あえてひとりで仕事をする理由。想いと仕事を一致させる方法の1つだから。

私はあえてひとりで仕事をしています。
独立後8年半ちょっとの今でもそうです。
ひとりで仕事をしている理由は、いくつかありますが、そのうちの1つを改めて実感しました。
DSC04463
※自宅にて DSC-RX100M3

ふつうは「増えて」いく

ひとりで独立・起業すると、ふつうは「増えて」いきます。
「増やして」いく
ではなく、
「増えて」いく
です。

・人が増えていく
・仕事が増えていく
・売上が増えていく

これはこれでいいことなのですが、デメリットもあります。
「増えて」いっても自分のやりたい仕事ができ、自分の提供したいものが提供でき、想いを伝えることができればいいのですが、そうでない場合は、気をつけなければいけません。

想いを伝える限界

先日、あるサービスを受けにいってきました。

その方の本を読み、感銘を受け、ぜひお願いしたい!と思ったからです。
ただ、やはり、「増えて」いってましたので、担当者は別の方。
これはしかたありません。

その本のエッセンス、方向性は多少感じられましたが、かなり薄まっていました。
創業者のDNAは間違いなく薄れています。
同じような言葉(コンセプト、横文字など)を使っていても、薄く感じました。
(たまたまその担当者がそうだったかもしれませんが)

・業界がおかしい
・いいものを提供したい
・自分の想いを仕事にしたい

というスタンスで仕事をするなら、「増えて」いくことがネックになる可能性は高いです。

・しくみで回るようにする
・誰が担当してもできるような流れにする
・サービスを均一化する
などといったことにならざるを得ないでしょう。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

もちろん、増えていっても、その想いが薄まらず、うまく伝わるケースもありますが、なかなか難しいです。

私にはできません。
だからこそひとりでやっています。

あえて、ひとりで仕事をする

私は、増えていくことを意識的に手放し、あえてひとりで仕事をする道を選びました。
また、その道をすすめています。

私の仕事の税理士業界もやはり、「増えていく」こととの相性は悪いです。
・業界がおかしい
・いいものを提供したい
・自分の想いを仕事にしたい
なら、ひとりという選択肢もあります。

誰かを雇って、私の想いを刷り込み(それがいいものかわるいものかは別問題ですが)、サービスを広げるというのも1つの手ですが、非常に難しいでしょう。

とはいえ、ひとりでできることに限りがあるので、影響力を高める、必要な方へ手が届くような工夫をしています。

その工夫が、
・このブログ
・メルマガ
・出版
・セミナー
といったものです。
税理士向けに、ひとり税理士をすすめつつ、ノウハウを提供するセミナーやコンサルをやっています。

想いと仕事を一致させるには、
・想いを実現できる人を雇い、サービスを広げていく
・想いに共感してくれる人へノウハウを提供する
という2つの道があるのです。

私は、後者を選んでいます。
というよりも前者はできません・・・。スキル的にもメンタル的にも。

独立・起業したときの想いを、どう仕事にしていくかは徹底的に考えなければいけません。
そうでなければ、軌道に乗り儲かってきたとしても、その想いは薄れてしまいます。
(いっそ想いを捨てるのも1つの手だと思いますが・・・)

今の状況が自分が望んだものかどうかを常に意識しましょう。
(私もぶれそうになるといえないので、こういった記事を書いています)





【編集後記】

昨日は、青色申告会での仕事。
お昼には、米粉パンとシンガポールチキンライスのおにぎりを持っていきました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

iOS FinalFantasyⅨ
ホームベーカリーで米粉パン

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』