16,200円の本を躊躇なく買う思考。価値で買うトレーニング。

16,200円の本を買って読みました。
「高い!」と思うかもしれませんが、そうでもありません。
こういう考え方ができるようになったのは、価格ではなく価値で考えるようになったからです。
DSC04639
※オフィスにて DSC-RX100M3

人の頭の中には相場がある

人の頭の中には、
「だいたいこれくらいの価格(値段)」
という相場があります。

・本なら、1,600円くらい
・ランチなら、1,000円〜2,000円くらい
・セミナーなら3,000円くらい
・飲み会なら3,000円くらい
・コーヒーなら300円くらい
・家賃なら10万円くらい

人や地域によって異なりますが、ざっくり例を挙げてみました。

こういった相場で考えると思わぬロスもありえます。
以前の私、独立前の私がそうでした。
特に目に見えないもの、サービスについて払うのを躊躇していたのです。

価格ではなく価値で考える

同じモノなら、安い方がいいに決まっています。
価格.comやヤマダ電機、ヨドバシカメラなど、徹底して比較することが多いです。
これは同じ価値だからやることでもあります。

【関連記事】PCをできるだけ安く買うには ー 価格.com、ヤマダ ー | EX-IT
リンク

ただ、目に見えないもの、サービスや勉強については、価格ではなく価値で判断しなければいけません。
以前の私は、価格だけ見ていました。
無料のもの、安いものだけを買っていたのです。

今は、価値を考えています。
もちろん、価格を全然考えないわけではありませんが、判断基準にしめる「価格」の割合は低いです。
100万円の本なら躊躇するかもしれませんけど・・。

モノは価格、サービスは価値で判断と思いがちですが、実はそうではなく、モノもサービスも価値で判断しています。
だからこそ、相場の1,600円の10倍の本でも買う主義です。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

16,200円の本、『30年売れて儲かるロングセラーを意図してつくる仕組み』

おとといの打ち合わせ中に知り、注文して昨日届いた本です。
今朝一気に読み、この本でしか得られない価値がありました。
高い本だと、読む人が少ないので希少価値です。

また、「高い本を読んだ」というネタにもなります。
(この記事のように)

価値で買うトレーニング

価格ではなく価値で買うにはトレーニングが必要です。
私も徐々になれてきました。
次のようなことをやってみましょう。

1 相場を超えるものを買ってみる

「自分が考える相場」は思考の枠でもあり、限界でもあります。
それを壊さないと、自分は変われません。

相場を超えるものを買ってみるのが第一歩です。
損するかもしれません。
しかし損なき利益はないと思っています。

2 時間・量で考えない、効果で考える

「10時間楽しめるからこの金額」
「1年楽しめるからこのくらい出してもいい」
「この分量だから、高くてもいい」
と、時間や量で考えると、価値で考えることができなくなります。

今回買った本は517ページで16,200円。
量で考えていたら、通常の本が250ページほどで1,600円、その10倍の2,500ページを求めてしまいます。
この本で得た効果が16,200円以上あれば、それで十分ですし、量は関係ありません。

時間でいっても、今朝の1時間ちょっとで読んでいます。
高いからと言って大事に読むことに意味はありません。

このように時間・量で考えないトレーニングは大事です。
通常の読書や勉強でも同じようなことを考えています。

3 お金の管理をする

そうはいってもお金には限りがあります。
いくら入ってきて、いくら使って、今いくらあるか、今後どのくらい使っても大丈夫か?をざっくりとでも把握しておかないと、価値にお金を払えません。

お金を使うのに不安があるから価格で判断せざるを得ないのです。

価値で払うと、効果があるかどうかわかりません。
ただ、買ってみないとわからないものも多く、どのくらいのリスクを負ってもいいかを把握するには、お金の管理が必須です。
もちろん、がっつり稼いでいれば別ですが、私はその不安を払拭するためにも日々お金を管理しています。
このお金の管理も価値で買うトレーニングの一環です。

自分を価格で判断されたくなければ、まず自分が価格で判断するのをやめなければいけません。





【編集後記】

昨日の午後に個別コンサルティング。
WordPressを使ったHP作成についてでした。
近々セミナーも開催されるとのことで、HP、ブログをうまく活用していただければと思います。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

レスパス サライン→リクトレ

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』