安い・すいてる・楽。独立したら平日に慣れよう

独立すると、平日の自由度が上がります。
平日をうまく使うことに慣れましょう。
IMG 0667
※平日某所にて iPhone 7 Plus

ひとりだと、平日も自由

独立前は、平日は、朝、会社へ行き、夕方まで働いて帰ってきます。
平日の夜に予定をこなすことはできますが、平日の昼間にはなかなか自由がありません。

1週間、7日間のうち、2日がまるまる自由な時間です。

これが、独立すると、平日も自由になります。
2日の自由時間が、2日+5日の7日になるのです。

もちろん、自由に仕事をすることもできますので、7日仕事をすることもできますし、1日も仕事をしないこともできます。

私は、
・早朝から午前中はアポを入れずに仕事
・それ以降は自由
にしています。
(平日メインの仕事なので)

平日午後に予定を入れたり、仕事を入れたり(仕事のほうが多いのですが)。
混んでいる土日や平日夜に予定をこなさなくてもすみます。
・平日のほうが映画はすいてる
・平日だと安い場合も多い
・平日だと日がのぼっている(冬のランは明るいうちにやらないとつらいです)
・平日ランチはお得
・平日の旅行は安いしすいている

土日祝休みを合わせる必要がある場合もあるでしょうが、自分だけでこなせる予定を平日にこなせるだけでもメリットです。

「ひとりしごと」なら、誰も雇っていないので、気兼ねすることもありません。

・「あ、さぼってるな」
・「早く帰ってずるい」
・「自分だけ遊んで・・」
なんて思われずにすみます。

平日は落ち着かない

といっても、平日は落ち着かないものです。
特に独立したてのときは、平日には仕事をしなきゃいけないというプレッシャーもあります。

私もそうでした。

仕事もないのにスーツ着て、9時から17時、オフィスにいた時期もあったのです。

平日に予定を入れたいと思いつつも、なんとなく落ち着かなくて、自由なようで自由にできませんでした。

それまで会社で過ごしていた時間を、自由にしてもいいとなってもすぐに対応できません。
徐々に慣れていきましょう。

私が慣れたのは平日のルールを決めたからでもあります。

平日のルールを決める

土日祝はどちらにせよ自由です。

平日を自由にするにはルールを決めたほうがやりやすくなります。
私は原則として、次のルールを決めています。

・朝早く起きる
・午前中はアポを入れないで、もくもく仕事
・ランチは11時頃
・平日にしかしない仕事を決める
・午後は自由にしてもいい、アポ、プライベートの予定など。
・土日祝に振り替えない

大事なのは、「平日にしかしない仕事を決める」「土日祝に振り替えない」です。
月曜日に遊びに行ったから、かわりに土曜日働こうとすると、トータルの自由時間は変わりません。
平日は平日で圧縮するため、
・仕事を効率化する
・仕事のとり方を考える
・時間管理、お金管理スキルを磨く
といったことをやっていきましょう。

平日にしかしない仕事を決めておけば、平日はきっちりと、間延びすることなく仕事をこなせます。

ルールを決めて試しつつ、平日にふらっと遊びにいってみるのがオススメです。

デメリットの多い「ひとりしごと」だからこそ、平日を自由にできるというメリットを活かしましょう。

平日に慣れると、時間効率もよくなります。


【編集後記】

昨日は、品川の10ZENへ。
漢方併設のお店で、健康によさげなメニューがお気に入りです。
サラダバーも、くるみ、アーモンド、ハトムギ、ひまわりの種などがたっぷりでした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

10ZEN サラダバー
品川までレインボーバス往復

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』