時間がかかる仕事こそ「違い」になる。複数の仕事のラインをつくる工夫。

どんな仕事を残していくか、どうやって「違い」をつくるかを考えるときに、時間がかかる仕事を選んでいます。

IMG_3742

※遊びパークにて iPhoneX

時間をかけない仕事をすることのデメリット

限られた時間。
ひとりで仕事をしていればなおさらです。

時間をかけずに仕事ができればと思うのは当然で、私もそう思います。

ただ、時間をかけずにできる仕事にはデメリットがあるのも事実です。

それは、参入障壁、つまり真似される可能性が高いこと。
そして、大企業はもちろん、中小企業が入ってきたら根こそぎ負けます。

なんせ、時間をかけずに大量生産するのは得意ですから。

AI、ロボットが導入された場合は、なおさら太刀打ちでできません。
かんたんにできる仕事こそ、取って代わられるでしょう。

時間がかかる仕事こそ差がつく

一方、時間がかかる仕事があります。


■スポンサードリンク

・毎日コツコツやらなければいけない仕事

・めんどくさく手間がかかり他の人がやりたがらない仕事

・一定以上のレベルでやりつづけるために努力が必要な仕事

などは、避けられがちです。

ただ、こういった仕事こそ差がつき、違いがつくれると思っています。

一応、そう考えて今の仕事を選んでいるわけです。

平地ではなく、険しい山を乗り越えるような仕事を積極的にやっていきましょう。
楽にでき、負荷の少ない鍛錬を続けていても、成長できません。

時間のかかる仕事をやるのは、違い=強みをつくる方法の1つです。

書く仕事や話す仕事そして、読むことも時間がかかるものですので、いかに時間をかけるができるかを考えています。

このブログも時間がかかり、手間がかかり、多くの方がやりたがらない仕事ですし、本も時間がかかりますし、セミナーもネタ集めから考えると膨大な時間を費やし、日々の勉強、インプットも時間をかけないとできません。

時間をかけて違いをつくらなければ、その他大勢に飲み込まれ、値段もコントロールできなくなるでしょう。

効率化しているのは、時間がかからない仕事、時間をかけなくていい仕事、時間をかけたくない仕事であり、それは、時間がかかる仕事をやるためのものです。

複数の仕事のラインをつくる

時間がかかる仕事をやろうと思っても、食べていくことも大事です。いいものが提供できるようになるまで、売上を一切上げなくてもいいという状況は許されません。

だからこそ、複数の仕事のラインをつくっています。
独立当初は食べていくことも考えなければいけません。
時間がかかる仕事=違いをつくるための仕事だけではなく、メインは食べていくための仕事でした。
それでも100%を食べていくための仕事に注がず、10%でも、1日に1時間でも「時間のかかる仕事」を手がけていくべきです。

私もそうしていました。

EX-IT_03

そして、時間がかかる仕事に時間をかけていけば(正しく)、それまでに時間をかけた仕事が売上になってきます。

そうなると食べていくための仕事、目の前だけを考える仕事は減らせるわけです。

時間をかけた仕事にあぐらをかけるほど甘い世の中ではないので、また別のラインで、時間がかかる仕事を手がけていきます。

EX-IT_07

時間をかけるのは、

・負荷のかかる仕事
・新しい仕事
・人がやらない仕事
・真似されない仕事
・人がやりたくなくて自分がやりたい仕事
・難しい仕事

です。

そしてまた、「時間をかけた仕事」ができれば、そのラインをアップデートしながら、新たな「時間のかかる仕事」に取り組め、食べていくための仕事のラインは減らすかなくしていくこともできます。

仕事のラインは2つと言わず、複数になるわけです。

EX-IT_08

「時間がかかる仕事」は、売上になるのが遅いものですが、「時間をかけた仕事」になれば売上になる可能性が高まります。
もちろん、「時間をかけた仕事」をそのまま努力しないと売上につながらなくなりますが、「時間のかかる仕事」よりは時間単価は上がるものです。
どのくらいの時間をかければ、「時間をかけた仕事」になるかは、自分の「時間をかけた仕事」とどのくらい関連性があるか、またどのくらいのレベルを目指すかによるでしょう。
ときには、1か月程度で済む場合もあります。

「時間をかけた仕事」を売上につなげる努力も欠かせません。
もし、「時間をかけた仕事」でも時代にそぐわなかったり、自分がやりたくなくなったりしたら、躊躇なく捨てる勇気も必要でしょう。

そこでできた時間は、「時間のかかる仕事」に投資できます。

「時間をかけた仕事」、つまり過去の遺産だけで食べていこうとするには限界があるでしょうし、もしそうできたとしてもその仕事が急に減っていくまたはなくなる可能性もあるでしょう。

リスクヘッジのためにも、「時間がかかる仕事」は常にやっておくべきですし、「時間がかかる」事実は意識しておくべきです。
ブログなんてその最たるものですので。

私の場合、「時間をかけた仕事」としては、税金、経理、PC、IT、Excel、プログラミング、ブログ、メルマガ、執筆、セミナー、コンサルティングなどがあります。
正確にはこれらのうちピンポイントに細分化した分野が「時間をかけた仕事」です。
私よりExcel全般、プログラミング全般、ブログ全般で詳しい方はもっといますが、私が設定したカテゴリの中では負けないようにしています。

さらに時間をかけつつも、「時間がかかる仕事」も複数手がけているつもりです。
「時間がかかる仕事」は今の売上を多少減らしてでもやるべきものと思っています。

時間をかけることで、これまでの「時間をかけた仕事」にもいい影響があるものです。

この写真のように挑戦し登っていく「時間がかかる仕事」のラインを少しでも持つようにしましょう。

IMG_3742


【編集後記】
宮崎のイオンにあった、『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』。
滑る個所によって映像や音が変わるすべり台、積み木をおくとそれに合わせて線路や川ができるディスプレイ、塗り絵をスキャンして大画面ディスプレイの中でそれが動くものなど、技術的にも衝撃でした。
調べてみると、都内にはなかなかなく。宮崎でこういったものが体験できるとは感激です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Windows10 April 2018
九州パンケーキ イオンモール宮崎
チームラボ イオンモール宮崎

【昨日の娘日記】

昨日は、イオンにいっておおはしゃぎ。
アンパンマンカーに乗り、パンケーキを食べ、キッズコーナーで遊び、別のキッズコーナーで遊び、

『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』で遊び。
走り回っていました。
帰宅して親子で昼寝です。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』