時間の流れは一定。時間のせいにしないために使わない言葉

「今日から7月」。よく目にする言葉であり、私もよく思うことなのですが、前提として時間の流れは一定であり、毎日が大切と言うことを意識しておかなければいけません。
IMG 2495

時間を早く感じるか、遅く感じるか

時間の感じ方は、人それぞれであり、かつそのときの状況により異なります。
時間を早く感じるのは、
・焦っているとき
・急いでいるとき
・思ったより仕事が進まないとき
・楽しいとき
・遊んでいるとき
・親しい友人と話しているとき
などといった場合があります。

一方、時間を遅く感じるのは、
・退屈なとき
・充実していろんなことをこなしたとき
・複数のことをこなしたとき
といった場合があるでしょう。

「時間を早く感じますか?遅く感じますか?」とセミナーやコンサルできかれることがあります。
私の場合は、「遅く」感じます。

たとえば、1ヶ月前の6/1は、遙か昔の出来事です。
これは、私が複数の違う種類のことをやるタイプだからかもしれません。
いろんなことをギュッとつめてやっていると、時間を遅く感じます。
1日30時間くらいもらっているような感覚です。

イベントを増やせば増やすほど、時間の流れを遅く感じ、得した気分になります。

時間の流れは一定であり、どの日も大事

ただ、早く感じようと遅く感じようと、時間の流れは一定です。
人によって早いわけでもありませんし、遅いわけでもなく、24時間より少ないことも多いこともありません。
これは誰にも覆せない事実です。

「今日から7月!」といって気合いを入れたい気持ちはありますが、明日になってその気合いがそがれてはダメでしょう。
私もついつい力が入ってしまいます。

しかし、7月13日も17日も、22日も、同じくらい大事なはずです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


・毎日を大事にする
・あっという間に過ぎ去られないようにする
・いつのまにか8月1日になっているなんてことがないようにする
・平日も休日も大事にする
・平日は我慢、休日は楽しみという区分けにしない
などといったことが重要でしょう。

目の前の仕事に忙殺されるだけの日、何も楽しみがなかった日、だらだら過ごした日などがないように心がけています。
(そういった日がまだまだありますが)

時間の流れを一定にするために使わない言葉

時間の流れを一定に、早くも遅くも感じないようにして、1日1日を大事にすべきではないでしょうか。
そのために、私は次のような言葉を使わないようにしています。

・あっという間
・もう○月
・もう○時
・早くも○月
・早いですね〜

私の場合、こういった言葉を使うと、
「おい、時間、流れるのが早い!やりたいことが終わらないじゃないか!」
といっているような気がします。
だからこそ、時間のせいにしないように、封印しているのです。

時間からしたら、「いやいや、一定のスピードでしか進んでませんって」と思っているでしょうしね(^^;)

今日から7月!という区切りを意識するとともに、人生のうちの1日として大事に過ごしましょう。
(トライアスロンで負った両太もも痛に苦しみながら、私も奮闘しています(^^))

私が時間を多少コントロールできているのは、上記のような言葉を使わないようにしているのが理由の1つです。
試しに封印してみてください(^^)





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日、宮島→宮島口までフェリー、宮島口→広島→東京と帰ってきました。
東京駅からバイクで事務所へ置きに行き、その後新居&オフィスのテーブル選び。
まだ決まってませんが、方向性は定まりました。
思い切って投資するつもりです。

■スポンサードリンク

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

宮島散策
新宿 華味鳥




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###