MoneyTree&Excel。スマホで全資産をチェック、経理にも家計簿にも便利なしくみ。

経理(個人事業・法人)と家計簿には、 MoneyTreeとExcelを主に使っています。

IMG_0522

※実家にて iPadPro

MoneyTreeを使っている理由

MoneyTreeとは

MoneyTreeとは、スマホアプリ。
無料です。
iPhoneにもAndroidにもあります。
PC版もありますが、データの一括ダウンロードができず、スマホのほうが見やすいのでスマホ版しか使っていません。

iPhoneXだと、顔認証で開き、全資産が表示されます。
ネットバンク、クレジットカードを連動しているので文字通り全資産。
経理や家計簿をつくりつつ、このアプリで毎日残高を見て、減っているか増えているかを意識するようにしています。

EX-IT_47

クレジットカード残高は、マイナスで表示されるので、銀行口座の残高ークレジットカードの請求予定額で、実質的な全資産残高が表示されるのです。
連動していないサービス(Paypal、Spike、PaymoBizなど)は、「その他」の残高として入れることができるので、私は入れています。

預金で連動しているのは、家計、個人事業(税理士)、法人のすべてです。
プライベート、ビジネスすべての残高を確認しています。
ひとりしごとだと、プライベートもビジネスも表裏一体。
どちらかだけしか見ていては意味がありません。
経理だけではなく家計簿も必要です。

口座をタップするとこのように明細が表示されます。

EX-IT_46


■スポンサードリンク

MoneyTreeを使っているのは、余計なものがなくシンプルで使いやすく見やすいからです。
会計ソフト全般が忘れている(スルーしている)UI(ユーザーインターフェース)に優れています。
デザイン性がなく、使いにくい会計ソフトを毎日見る気がしません。
だからこそExcelでの経理や、このMoneyTreeをすすめています。
(クラウド会計ソフトは多少ましですが)

また、私の場合、家計簿、個人事業(税理士)、法人とありますので、従来の会計ソフトだと対応できず、3つのソフトを使わなければいけません。
そのため、Excelを軸に、ネットバンクのデータを加工して集計するようにしていました。
(個人事業と法人は、最終的には会計ソフトにしぶしぶ取り込み、決算をしています。総勘定元帳というものも必要だからです。Excelでもつくれますが)

経理の流れ

MoneyTreeを使うようになってからは、次のような流れで経理をしています。

毎日やるのは、現金、Suicaでの買い物、クレジットカードでの買い物、売上。
Suicaは連動させても、「物販」としか表示されないので、何を買ったかわかりません。
レシートから入力したほうがその都度把握でき、楽です。
クレジットカードも同様で、連動させると把握が遅れるので、レシートをもらって毎日(翌朝)に入力しています。

毎月、第1営業日にやるのは、後述するMoneyTreeの処理、連動しないPaypalやAmazonの処理、ブログ売上の入力、請求書を出す売上(税理士顧問売上)の処理です。

これを経理用の特製Excelに集約し、家計簿、個人事業、法人の数字を把握しています。

まあ、めんどくさいのですが、ためると余計にめんどくさくなるのでやっているわけです。
そして、数字を把握することにより、自分の値段や今後の仕事の流れを決めることができるので、絶対に欠かせません。
この経理をただでやってくれるという話があっても断ります。
自分でやることで数字を把握できますし、ほぼリアルタイムに把握できるからです。

今日は5月1日なので、この経理の日。
・4月及び1月~4月の売上、利益、資金
・これまでの10年間の4月及び1月~4月の売上、経費、利益、資金
・移動年計
・今後の見込み
・会社、個人事業の税金予測
などをチェックしました。

しくみをつくっておけば、毎日1分から5分に加えて毎月30分程度で終わります。
これで自分のお金の状況が毎月1日にわかるなら安い投資です。

MoneyTreeからExcelへ

MoneyTreeからExcelにするには、スマホアプリで、全取引明細を表示させ、[ダウンロード]アイコンをタップします。
CSVとExcelとありますので、Excelがいいでしょう。
CSVだと文字化けします。
(文字化けしたときは、Excelの[データ]タブの[外部データ取り込み]→[テキスト]で取り込むと文字化けが解消します)

