月100時間未満「残業」ではなく月100時間未満「労働」を目指そう

月100時間という言葉が出回っていますが、ひとりしごとなら、この月100時間未満「労働」を目指してみましょう。DSCN0358
※お台場から撮影 Nikon COOLPIX P900

ひとりでも「残業」の意識を持つ

勤めていると、「残業」つまり、「残って仕事をする」という概念があります。

そこに対価が払われることもあれば、そうでない場合もあり、ときには、コミコミプランもあるでしょう。
(給料に残業時間分を含めているプラン)

ひとりだと、いつでも仕事をし、いつまでも仕事で、残業という概念が薄くなります。
だからこそ気をつけなければいけません。

・時間を管理する
・仕事をしない時間帯、曜日を決める
・生産性を上げる
といったことは必須です。

そうしなければ、ひとりのメリットが1つなくなります。
時間をコントロールできるというメリットがなくなるのです。

月100時間労働を目指す

最近、「月100時間」という言葉をよくききます。
ひとりである私には関係なので、気にしていませんが、「残業」が月100時間未満ということだそうです。
(年間の制限、月平均、通常月の制限もあります)

残業80時間が過労死のラインと言われているのに、月100時間が基準というのは理解できませんが、それが企業の理屈なのでしょう。
これまでは制限がなかったところに制限ができたので、「よかった」「一歩前進した」という声もあるでしょうが。。
私なら月100時間の残業があったら、全力で逃げます。
(実際月30時間くらいでも逃げました)

それはさておき、「ひとり」の場合、月100時間を目指してみましょう。
残業が月100時間ではなく、仕事をするのが月100時間です。

土日休んで、22日だとすると、1日4.5時間。
ちょうどいい数字です。


■スポンサードリンク


9時からだと13時半、7時からだと11時半に終わります。
これなら、給料を捨て、独立するリスクをとる価値は十分あるでしょう。

ただし、この「仕事」とは、売上に紐づくもの・アポで、その他のことは別カウントです。
・アウトプット(ブログ、メルマガなど)
・インプット(勉強、読書など)
・自分の仕事の改善、研究
・新しいことへのチャレンジ
・オフ、遊びからの学び
などは別で考えています。
次の世代(娘)への投資も加わりました。

むしろこういったこと=投資をやっておかないと、リソースが小さい「ひとり」は食べていけません。
1日8時間費やしていると投資の時間がなくなります。

私も100時間制限です。
セミナー等で1日4.5時間を超えることもありますが、他の日で調整しています。
そうしないとトライアスロンもゲームもブログもできません。
また、原則としてアポを午後のみ1件と決めているのは、この100時間制限があるからでもあります。
それくらいしかアポを入れることはできません。

生産性の分子ではなく分母を減らす

独立して3年目に、「このままだと勝てないな〜」と考えたことがあります。
それなりに時間を使い、それなりの売上だったのですが、それ以上になるのはどうすればいいかわからなかったのです。
人を雇って売上だけ増やしても、望まない仕事で売上を増やしても意味はありません。
その売上のままでいくとしても心もとないですし、自分の力も伸びません。

そこでたどり着いたのは、分母(時間)を半分にすること。

分母とは生産性の分母です。

生産性=成果/時間 と考えると、成果が2倍になっても時間が2倍になっては意味がありませんし、おもしろくありません。
普通のことだからです。
さらには、時間には限りがあります。
今の成果を出すのに10時間かかっていたら、それを20時間にするのは難しいです。
EX IT

そこで、当時考えたのは、分母の時間を1/2にすること。
8時間で仮に1000万円の売上があったら、それを4時間で1000万円の売上を上げられるようにするのです。
生産性は2倍になります。
EX IT 2

時間をいったん圧縮しておけば、先程挙げた投資もでき、その投資効果で成果を上げることができるのです。
実際、その後成果は上がっています。
EX IT 1

当時は「4時間」を記録し、仕事をしている時間=売上を上げている時間をカウントしていました。
「あと3分しかない・・」と焦ることもありましたが、そのときの圧縮努力が今につながっています。

当時、このアプリを使っていました。今でも使えます。

iPhone版

aTimeLogger

無料
(2017.03.19時点)
posted with ポチレバ

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.aloggers.atimeloggerapp&hl=ja

半分にすると考えると、目の前の仕事の効率化だけでは無理です。
仕事の選び方、やり方、自分の軸など、すべてを考え直す必要があります。
それができるのも「ひとり」のいいところです。

国に、会社に決められた制限ではなく、自分が望んだ制限として、月100時間未満を目指してみましょう。


【編集後記】

昨日は娘に会うため病院に妹2人が来てくれました。
甥っ子2人もいたのですが、12歳以下は面会できないため、近くのバスケコートで待っててもらうことに。
その後お茶してから病室に戻り、妻のシャワーの間に娘と1対1。
泣き始めたましたが、だっこして、おむつ替えたら寝てくれました。
一安心です^^;

今日退院して我が家に戻ってきます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

妹2人を娘に会わせた
田町 ロッテリア
1対1で過ごしておむつ替え泣き止ませ
ニトリ 衣装ケース

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』