フォルダ内の複数のExcelファイルを結合する「取得と変換」

フォルダにある複数のExcelファイル(他のファイルも含む)を1つにするには、「取得と変換」という機能もあります。

Screenshot_1

複数のExcelファイルを結合する方法

 

複数のファイルを1つにすれば、集計や他のソフト(会計ソフト、売上管理ソフトなど)にインポートするのが楽になります。

原則は、ファイルを分けずに1つのファイル、1つのシートにデータをまとめるのが基本ですが、そうもいかないこともあるでしょう。

 

そんなときは、Excelマクロを使います。

過去にも記事でご紹介してみました。

 

複数のExcelファイルからのコピペを自動化するExcelマクロ・RPA UiPathの比較 | EX-IT

フォルダ内のExcel・CSVを1つにまとめるマクロ | EX-IT

 

別の方法として、Excelの「取得と変換」という機能があります。

 

地味な名前ですが。

 

Excelの「取得と変換」

 

Excelの「取得と変換」は、リボンの[データ]タブにあります。
(ないバージョン、Excel2010、2013では使えません。こちらからダウンロードする必要があります。Download Microsoft Power Query for Excel from Official Microsoft Download Center

フォルダ(Excelの標記は「フォルダー」)にあるデータを取得して変換するには、[データ]タブ→[新しいクエリ]→[ファイルから]→[フォルダーから]をクリックしましょう。

image

フォルダを指定するボックスが出てくるので、[参照]を押して、指定します。

image

フォルダにあるのは、こういった店舗別のファイルが29個。

image

 

このように読み込まれますので、[結合]→[結合および読み込み]をクリックしましょう。

image

 

ここで読み込むシートを指定します。
すべてのファイルで同じシート名なら、[最初のファイル]で指定するだけです。
(それぞれ違うなら、ファイルごとに指定します)

 

image

 

読み込むとこのように、データが表示されます。
A列には、ファイル名が表示されるというしくみです。

 

image

 

各店舗のデータが1つにまとまりました。

image

 

データを選択して[クエリ]タブの[編集]をクリックすれば、こまかい設定もできます。

 

image

 

1つにまとまれば、このようにピボットテーブルで、店別に集計することも可能です。

image

 

データ上で[クエリ]→[更新]すれば、ファイルの変更を反映できます。
毎月、データをつくる→フォルダに入れる→更新で、最新データを集めることができるわけです。

image

 

Excelマクロと「取得と変換」の比較

 

この「取得と変換」、Excelマクロとどう違うか、比較してみました。

 

まず、Excelマクロのプログラムを書かなくていいというメリットがあります。
これは大きなメリットかと。

しかしながら、「取得と変換」を使うと応用がききません。
(できるにはできますが、それなりに敷居はあります。ある意味マクロ以上に)

たとえば、こういった他の処理を加えて処理することは難しいです。
フォルダ内の複数のExcel経費精算書を集計・弥生会計へインポートするマクロ | EX-IT

フォルダ内のファイルを1つにするところは「取得と変換」でできますが、それ以外の処理の自動化はできません。
経費精算書だと、月ごとにシートが分かれており、該当月のみを結合するしくみなので、なおさらです。

Excelマクロを使っていれば、その考え方は、他のところでも使えますし、RPA、Pythonといったプログラミング言語はもちろん、WordPressでブログやHPを運営するときにもHTMLやCSSといったところで役立ちます。

一見回り道ですが、得られるものは多いです。
ただ、「取得と変換」も、使い道はありますし、手軽に結合できる方法ではあるので、一度試しておきましょう。

 

 

 

 

 

 



■編集後記

サッカーのシーズンが終わって配信サービスのDAZNを解約。
4か月だけ停止する制度があり、助かります。
(4か月後には、新シーズンが開幕)
昔、スカパーやWOWOWで契約していたときは、一時解約がめんどくさく(電話が必要なときも)、いい時代になりました。

 

 

■昨日の「1日1新」

JALでとある手続き

 

■昨日の娘日記

風呂あがって服を着ないことがあります。
暑いからでしょうが……。
せめておむつは履いてくれないと大変です。