[Excel]を選んで[ダウンロード]すると、

IMG_4605

そのファイルをPCに送れるようになるので、なんらかの方法で送りましょう。
私はDropBoxで連動させています。
(今のメインPCのSurfaceBook 2だとAirDropが使えず・・)

これで準備完了です。

IMG_4604

MoneyTree×Excel

MoneyTreeのデータをExcelで次のように加工していきます。
MoneyTreeからはじめて加工する場合を想定しました。

1 MoneyTreeからエクスポートしたExcelを開く

先ほどの方法でPCに送ったファイルを開きます。
ファイル名は[transactions.xlsx]です。

EX-IT_02

開くとこんな感じです。
…実は、MoneyTreeは全データのダウンロードしかできません。

私が登録したのは2014年7月で、そのときからのデータがすべてダウンロードされてしまいます。
サポートに問い合わせても「そうです」と。
(MoneyTreeさん、月を指定してのダウンロード、お願いします)

EX-IT_49

2 該当月(前月)のデータのみコピー

日付で並べ替えて、該当月のデータのみコピーして新規のExcelに貼り付けます。
(翌月からはMoneyTree連動シートへ)

EX-IT_48

3 テーブルにし、ピボットテーブルに

そのデータをテーブルにし(Ctrl+T→Enter。CtrlとTを同時押しし、そのあとにEnterキー)、さらにピボットテーブルにします。

EX-IT_50

ピボットテーブルについてはこの記事を参考にしていただければ。

4 口座のコード表をつくってVLOOKUP関数で連動

ピボットテーブルでつくるのは、コード表です。
データの[口座番号]をピボットテーブルにすると、[口座番号]の一覧ができます。
これに対応する口座名(経理に使うもの)のリストをつくりましょう。

たとえば、MoneyTreeで3618と出てくるのは、楽天カードです。
こういった名称でデータになればいいのですが、そうではないのでこちらで変換しましょう。

なお、私の場合、コード表には、税理士(z)、会社(c)、家計(ブランク)というものをつけており、これでそれぞれの集計をするようにしています。

EX-IT_09

このコード表を使って、VLOOKUP関数で連動させます。
次回からは、3741875とあれば、「ゆうちょ」と自動表示するようにするためです。
それぞれ人が目で見て入力してもいいのですが、それをやっていると日が暮れます。

EX-IT_10

5 科目のコード表をつくってVLOOKUP関数で連動

同様にして、科目(旅費交通費、通信費など)のコード表をつくります。
経理はもちろん家計簿でも科目で集計するからです。
MoneyTreeのデータは、[ご利用先・摘要]と[メモ]の2つの欄があり、
[ご利用先・摘要]を連動させて科目を表示させます。
その理由は、交通費の場合、[ご利用先・摘要]だと連動しやすい(種類が少ないので)からです。
一方で、取引の内容には[メモ]を使います。

EX-IT_13

この[ご利用先・摘要]は半角カタカナなのがイケてませんが。

そして、こういった対応コード表をつくります。
EX-IT_52

VLOOKP関数を使い、たとえば、「東京ガス」だと「水道光熱費」と自動表示させるわけです。
ここで私は、Amazon(カード明細と連動)、Suicaでの買い物(Suica明細と連動し物販と表示)はコード表に入れず、わざとエラー(#N/A。コード表にないという意味)にしています。
このエラーが出たところはすでにExcelへ入力しているからです。

EX-IT_51

6 連動させて仕訳データをつくる

ここまで準備できたら、いわゆる仕訳データをつくります。
これがないとExcelで集計できません。

日付、部門(家計か個人事業か法人か)、金額などを入れます。
入力すると手間がかかるので、数式で自動化しましょう。

日付は、MoneyTreeのデータを参照

EX-IT_28

部門はVLOOKUP関数で連動

EX-IT_29

借方(仕訳の左側)は、
入金の場合は、「ゆうちょ 受取利息」という取引になるので、
「もし、金額がプラス=入金だったら、口座名を表示し、そうでなかったら科目(受取利息)を表示する」というIF関数を入れましょう。

