宝の山

5章 集まったデータを分析して経営に役立てる

1 グラフの7割は[Alt]+[F1]で作る棒グラフで事足りる

2 3期比較の売上グラフを作る

3 分野ごとの売上割合の円グラフを作る

4 条件付き書式でコンパクトなグラフを作る

5 目標と実績の比較グラフを作る

6 関数を使わずに小計を求める

7 売上明細データを年月別・期別に集計する

8 売上明細データから売上の獲得ルートを把握する

9 分析のための会計データをエクセルに取り込む

10 前年対比の損益計算書を作る

11 損益の月次推移表を作る

12 決算予測・決算見込を作る

13 年別推移を見てみよう

14 資金繰り表、資金繰り予測表を作る

15 移動年計表を作る

6章 エクセルのもう1つの使い道 マクロを使った省力化

1 マクロの使いどころ

2 マクロを書く下準備

3 マクロファイルの保存方法、開き方

4 マクロを実行する4つの方法

5 ネット上のマクロを自分のファイルに流用する方法


【編集後記】

昨日は、午後に離乳食教室へ参加、夜は、『ひとり税理士のIT仕事術』出版記念セミナー

&懇親会を開催しました。
来週は名古屋、大阪で開催します。
本が、書店・Amazonに並ぶのはもうちょっとかかりそうですが。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

八丁堀セミナールーム
Surface Laptopでセミナー開催
八丁堀ロイヤルホスト
離乳食教室

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

離乳食教室へ参加。
テンションが高かったり、ぐずっていたり。
立ってだっこしながら聞いてました。
歯の話も。
6か月ごろに生えるそうで、楽しみです。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』