「こだわり」は仕事になる

鯖にこだわったお店に行ってきました。
「ひとりしごと」では、こだわりも大事で、そのバランスを考え続けなければいけません。
IMG 1242※SABARにて

とろさば料理専門店SABARのこだわり

昨日、とろさば料理の専門店へ行ってきました。
とろさば、つまり鯖料理だけのお店です。

メガとろさばの造り
漬けとろさば
とろしめさば
とろさば燻製
とろさばの串焼き
メガとろさばの味噌煮
など、さばづくしでした。

電話番号にも38(さば)が入っており、営業時間も11:38から23:38。
そして、席数も38席。
鯖へのこだわりが感じられるお店で、もちろん料理もおいしく脂ののった、とろさばを楽しめます。

刻みしめさばのオニオンサラダも絶品でした。
IMG 1247

鯖鍋、鯖寿司も気になるところです。

「こだわり」が大事

こういったおもしろいお店に行くと、自分にも何か活かせないかと考えるくせがあります。
出てきた答えは、「こだわり」を仕事にするのは大事だということ。

ひとりで仕事をしていれば、その「こだわり」を仕事にすることができます。

これがリスクを負って独立・起業したメリットです。

勤めているときは、自分のこだわりを出せない場合があります。
会社のこだわり、上司のこだわり。
こだわりは人により、その違いによって動きにくいことも多いです。
ましてや、こだわりがない、こだわりが弱いものもあるのではないでしょうか。


■スポンサードリンク


Excel、IT、時間、お金、税金、ブログなど、私なりにこだわりはあり、とことんこだわっているつもりです。

こだわりがないものを捨てていく

ただ、こだわっているものが商売になるとは限りません。
むしろこだわりがないもののほうがお金になるものもあるので、そのバランスが難しいところです。

食べていくことが至上命題である一方で、こだわれないもの、こだわれない仕事は徐々に捨てていきましょう。

こだわりがない仕事(なんとなくできるけどお金にもなる)が、こだわりがあり、かつ食べていけるようになる可能性よりも、

EX IT 4

こだわりのあるもの、思い入れがあるものを食べていけるようにする=仕事になる可能性のほうが高いですし、目指したいものです。

かわりにこだわりのないもので仕事になるものを捨てていくことになります。
むしろ、こだわりのないものを捨ててこそ、自分なりの仕事ができるものです。
こだわりを捨てて仕事をとることは避けましょう。

SABARの方がほんとうはマグロが好きということはないはずです。
鯖にこだわっているからこそ、いい仕事ができています。

(こだわりのないものをガンガン売る方法もあるのでしょうが)

EX IT 3

自分のこだわりを仕事にできないか、メニューができないかをひたすら考えつつ、そして、こだわりを発信する、何が好きかこだわっているかを表に出すことが大事です。
プロフィールや文章に出していきましょう。
それがきっかけで仕事になったものはいくつもあります。
Excelや効率化が仕事になるなんて思ってもいませんでした。

こだわりは、ときにはめんどくさいもので、仕事を減らることもありますが、それで問題ありません。
すべての仕事をすることはできず、すべての人を救うことはできないからです。
鯖嫌いのひとは、SABARには行かないでしょう。

とろさば料理専門店のSABARのように、人はこだわりにひかれるものです。


【編集後記】

お客様との打ち合わせで、新宿の果樹園リーベルへ。
フルーツがおいしいお店ですが、糖質制限ダイエット中により、フルーツが食べられず。。。
ハンバーグ(ライス・パンなし)を食べてました。
日程・場所を設定したときは糖質制限していなかったのでしかたないんですけどね。。
(店は私が選んだので)

夜は鯖料理だったので全然問題なしです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

新宿 リーベル
RICOH THETA SC修理へ
恵比寿 とろさば料理専門店SABAR

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』