「知らないことを経験する」は武器になる

知らないことに体験すると、貴重な財産になり、武器になります。
あえて体験してみましょう。
IMG 1884
※病室にて iPhone 7 Plus

1歩どころか半歩ずれればわからないこと多し

人は、なんでも知っているわけではありません。
もし、なんでも知っていてできるのなら、仕事をしていくことも生きていくことも成り立たないでしょう。

・知らない
・できない
・わからない
というのは、ネガティブなイメージもありますが、私はそうは思っていません。

最近でも、知らない・できない・わからないにたくさん出くわしました。
自分が知っていること、できることから1歩ずれると、もう知りませんし、できません。

最近だと、出産・子育て。
まあ、未知の領域で、毎日「なんじゃ、こりゃ」という状態ですし、これまでの約10ヶ月もそうでした。

・出産前にやっておくべきことは何か
・つわりのときにどうすればいいか
・病院へ電話するタイミング
・泣いたらどうするか
・どうだっこすればいいか
・おむつの替え方
・どんなおむつがいいのか
・ベビーカーどうするのか
・お風呂に入れるときに注意することは
・どういうグッズが便利なのか
・かわいく写真を撮るには
・産後のケアをどうすればいいか
・届出をいつまでに何をやればいいのか
・嫌われないようにかつ必要なことをそつなくこなすには
などなど、毎日、驚きと戸惑いの日々です。

1歩どころか、100歩くらい離れた未知の世界でもあります。

自分が得意とする分野でも、半歩ずれると知らないことが多いです。
昨日はスマホで小田急ロマンスカー(特急)を予約しました。
はじめての予約だったので当然ながら多少戸惑います。

なんでも知っている、できるという方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそうではありません。

「知らないことを経験する」は武器になる

ただ、知らない・わからないことを体験するのは大きな武器になります。
自分が提供する仕事に活かせるのです。
知らないことから次のようなことを得ることができます。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

自分も知らないことがあることを実感できる

プロとして仕事をしていると、なんでも知っていると思いがちなので、知らないことを経験して自分を戒めるようにしています。
知らないことを体験すると、「ああ、全然ダメだな」「全然わからないや」などと、自分の無知・無力さを感じることができるのです。

「自分も知らないこと、わからないことあるじゃん」と刷り込むことが、仕事の基礎となっています。
もちろん、そうは思っていても、体験するかどうかは大きな違いです。
だからこそ体験するようにしています。

「知らない」がわかる

自分が知らないことを体験すると、不安ですし焦ります。
サービスを提供するときに、その「知らない」ときの気持ちが大事です。

専門知識・スキルを提供し続けていれば、当然詳しくなります。
自分がそうなったからといって、他人もそうだと思っていいわけではありません。
自分も知らないときは、不安だったはずです。
ITやExcel、税金、ブログなどは、私がたまたま知っているもので、たまたま続けているものでしかありません。

これは、私が逆側のときにされると嫌なことでもあります。
「そんなことも知らないの?」と言われると凹むので、それが激しい人を避ける主義です。
(だからこそ会社組織があわなかったのですが。。)

言語化の勉強になる

知らないことを調べたり、聞いたりすると、「うーん、わからん」「こう書いてくれなきゃなぁ」と思うことは多いです。
今回の出産の時でもそうで、結構戸惑っています。
その経験は、言語化に勉強にもなるのです。

・1枚にまとめたほうがいいのでは
・手続きの流れがわかりにくい
・専門用語があるとわかりにくい
・情報量が多いとわかりにくい
・自分に合った情報をネットで探すのは大変
・ネットの情報の真偽を判断するのが大変
など、考えることはたくさんあります。

言語化については日々工夫しているところなので(まだまだですが)、貴重な財産です。

知らないことをあえて経験する

知らないことを経験するのは貴重であり、ひとりしごとの武器となるものです。

今の私のように、知らないことがふってきて、否応なしに経験することもいいのですが、毎日それがあるとは限りません。

普段から知らないことをあえて経験するようにしています。

それが、毎日新しいことをやる1日1新です。

新しい知識・スキルを身につける、楽しむというものともに、「知らないことを経験して武器にする」というのが1日1新の効果でもあります。

「知らないことを経験する」に、プライベートもビジネスもないので、プライベート・ビジネスにかかわらず新しいことをやっていきましょう。


【編集後記】

昨日は、両親に自宅に泊まってもらい、朝はお台場見物。
海岸からアクアシティ→ダイバーシティ(解体中のガンダム)→ヴィーナスフォートとぐるりと。
2.5km、5,000歩くらいです。
その後病院へ行ってギリギリまでいて、甥っ子宅へ誕生日&小学校卒業祝い。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

両親とお台場見物
ロマンスカーネット予約
甥っ子宅へロマンスカーで
甥っ子とSwitchで遊ぶ

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』