Google検索結果を100件にする設定&検索スピードを0.1秒短縮するワザ

Googleの検索結果を100件にする方法があります。設定しておけば、検索スピードが飛躍的にアップするのでおすすめです。

DSC00426

Google検索結果の表示

Googleで検索すると、通常は、このように検索結果が10件表示されます。
11件以降はページを切り替えなければいけません。
スクリーンショット 2014 02 16 12 42 11

これをスクロールすれば、100件表示されるように設定できます。

スクリーンショット 2014 02 16 12 43 41

どんなブラウザでも検索結果を100件表示

GoogleのChrome、Internet Explorer(IE)、FireFox、Safariなどどんなブラウザでもできます。

検索の結果が100件表示されると、検索スピードが飛躍的に上がるのでおすすめです。
(私も似たような方法でやっていましたが、こっちの方が手軽で便利です)

①Googleのホーム画面を開きます。「Google」と検索してください。

スクリーンショット 2014 02 16 12 31 06

②右下の[設定]をクリックし、
スクリーンショット 2014 02 16 12 31 06

[検索設定]を選びます。
スクリーンショット 2014 02 16 12 49 58

③[Googleインスタント検索の予測]で、[インスタント検索の結果は表示しない]、[ページあたりの表示件数]を[100]に設定して[保存]してください。

スクリーンショット 2014 02 16 12 31 21

(注)この画面に書いてあるとおり、100件にすると、PCの処理速度によっては、表示スピードが遅くなる可能性があります。
もしそうなったら、適度に表示件数を減らしてみましょう。

④次にやるGoogle検索から表示件数が100件になります。

Googleにログインしていれば、他のブラウザやPCでも、この設定が反映されます。

ググるときに使えるテクニック

検索スピードを0.1秒短縮できる、便利なテクニックも紹介します。

1 Ctrlを押しながらクリック

Ctrlキーを押しながらクリックすると、タブでクリック先が開きます。
(MacはCommandキーを押しながらクリック)
スクリーンショット 2014 02 16 13 14 45

2 CtrlとShiftを押しながらクリック

CtrlとShiftを押しながらクリックすると、
スクリーンショット 2014 02 16 13 19 10

新しいタブでそのリンク先が開き、そのタブへ移動します。
スクリーンショット 2014 02 16 13 18 15

Macでは、Command+Shiftを押しながらクリックです。

3 Ctrl+L

CtrlとLを同時に押すと、アドレスバーへカーソルが移動します。即検索やサイトを開くことができます。
※MacではCommand+Lです。
スクリーンショット 2014 02 16 13 21 40

4 F5又はCtrl+R

ページを再度読み込むことができるショートカットキーです。
ブログやホームページの設定を変えて、反映させるとき、マラソン申込時のポチリ合戦時も使っています。
※MacではCommand+Rです。

5 Ctrl+Tab

タブを切り替えます。

6 Ctrl+T

新しいタブを開きます。
※MacではCommand+Tです。

7 ALT+←又はAlt+→

ページを戻ったり、進んだりします。
「戻る」は特におすすめです。

※Macでは、Command+]又はCommand+[です。
トラックパッドを2本指でスワイプしても戻れます。

8 スペース

スクロールします。マウスよりも使いやすいこともあるので試してみてください。

まとめ

情報収集のため、検索スピードは重要です。
効率的な方法を常に研究しましょう。

0.1秒のこだわりが差を生みます。





【編集後記】

昨日は、先週から延期になったWordPressブログ入門セミナーを開催。
またまた雪が降ってしましたが、降ったのが前日だったので助かりました。
電車が遅延していてたどりつくのが大変でしたけどね。
これから1ヶ月特訓・・・ではなくアフターフォローに入ります。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

・なごかふぇにてゴーヤービア
・請求書業務レッスン


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』