『強いチームはオフィスを捨てる』リモートワークのために必要な3つのスキル

座右の書の1つ、『小さなチーム、大きな仕事』の著者の新刊、『強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」』。
リモートワーク(在宅勤務)についてだけではなく、働き方、チームの作り方について学べる本です。
DSC00266

そもそも、なぜオフィスが必要?

オフィスはなぜ必要なのでしょうか。
店舗や工場以外のオフィスでは、
・顔を合わせて話すため
・設備を共有するため
などといったことが、その理由でしょう。

もう1つ、最大の理由は、「きちんと仕事をしてもらうため」ではないでしょうか。
これは雇う側の視点です。
好きに出社して、好きに仕事してもいいようにすると、サボるのではないか、ずっとネットを見ているのではないかという不安もあります。

オフィスにいることと仕事の評価

本書では、

“「9時ぴったりに席についていたか?」
「休憩が多すぎないか?」
「通りかかるたびにフェイスブックを開いている気がするぞ」”

と、オフィスでの管理に関する事例があります。

さらには、早く帰っている=仕事をしていないという思われることも多いでしょう。
私が勤務していたときも、そうでした。

リモートワークでは、管理ができません。
昼寝しているかもしれませんし、仕事をほっぽり出して、遊びに行っているかもしれないのです。

だからこそ、仕事の評価の基準を変えなければいけません。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


”リモートワークのメリットのひとつは、仕事そのものが評価の基準となることだ。1日中見張っている環境では、ささいな勤務態度が成績評価に影響してくることも多い。”

とあるように、評価基準を変えること自体がメリットになり得ます。

本書にも事例がありましたが、私のような仕事(税理士)も、リモートワークの1つです。
経理や財務という機能を会社の外部に持つことになります。

もちろん、四六時中管理はできません。
あくまで仕事の成果や対応で評価されます。

「一生懸命やっていました」
「ずっとデスクにいました」
「徹夜でやってました」
といっても、仕事で成果が出せなければ意味がありません。
そして、いつでも仕事を断られるリスクもあります。

ただ、その状況がモチベーションになっていますし、成果につながっているのも確かです。
逆にいうと、存在感だけで評価させる状況の方がつらいでしょう。

リモートワークを実現するには

リモートワークはいい面も悪い面もあります。
リモートワークを頼む側も、リモートワークをする側それぞれで、向いている人、向いていない人もいるでしょう。

私は、自分がリモートワークが向いていることもあり、リモートワークで仕事を依頼しています。
(雇用関係は結んでいません)

基本理念が、「自分が嫌なことは人にさせない」ですので、オフィスワークを強いることはしたくないのです。

ただ、このリモートワーク、なかなか難しく面もあります。
実現するには、次の3つのスキルが必要でしょう。

■スポンサードリンク

1 お互いのIT力

リモートワークをするには、ITスキルが必須です。
セキュリティ面ももちろん、コミュニケーションの上でも、仕事でもITは欠かせません。
従来のように電話や紙でやりとりしていては、リモートワークの実現は遠いです。

2 信頼

目の前にいないので、信頼がより重要になります。

”基本はシンプルだ。いやなやつは、雇わない”

と本書にありましたが、その通りです。
信頼というより好き・嫌いでしょうね。
嫌いなタイプだと、目の前にいないときに何をしているか・・気になってしまいますし、ちょっとしたことでトラブルになるでしょう。

私は仕事をお願いするときは、第一印象で決めています。

3 アウトプット力

同じオフィスにいるときも、もちろん必要ですが、アウトプット力が欠かせません。
状況を報告し、意見をまとめて伝える。話すだけではなく書くことができるのが重要です。

”リモートワークには、文章力が欠かせない”

と本書にもありました。

お客さまで、社員に日報をフリースタイルで書いてもらっているところがあります。
それが実に興味深く、成果を出している人ほど、アウトプットが多く的確なのです。

私が仕事をお願いするときも、文章や会話のアウトプット力をみました。
応募フォームにも、文章を書く質問を入れています。

まとめ

ITの進化により、リモートワークがやりやすくなっています。
PCの性能向上、低価格化も後押しするでしょう。

ITの進化の一方で、やる仕事も増えていますし、多様性も増しています。
(ITがこれだけ進化しているのに、仕事が減らない事例が多いのはその証明の1つです)

新しい働き方、オフィスに頼らない働き方を日々模索するのが大事です。

別にリモートワークをすぐやらなくてもいいと思います。
リモートワーク【も】できる働き方をしていれば、変化に柔軟に対応できます。

「リモートワークなんてリスクがある」と思われる方へ、本書で気に入った一文を。

”世の中には、100%いいことも、100%悪いこともない。大切なのは、いいところを楽しみつつ、悪いところのダメージを減らしていくことだ。”

関連書籍としてこちらも。

今回の本の前著です・
「小さいことはいいことだ」と拡大を目指さない新しい働き方について書かれています。
2010年に読み、多大な影響を受けました。
昔の記事です↓
・【オススメ本】小さなチーム,大きな仕事 | EX-IT

完全版と通常版(絶版)の違いはイラストです。
今なら完全版をおすすめします!





■スポンサードリンク
【編集後記】
自宅の本棚を買いかえてみました。
本を思い切って処分したので、全体の冊数は少なく、がらがらです。
未読本は50冊ほど。このくらいでキープしつつ、読んだ本は即処分し、常にがらがら状態にしておきたいと思っています。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」
・作ったタイカレーにアボカドをそえてみた
・自宅近くのクラミングジム見学
・Amazonのコンビニ受け取り初体験
・行ったことがないスーパーで買い物
・Wonderful101、レゴシティアンダーカバー




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###