「砂山をあえて崩して土台を固める」がごとく「売上をあえて減らして土台を固める」

ひとりしごとをやっていく上で、イメージしていることがあります。
それは、子供の頃つくった砂山です。
IMG 2534
※ハワイ ラニカイにて iPhone X

売上を増やし続ける苦行

ひとりしごとで食べていくには売上が必要です。
給料という糧がなくなり、自分で売上を増やしていかなければいけません。
それはそれで苦行(でもあり楽しいこと)なのですが、売上を増やし続けるのは、より苦行です。

売上を増やしていくと、時間が足りなくなります。
時間を犠牲にしてまで売上を増やすことに意味があるかどうか。
食べていけるくらいに売上を増やしてからは、それを考えなければいけません。

世の多くは、人を雇い、オフィスをかまえ、拡大していきます。
ただ、その裏には、長時間労働や搾取があり、ブラック企業を生み出しているわけです。

そうならないための「ひとり」ではあるのですが、ひとりでも、自分の身を粉にして売上を増やしてしまうこともあります。
いったん立ち止まって、売上をあえて減らすことも必要です。

砂山をあえて崩して土台を固める

日々意識しているのは、砂山です。
高く高く、砂山をつくろうとしても、こんな感じで、崩れそうになります。
高くするにも限界があるでしょう。
IMG 2525

そんなときは、いったん崩して平にして、土台をつくるはずです。
(このつくりかたが一般的かどうかわかりませんが)
IMG 2526

そして、さらに積み上げていきます。
IMG 2527

積み上がったらまた崩して土台を固め、
IMG 2528

その上に積み上げていくと、土台がしっかりし、トンネルもつくれるような砂山ができるわけです。
IMG 2534

売上をあえて減らして土台を固める

働き方・行き方も、この砂山のように考えています。
・今は積み上げているとき
・今は土台をつくっているとき
とイメージしているのです。

ただ、売上をあえて減らして土台を固めるのは時間がかかります。
売上は増えるときは増えるもので、それを減らすほうがよっぽど難しいものです
私の場合は、2007年に独立し、最初に土台を固めだしたのは、2008年末。
「このまま行くとやばいな」と感じ、減らし始めました。
ただ、そうそうかんたんに減らせず、そのときは減らし方も下手だったので、時間はかかっています。
(減らし方のトレーニングも必要です)

2009年、2010年、2011年と3年ほどかかって土台を固めることができました。
仕事の内容も変え、仕事のやりかたを見直し、2012年、2013年、2014年・・・と歩んできたわけです。
売上も自然と増えました。

そして、次のタイミングは、2016年。
いったん崩して土台をつくりはじめました。
2017年はじめまでそれは続いています。

売上を増やしながら、土台を固められればいいのですが、なかなか難しいものです。
(少なくとも私には)
土台を固めるには、時間が必要で、そのために売上を増やすことをやめ減らして時間をつくって、中身を整えていくのも大事ではないでしょうか。

・食べていけるようになったけど、時間がない
・新しいことができない
・やりたいことができていない
・疲れてきた
・しんどい
となったら、砂山を崩すように、売上をあえて減らして土台を固めていきましょう。
こういう選択ができるのもひとりのメリットです。
人を抱えていたら、土台を固めるのは余計に難しいでしょうしね。

また、周りに惑わされないようにもしなければいけません。
世の中はやはり拡大志向が大部分ですので。


【編集後記】

ホノルル、昨日は、雨予報でしたが、雨が降ったりやんだりで、晴れ間も。
ワイキキ付近で買い物し、ランチして、ビーチへ。
意外と、ワイキキビーチに行くのははじめてです。
泳いだり昼寝したりして夕方からサイドストリートインへ。
前に来たときにも気に入ったレストランです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

アイランドスリッパ
Marie Kaiのチョコレート
ワイキキ付近の屋台村
牛骨ラーメン
高橋果実店
家族でサイドストリートイン
ワイキキビーチ

【昨日の娘日記】
妻が買い物している間、2人でワイキキ付近を散歩。
結局、一緒にビーサンを買いに行きました。
ハワイで買ったビーサンは、4足です。