カメラを選んだ理由 Panasonic G9 PRO編。マイクロフォーサーズ・Leicaレンズ・望遠

カメラを選んだ理由シリーズ。
今回は、Panasonic G9 PROです。

※Panasonic G9 PRO by Leica M10+50mmF1.4

マイクロフォーサーズのメリット

Panasonic G9 PROは、マイクロフォーサーズという種類のミラーレス一眼です。
センサーサイズが大きい順に、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズという種類があります。

センサーサイズが小さい=カメラ本体が小さいというわけでもありません。
左は、Sony α7S (フルサイズ)、右はPanasonic G9 PRO(マイクロフォーサーズ)。
Panasonic G9 PROのほうが大きくて重いです。

技術の進化により、フルサイズのカメラ本体は、小さくて軽いものが増えてきました。
ただ、マイクロフォーサーズのレンズは、まだ小さい傾向にあります。
(レンズも小さく軽くはなっていますが)
フルサイズは、カメラ本体が小さくてもレンズが大きくて重い場合も多いです。

レンズが小さくて軽いというのは、マイクロフォーサーズの利点といえます。
特に大きくて重くなりがちな望遠レンズ。
左はフルサイズの70-200mmF4。
右は、マイクロフォーサーズの200mmF2.8(フルサイズに換算すると400mmF5.6)。
400mmという望遠レンズがこのサイズで1.3kg、新品だと30万円弱なのです。
(私は中古で20万円弱でした)

フルサイズで同様のもの(400mm)だと、2.8kg、新品だと140万円……。
もちろん写りは違うでしょうが、マイクロフォーサーズのお得感のほうが勝ります。
それでも安くはありませんが。

どのくらい望遠なのか。
スマホ(24mm)、

400mmだとクリスマスツリーが見えます。
プリキュア仕様ということもわかるのです。

スマホだと、遠くに見える東京タワーが、

ここまで撮れます。

月もスマホだとこうで、

400mmだとこのくらいに撮れるのです。

このレンズ(200mmF2.8)は、最短撮影距離が1.1mと望遠にしては近いので、スマホでこのくらいの距離でも、

こういう写真が撮れます。

「欲しいレンズからカメラを選ぶといい」という言葉があるとおり、まさにこのレンズのためにマイクロフォーサーズのPanasonic G9 PROを選びました。
ただ、一方でマイクロフォーサーズには不安もあるでしょう。
センサーサイズが大きいほど、一般的にはきれいな写真が撮れると思われていますので。
決してそんなことはありません。

マイクロフォーサーズへの不安

マイクロフォーサーズはセンサーサイズが小さいので、
・夜に弱い
・ボケが少ない
と言われてはいます。

ただ、「夜に弱い」に関しては、カメラの性能が上がっているので、さほど気になりません。
このレンズは、Panasonic42.5mm F1.2(換算85mmF1.8)。
十分なボケですし、明るさです。

ボケに関して言えば、これがフルサイズの50mmF1.4、

これがマイクロフォーサーズの換算50mm(Panasonic25mmF1.4)。
ボケが少ないのは事実です。
ただ、どこまでボケが必要かにもよりますし、近寄ればボケを大きくすることはできます。
(映り込んでしまいましたが)

これがフルサイズの50mmF1.4

これが、マイクロフォーサーズ換算50mm(Panasonic25mmF1.4)。
このくらい被写体に近づいて、背景との距離を開ければ、マイクロフォーサーズでもボケます。
(ボケは、センサーサイズ、F値、被写体との距離、背景との距離という4要素で決まります)

マイクロフォーサーズだと物足りないということはありません。
私はよく持ち出しています。
持っているレンズは、
・Panasonic 8-16mmF2.8-4.0(換算16-32mm)

・Panasonic 25mmF1.4(換算50mm)

・Panasonic 42.5mmF1.2(換算85mm)

そして、前述したPanasonic 200mmF2.8(換算400mm)です。


そのマイクロフォーサーズの中でも、Panasonic G9 PROを選んだ理由があります。

Panasonic G9 PROを選んだ理由

マイクロフォーサーズのカメラには、PanasonicとOM SYSTEM(旧OLYMPUS)があり、レンズは双方で使えます。
ただ、同じメーカーのほうが、手ブレ補正が効くというメリットもあるので、実質的には同じものを使ったほうがいいでしょう。

私は、レンズが選んで、Panasonicにしました。
Panasonicのレンズは、Leicaが監修しているものがあるのです。
前述のレンズは、すべてLeica印です。
Panasonicのレンズがダメというわけではなく、マイクロフォーサーズを買う前に、Leica M10を買っていたので、そのLeicaのレンズから入りました。

本体で候補に上がったのは、次のようなもの。
(今は、GH5Mk2があります。)
このうち、GH5を持っていて下取りに出し、G100は妻が持っているので使ったことがあります。
GH5は動画に強く、G100は最も小さくもの。
G9 PROとG99の選択が悩みどころです。

G9 PROG99G100GH5GX7MK2
実勢価格9万円8万円7万円9万円6万円
重さ658g536g345g725g450g
大きさ136×97×91130×93×77115×82×54138×98×87124×72×46
液晶可動フリーフリーフリーフリーチルト
AF225点49点49点225点49点
手ブレ補正
防塵・防滴

Panasonic G9 PROよりもG99のほうが、新しく、安く、軽く、小さいです。
ただ、AF(オートフォーカス)性能は、Panasonic G9 PROが上。
Panasonic G9 PROを買おうとした当時は、
・Leica M10
・SIGMA fp
を持っていました。

どちらも手ブレ補正はなく、Leica M10はマニュアルフォーカス、SIGMA fpはAFが弱いという状況。
「手ブレ補正あり・AF性能がいい」というテーマがありました。

さらに、小さいG100やSIGMA fp(世界最小のフルサイズ)を使ってみて、「小さいからいいというわけではない」という考えに至っていたのです。
私の手は普通の大きさとは思うのですが、大きめだと持ちやすく感じます。
Panasonic G9 PROのボタンやダイヤルの配置のよさも後押しし、マイクロフォーサーズだけど大きいPanasonic G9 PROを選んだのです。
重さはプラス100gですが。

今持っている他のカメラ(Panasonic S1、Sony α7S 、FUJIFILM X-Pro3)と比べても、AF性能は優れていると感じます。

Panasonicのマイクロフォーサーズなら、
・大きさ、AF重視ならG9 PRO
・同等の性能ならG99
・とにかく小さいのがいいならG100または手ブレ補正のあるGX7 MX2→ただ、望遠レンズは厳しいかと
・動画重視ながらGH5またはGH5 MK2→ただ、動画で背景のボケをつくるならやはりフルサイズがいいかと
でしょうね。

今の実勢価格9万円を考えると、Panasonic G9 PROは、お得です。
2018年モデルということもあるからでしょうが。

今日現在で、マップカメラだと中古の良品が9万円、新品が13万円(キャッシュバックで12万円)です。
良品よりいい美品がどのくらいの値段かによりますが(今は在庫なし)、新品もありかと。

カメラ選びの参考にしていただければ。



■編集後記
昨日は、祝日ですが、火曜日なので週刊メルマガの配信を。
最近は、前日の月曜日に書き上げ、火曜日に最終チェックしてから配信しています。
夜出かけるまでは、ゲーム(スパロボ30)を。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』

■娘(4歳8ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
夜、すみっこぐらしの映画に。
すいている時間帯をネットで見ながら様子を見て、18:50〜の回へ。
4組ほどでした。