世の中と5時間ずらす。時間をずらせば時間ができる。

人と同じような時間を過ごしていたら、自分の時間はできません。
ひとりの利点である時間ずらしをうまく使いましょう。
IMG 2070
※AppleWatchのスクリーンショット

早朝に起きる理由は、時間をずらすため

今日は(も)4時に起きました。
朝のタスク(経理、タスク管理、Evernote整理など)をやり、メルマガを書き、別のタスクをしてちょっと休んで、今ブログを書いています。
(今日はイレギュラーで、夜に予定があるので、朝に別のタスクや休みを入れています)

早朝に起きているのは、理由の1つは、「時間をつくるため」です。
時間をずらせば時間をつくれます。
4時から9時の間は、世の中が動いていないからです。
娘が動くまでにも余裕があります。

5時間先行するメリット

4時から9時に先行して物事を終わらせておけば、世の中より5時間先行できます。
これを積み重ねていれば、
・やりたいこともやりやすくなる
・考える時間ができる
・毎日やると決めたルーティンを守れる
といったメリットがあるわけです。

先週まで滞在していたホノルルでは、この時間をずらす感覚がよりありました。
日本とホノルルの時差は19時間。
ざっと考えると、日本の時刻に5時間足せば、ホノルルの時刻になります。
(正確には前日です)

感覚としては5時間先行していることになるのです。
ホノルルでも4時に起きていたときは起きていました(到着して数日はダメでしたが)。

ホノルルの4時→日本の23時
ホノルルの9時→日本の4時
ホノルルの12時→日本の8時
ホノルルの17時→日本の12時
という感じです。

お昼頃に、「日本は8時頃か〜」
夕方には、「日本はお昼頃だな」
と、常に時間が先にすすんでいる感覚でした。
(あくまで感覚です)

ホノルルの21時になると、日本の16時。
もう寝る時間なのに、日本はまだ夕方です。

こういう感覚は新しいようで、ここ数年私がやってきた感覚でした。
日本にいるときも5時間ほど先行しているからです。
その5時間を活用しています。
このブログもこの5時間がなければ続かないでしょう。


■スポンサードリンク

時間をずらすために必要なこと

世の中に合わせて時間をつかっていると、いくら時間があって足りません。
時間をずらして自分だけの時間をつくりましょう。
時間をずらすために必要なのは次のようなことです。

朝か夜か

時間をずらすには、朝にずらす方法、夜にずらす方法があります。
先行している感覚を持つには、朝のほうがいいでしょう。
何よりも、朝のほうがイメージがいいのは事実です。

一般的に、世の中が動いているのが、9時から21時だと考えると、
EX IT 3

4時に起きれば5時間先行できます。
EX IT 2

時間を延ばさない

時間をずらすときに気をつけなければいけないのは、時間をずらした分だけ仕事の時間を延ばさないことです。
4時に起きたって、夜遅くまで仕事していたら、効率的でもなんでもありません。
そのダメージは確実に蓄積し、朝に起きることができなくなるか、起きてもコンディションの悪い状況が続く可能性もあります。
EX IT 5

はじまりの時間をずらしたら、終わりの時間もずらすべきです。

やらないことを決める

時間をずらす際に、最も大事なのは、やらないことを決めること。
せっかく時間をずらして、自分の時間を手に入れても、誘惑はやまほどあります。
朝に電話が鳴ることもあるかもしれませんし、メールが来ることもあるでしょう。
ネットを除けば、やまほど誘惑があり、SNSでは投稿があふれています。
また、朝に、アポが入るかもしません。

・早朝は対応しない
・早朝にアポを入れない
・早朝のネットを見ない
といったことが必要です。
私は、早朝の時間にメールをしません。
予約して9時以降に届くようにするというのでは意味がなく、メールをしないということが大事です。

また、早起きして時間をずらして、夜は早く切り上げようとしても、そうはいかないこともあります。
そうならないために、強靭な意志が必要です。
・夜には対応しない
・夜にアポを入れない
・夜の予定は厳選する
・夜にネットはみない
といったことを決めておきましょう。

さらに、私は、「午前中にアポを入れない」=「自分の時間にする」というルールがあるので、それを守るべく、工夫しています。
午前中にアポを入れなければ、5時間+3時間=8時間、自分の時間ができることになるわけです。
EX IT 4

時間をずらすということは、何も早起きだけが方法ではなく、自分で外界との接触を絶つことでもあります。
それができれば、日中に5時間、そういう時間をつくってもいいわけです。

外界との接触を絶たないと自分の時間はできません。
それが家族でも友人でもお客様でも同様です。
かといって孤独になるわけではなく、時間をつくれれば、家族、友人、お客様と過ごす時間を逆に増やすことができます。
自分の時間があれば、そういう工夫ができるからです。

早朝は、外界との接触を絶ちやすく、時間を先行しているという感覚をもてるので、おすすめしています。


【編集後記】

昨日は、個別コンサルティング。
会社人の方の確定申告について。
前半は、家族で、後半は私だけ個別コンサルティングという予定でうかがいました。
が、結局、私の仕事が終わるまで一緒にいさせていただくことに。
仕事は、もちろん無事申告まで終わりました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

お客様のご自宅へ家族で
ルーター TPLINK C5400

【昨日の娘日記】
昨日は、お客様先で、かわいがってもらい、遊んでもらい、大満足だったようです。
帰ろうとすると嫌がるくらい。
今のところ、物怖じせず、新しい場所でもすぐなじんでいます。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』