フリーランス、ひとり社長としてクリアしてきた8つの葛藤

フリーランス、ひとり社長として仕事をするには、様々な葛藤があります。
私がクリアしてきた葛藤を8個挙げてみました。

DSC00729

大きくするか、しないか?

ビジネスを大きくするか、しないか?というのは1つの分岐点です。
フリーランス(個人事業主)、社長(法人)となり、順調にビジネスがのびてくると、必ず訪れます。

「大きくする」とは、
・人を雇う
・オフィスを広げる、移転する
ことを伴います。

これらをやることが、必ずしも、顧客のため、自分のためになるとは限りません。

【あえて】フリーランス、ひとり社長を選ぶ方法、生き方もあるはずです。

しかし、右肩上がり・拡大が世の流れでもあり(あった)、葛藤もあります。
私自身、独立して約7年、まだひとりで仕事をやっています。
(正確には1人雇っていた時代もありました。)
これはあえて選んでいることで、それなりに葛藤をクリアしてきました。

私がクリアしてきた葛藤

前提として、私は、税理士業をフリーランス(個人事業主)で、ひとり社長でコンサル、セミナー、執筆をやっています。

1 雇用をうまないのでは?

「人を雇わないと、雇用をうまないのではないか?」

私も悩んだ時期があります。
税理士業だと、受験生、独立を目指す人を雇って、育てたいという気持ちがありました。
ただ、もし雇ったとしても、1人、2人・・・と少しずつしか育てられません。
そこで考えたのが、個別に相談を受けたり、メルマガを発行したりすることです。

今だとメルマガ「税理士進化論」の読者は740名。これだけの方を雇うのはなかなか難しいでしょう。

このように、情報発信、知識の提供で、雇用に近い形で、貢献できます。
お金を支払うわけではありませんが、知識を得て、自分で食べていける力をつけることが可能です。

むしろ、雇ってお金を払っているだけで、何も教えない・提供しないという方が罪でしょう。

2 一人で寂しくないか

「ひとりだと寂しいし、喜びをわかちあえない・・・」

もともとひきこもりがちなので問題ありません(笑)

フリーランス、ひとり社長といっても、完全にひとりではありません。
チームを組んで仕事をすることもありますし、ネット上でのつながりもあります。
このつながりを保つのが、ブログやメルマガなのです。

3 社会貢献のスケールが小さくならないか

「こじんまりとしていて、貢献できないのでは」

税理士業でいえば、1人で担当できるのは、10社程度が限界でしょう。
もちろん、関わりを少なくすれば、もっと担当できますが、20社、30社、40社・・・と増やしても、それ以上は無理です。

大きくしないと、影響力も増えていかないと考えていた時期もありました。
だからこそ、影響力を大きくできる仕事を増やしています。
ブログ、メルマガ、本の出版、セミナー、単発のコンサルなど、顧問業務以外を増やしているのはそのためです。
顧問を10社から20社にするなら、10社にとどめて、残りの時間とお金を影響力を高める部門に投入します。
ブログで言うと、現在月間で30万ページビュー、20万人の方に読んでいただいています。
規模を大きくしてもなかなかこの数字は難しいはずです。

出版、ブログだけではなく、モノを売ることも影響力を増やす方法でしょう。

4 もしものときがあったらどうする?

「病気やけが、万が一の死亡のときにどうするか?」
「後継者がいないのはまずいのではないか?」

ただ、これは、規模の大きな会社でも同じことです。
後継者がいない会社、万が一のことがあったら困る会社は多いでしょう。

フリーランス、ひとり社長に限ったことではないのです。
私は「万が一ファイル」というものを作っています。
「万が一ファイル」のすすめと5つの効果 | EX-IT

5 わからないことがあったらどうする?

「仕事でわからないことがあったらどうする? 組織だと聞けるのに」

組織を作っても、自分がわからないことを聞ける相手はなかなかいないでしょう。
もちろん自分よりスキルのある人を採用し、会社にいてもらうのが理想です。

仕事をしていてわからないこと、検討しなければいけないことは必ずあります。
必要なのは、解決する能力と、外とのつながりでしょう。

私も、外とのつながりは大事にし、プロフェッショナルの力を借りています。
ひとりだからといってもなんでも1人というわけではありません。
単に同じ組織ではなく、同じ場所で仕事をしていないだけです。

6 雑用も自分でやらなきゃいけない

「郵便、電話、印刷など雑用も自分でやらなきゃいけない」

人を雇ってこういった仕事をやってもらうと楽です。
ただ、本当にこういった仕事が必要か?を考えなければいけません。

ネットやITを使えば、雑用をなくせます。
むしろ人がいるからこそ、無駄な仕事を増やしているところもあるのです。

7 お客様にどう思われるか

「ひとりだと、お客様に不安に思われるのでは?」

これはわりきるしかないでしょうね。
規模で判断されたら、完全に負けます。
そう判断される方からは選ばれません。

ただ、規模だけで仕事の質は変わらないはずです。
万人に選ばれることを目指していては、うまくいきませんし、ひとりの良さ(フットワークの軽さ、担当者にまかせない、意思決定のスピードなど)を評価してもらうしかありません。

8 売上に限界が来るのでは

「ひとりだと売上に限界がある」

たしかにそうです。
1人で普通に考えると、3,000万円くらいが限界でしょう。
(時間や自分をどれだけ犠牲にするかによります)

そもそも売上を拡大することが必要かを考えなければいけません。
売上を拡大しても、人を雇い、オフィスを立派にして経費が増えれば、利益は減り、時間もなくなります。
右肩上がりなのは売上だけで、その他のことは右肩下がりになっては意味がないでしょう。

ひとりでビジネスをやるということは、その価値観を変えなければいけません。

オススメ本と迷いを断ち切ってくれる言葉

フリーランス、ひとり社長にオススメの3冊です。
迷いを断ち切ってくれる印象的な言葉とともに紹介します。
3冊目は超おすすめで、まだブログでも紹介してません。

”小さいことは通過点ではない。小さいことは、目的地でもあるのだ。”

”規模ではなく影響力で成長する”

”ならば人を雇うという手段もあるでしょう。すると三つの問題が生じます。一つ目は、トイレ掃除も、床掃除も、酒も料理もサービスも、レジ精算も、皿洗いも、全部自分でやりたいのに、人にお願いしなければなりません。二つ目は、ヒマなときに本を飲んだり、居眠りしたりできなくなります。給料を払うからには働いてもらわねばならず、その横で私だけ好き勝手するのは、さすがに気が引けます。三つ目は人件費です。給料を払うためには常に繁盛させねばならず、やりたくない販促をしなければなりません。”





【編集後記】

来週、ブログコンサルをさせていただくことになりました。
今回の記事にも書いたように、ブログは、ぜひやっていただきたいことも1つです。
私自身も楽しみにしています。

随時受け付けていますので、お申込はこちらからお願いします。
(タイミングにより少しお待ちいただく場合もございます)
http://www.ex-it-blog.com/blogconsul/

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

GoodMorningCafe 錦町でランチ


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』