支払の場合は、「保険料 ゆうちょ」や「書籍投資 JAL」という取引になるので、左側には、「科目」が入ります。

EX-IT_30

同様に、貸方(右側)にもIF関数を入れます。

EX-IT_31

金額は、MoneyTreeのデータで、プラス(入金)とマイナス(支払)があり、取引上は、プラスで入れるので、ABS関数(数値の絶対値を入れる)を使います。

EX-IT_34

そして、[内容]に、MoneyTreeの[メモ]欄を=で連動させれば完成です。

EX-IT_32

このデータのうち、エラーデータ(すでに入力しているデータ)をチェックし、それらを除いて、経理のExcelファイル(仕訳を集計するしくみ)で集計しています。

このデータを会計ソフト用につくって、会計ソフトに取り込んでもいいでしょう。

7 翌月以降の処理

翌月以降は、[口座]はVLOOKUP関数で自動連動するはずです。
(口座を増やしていなければ)

内容は、新たなものが出てきているでしょうから、今回つくったコード表に追加していくか、エラーを上書きします。
エラーを上書きするのはおすすめしませんが、この場合は、しかたありません。

EX-IT_36

MoneyTreeに連動しないものの処理

MoneyTreeに連動しないものは別途処理をしています。
たとえば、Amazon。
Amazonはカード明細でも連動しますが、「Amazon」と表示されるだけで中身がわかりません。
経費かどうかもわからないわけです。
そこで、次の方法を使っています。

使うのはマネーフォワード。
家計簿用のクラウドサービスです。
ここでAmazonを連携させ、明細をこのようにコピーします。
日付あたりから選択するのがポイントです。
(有料版ならダウンロードできます)

EX-IT_40

コピーしたものをExcelに貼り付け、右下に出るアイコンをクリックし、[貼り付けのオプション]の右側[貼り付け先の書式に合わせる]を選ぶと、

EX-IT_39

このようにExcelで使えるようになります。
ただ、日付の書式がイケてません。
これだと「4/29(日)」という文字としての扱いです。

EX-IT_41

方法としては、日付欄を選択し[データ]タブの[区切り位置]で、[カンマやタブなどの~]をクリックし、次の画像のように[その他]に「(」(半角)を入れます。
データのプレビューで区切られているかどうか確認しましょう。

EX-IT_42

次に進み、「日)」を選択し、[削除する]を選び、次へ行くと、

EX-IT_43

「04/29」の部分だけ残り、日付として認識されます。
(ただし、年は、この処理をした年です)

EX-IT_44

これをExcel上で数式にて加工すれば仕訳データになります。

EX-IT_45

できる限り連動しているサービスを使うのがポイントです。
Paypal、AmazonPay、PaymoBizなどカード決済サービスは連動していないのが残念ですが。
カード決済サービスのSPIKEも連動していません。
(サービスの改悪があり、いろいろ気になる点も多かったので使うのをやめました)

カード会社で連動していなかったヨドバシゴールドポイントカードは使うのをやめました。

1社だけなら会計ソフトの連動を使うのがいいのでしょうが、スマホでの使い勝手やデザインなどはMoneyTreeが数段上です。
そのスタンスも気に入っています。
(会計ソフトは税理士に拡大させて儲けようとするのが嫌いです)

使ってみる価値はあるかと。
経理に使わなくても、連動させて全資産を把握するだけでも価値はあります。


【編集後記】
引き続き宮崎にいます。
朝はちょっとだけプールでトレーニング。
最近は50m62秒に。
ちょっと前まで70秒くらいでしたが、なんとか戻してきました。
といっても、ベストでも55秒くらい、速い人は30秒台だったりするのですが。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
フローランテ宮崎
家族で近くのコープへ
娘とシャボン玉
セブンイレブン フローズンラテ

【昨日の娘日記】
昨日は、フローランテ宮崎というところへ。
きれいな花や芝生、すべり台を楽しんでいました。
結構な距離を歩くようになり、だっこしなくなったので楽です。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』