スポーツや音楽だけではなく、どんな仕事も練習しないと試合に勝てない

スポーツでは練習が欠かせませんが、仕事でも練習は、欠かせないものです。
練習の差が、本番に出るのはないでしょうか。
IMG 1154

毎日、練習しているんですか?

トライアスロンをやっていると言うと、
「毎日、練習しているんですか?」
と聞かれることが多いです。

過酷なスポーツというイメージがある(まあ、そこそこ過酷ですが)、トライアスロン。
毎日練習しなければいけないのでは?と思われるのも無理はありません。

スイム、バイク、ランを毎日はやっていないのですが、ストレッチもその練習と考えると毎日やっています。

先日、音楽をなりわいにされている方と話したときに、私は、
「毎日、練習しているんですか?」
と聞きました。

そのときに、「ん?ちょっと待った。音楽だから毎日練習ではなく、自分の仕事でも練習してるよな」と思ったのです。

すべての仕事で練習が必要

スポーツ、音楽だから、毎日練習というイメージがあるのですが、すべての仕事において練習は必要ではないでしょうか。

・繰り返す
・毎日触れる
・うまくいっているかチェックする
・フォームをチェックする
・改善する
・うまくいかない部分について考える
・言語化する
というのが練習になるのではないかと考えます。

練習の差が、本番に出るというのは、どの世界でも同じはずです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


お金を直接生まない「練習」

どこまでが「練習」で、どこからが「試合」というのは、その区切り方が難しいのですが、1つの基準として、

お金を生むか生まないか

があります。

たとえば、お客様の仕事に関係することは「試合」、そうではなく、

・調べる
・セミナーを受ける
・コンサルを受ける
・本を読む
・言語化する
というのは直接お金を生まず、むしろお金を使う「練習」といえます。

営業でお客様を訪問するのは、「試合」。ロールプレイングや社内で勉強会をやる、部下に教えるといったことは「試合」といえるでしょう。

1日8時間働くとして、そのすべてを「試合」に費やしていると、「練習」する時間はありません。
その結果、どんどん差がついてしまうのではないでしょうか。

右肩上がりの成長を目指すと、「試合」中心になってしまいます。
「試合」が多い→「練習」が減る→「試合」で成果が出ない
という悪循環です。
右から左へ作業的な「試合」を長年やっても成果にはつながりません。
もし、そういった仕事をしているなら、そこから抜けるべきです。

時間を割いてあえて「練習」をした方が、「試合」に勝てます。
私が得意とする分野はひたすら「練習」を積んでいますので、負ける気がしません。
(非常にピンポイントな分野ですが)

お金を生まない「練習」に時間をどれだけ避けるかが大事です。
直接という意味ではお金を生まないブログも「練習」といえます。

■スポンサードリンク

トライアスロンは、「試合」もお金を生まないのですが、まあ、こういった気づきもあるのでよしとしています(汗)





■スポンサードリンク
【編集後記】

新シーズンに向けて、トライアスロン用の時計を新調しました。
これまで使っていたのは、今シーズンデビューのチームメイトに譲ります。

普段は時計をしないのですが、トライアスロンの時計だけは欠かせません。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Garmin920XTJ
近くの牛かつ屋
友人の営業セミナー
ストレッチポールハーフカット
ストレッチポールアクティブ
WiiUでSuica決済




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』