こだわりをプロとして提供しよう。最速で確定申告をやるのもこだわり。

プロとして、「ここだけはこだわりたい」というものがあります。
私の税理士としてのそのポイントは、確定申告を最初にすませることです。
こだわりはプロとして提供できる可能性があります。
DSC04096
※オフィスにて Sony α7

「プロ=お金を受け取る」上で必要な姿勢

プロとは、対価を提供してお金を受け取ることです。
お金を受け取らない場合は、趣味の延長になる場合もあるでしょう。

プロとしてお金を受け取る上で必要なのは、こだわりだと思っています。

・ここだけは譲れない
・ここだけは誰にも負けない
・これなら役に立てる
というこだわりポイントがなければ、お金を受け取ることはできません。
こだわりが弱ければ、たとえ受け取ることができても、他と比較され、価格競争になってしまいます。

私がプロとして提供しているものにあるのは、次のようなこだわりです。

・税理士
毎日経理をする
経理の効率化をする
節税する
数字を判断材料にする

・フリーランス
利益を考慮したビジネスをする
時間とお金のバランスを取る
嫌な仕事をやらない

・Excel、IT
常に研究し続ける
どうすれば伝わるかを考え続ける
新しいスキルを試す

・ブログ
毎日きちんと続ける
ブログを読んでいただく工夫をする
ブログを通じて価値提供する

そして、税理士分野でいえば、最速で確定申告をやるというものもこだわりにしています。
経理、資金繰り、数字を見る重要性を説いている以上、自分がやってないと示しがつきません。

最速で確定申告をやるには

毎年1月1日(予定がある場合は次の日)に、自分の数字(1月1日から12月31日まで)をまとめるのを、独立以来続けてきました。

昨日も同様です。
日々、経理をやっているので、細かいところの数字合わせ、調整、今後の見込みなどをやります。
節税策は、いまさら何をやってもしょうがないので、これまでやってきたものだけです。

数字を見てふりかえり、今後の見込みを立てました。

実際に提出するのは、国税庁の確定申告書等作成コーナーが使えるようになってからです。
紙で提出するなら昨日出せないこともないのですが、ネット提出をするため(これもすすめていますので)、ネット提出ができるようになったら例年提出しています。

1月4日にはできるようになる予定です。
EX IT SS

ただ、今回は、個人番号カード(マイナンバー)が届いてから提出するつもりではいます。
個人番号カードでの確定申告をやってみたい&やっておく必要があるからです。
(届くのは1月の予定ですがきちんと届くかはわかりません・・・すでに申請済みです)

※なお、住基カードの電子証明書の有効期限がある限り、これまでどおり住基カードでのe-Tax(ネットでの確定申告書提出)はできます。
電子証明書の有効期限がきれれば、個人番号カードが必要です。
【関連記事】マイナンバー[個人番号カード]のデメリット。あわてて申請しなくてもいい。 | EX-IT
リンク

「最速で確定申告」というのは、前年の数字、業績を確定させるということです。
これをやるには、次のようなことをやってみましょう。
・毎日経理をする(現金、カード、Suicaなど)
・毎月数字をまとめる(売上、預金など)
・毎月数字をチェックする
・経理自体を徹底して効率化する

これらを繰り返していれば、1月1日に前年の数字は確定できます。
数字の確定が、2月、3月にずれ込む、2月や3月にならないと前年の数字がわからないというのでは、今後の方針を立てにくくなってしまうのです。

規模が小さいからこそ、数字を見て現実を知ることが欠かせません。

□スポンサードリンク

こだわりを、プロとして提供する

プロとして、こだわりをもっているのは当然ですが、逆に考えると、こだわりは、他者へ貢献できる可能性があります。
自分がこだわっているものをプロとして提供できないか考えてみましょう。

こだわりがないものを提供するよりも、こだわっているものを提供した方が楽しく仕事ができますし、双方のためにもなります。

片付けへのこだわり、料理へのこだわり、勉強法へのこだわりなど、プロとして提供できるものは無数にあるはずです。





【編集後記】
大晦日に、ポチって昨日届いたのは、これ。

いろんな意味で頭皮のケアをしたいので・・。
メンズ用の皮脂洗浄タイプを買ってみました。
早速使ってみましたが、防水で手軽に使えて気持ちいいです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

スタバ ジャマイカブルーマウンテン
ヤマト醤油 ひくほ
note 有料購読
パナソニック頭皮エステ