やっていること仕事すべてに「業」をつける

私は、税理士、コンサル、セミナー、出版、ブログなどをやっており、すべて「業」をつけています。
フリーランス、ひとり社長として生きていく上で最適な方法の1つと考えているからです。
DSC00775

本業、副業?

数年前から、仕事上、「本業」という言葉を捨てています。
(プライベートでは、「マラソンではなくトライアスロンが「本業」)といっていますが)

何が「本業」で何が「副業」かといのは関係ないからです。
「副業」として、手を抜くわけにもいきませんし、そうすることもありません。

仮に、セミナーが「副業」としたら、来ていただく方に申し訳ないでしょう。

複数の「業」を持つのが、フリーランス、ひとり社長にはあっています。

「業」にするための5つの基準

私が今「業」と考えているのは、次のようなものです。
・顧問税理士業   顧問契約を結びサービスを提供する
・税務相談業   顧問契約なしに、税務相談を受ける
・税務コンサルティング業   経理のやり方、税務申告のやり方をレクチャーする
・Excel・ITコンサルティング業 ExcelやITを使った効率化を提供する
・執筆業 記事執筆、出版
・セミナー業 自主開催でセミナーにより知識やスキルを提供する
・講師業 講師のみを担当する(現在受け付けていません)
・ブログ業 ブログにより知識やスキルを提供する。ブログコンサルティングも行う
・メルマガ業 メルマガにより知識やスキルを提供する

一見、バラバラのようですが、5つの基準があります。
1 収入が発生する
間接的なものも含めて、それぞれ収入が発生するものを「業」としています。

2 0から1へ踏み出していただくための、サービス提供
税金、Excel、IT、仕事術など、様々な内容を提供していますが、共通しているのは、0から1になるためのサポートです。
わからない、不安、やってみたいけど踏み出せないなどといったことを解消したいと考えています。

3 それぞれで大きく利益を得ようとしない
複数のことをやっていますが、大きく利益を得ようとしていません。
1つのことで、大きく利益を得ようとすると、束縛されますし、リスク分散にならないからです。


■スポンサードリンク


4 時間、場所の自由度を優先
3とも関連があることです。
それぞれで大きく利益を得ようとすると、時間や場所、人の制約ができてしまいます。
そのため、可能な限り時間、場所の自由度を優先しているのです。

5 単発と継続のバランスをとる
単発収入(1回限り、その場限り)と継続収入(顧問や月額)のバランスを常に意識しています。
そのための複数の「業」です。
継続収入ばかりだと、安定してしまいますし、単発収入だけだと、不安定すぎます。
そのバランスをとっているくが、フリーランス、ひとり社長には大事です。
税理士の場合、顧問業務が継続収入ですので、一定以上はとらないようにし、単発収入を増やすようにしています。

複数の「業」の相乗効果

「いろいろやっていて、中途半端にならないのか」と思われるかもしれません。
ひとりの場合、多くの量をこなせない一方で、いろんな種類の仕事、つまり多くの種類の仕事は可能です。
1対1で話すこと、セミナーで複数に対して話すこと、ブログに書くこと、まとまった量を書籍に書くこと、継続的に提供することなどそれぞれで得ることがあり、相互にいい影響があります。

・ブログを日々書いて考えを整理していると、コンサルや顧問業で、とっさにアドバイスできる
・セミナーで話すこと、質問にこたえることで、これまでにない視点を得ることができ、書籍に活かす
・継続的な顧問業でこそ得られる経験を、セミナーやブログ、メルマガに抽象化して反映させる
などといったことがありました。

通常、セミナーやブログ、執筆は、「本業」のため、「集客」のためにやることが多く、この方が中途半端になりがちです。
独立当初は、私もそうでした。
「本業」に結びつけるために、セミナーやブログなどをやっていましたが、ある日、セミナー業、ブログ業などと考えて、切り離したのです。
切り離した方が、まわりめぐって、いい影響があります。

「これは本業じゃないから」
「無料でやるから」
「これで1件仕事がとれればいいや」
と考えていると、おのずと力が入らなくなるでしょう。
(私はそうでした)

すべて「業」としてやってみることをおすすめします。
「業」であるからには、収入を得なければいけません。
無料と1円でもいただくのとは大きな差があります。
その覚悟が「業」には必要です。

複数の収入を柱にすること、イコール、複数のスキルを身につけることになり、複数のスキルがあれば、それらを組み合わせて、できることがさらに増えていきます。

会社員の方も含めて、複数のスキル=複数の収入の柱を持つことは、これからの働き方に欠かせません。





【編集後記】

昨日は、チームメイトと4人で、逗子へ。
トライアスロンバイクを持って行き、逗子から三浦半島をぐるりと。
時間の関係で、途中ルート変更し、60km。アップダウンもありいい練習でした。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

三浦半島1周ライド
近所のパン屋の食パン

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』