売上1,000万円をこえても、あせらない・ごまかさない・ふやさない

フリーランス(個人事業主)で、売上1,000万円をこえると考えなければいけないことがあります。
ただ、あせらなくても大丈夫です。
EX IT
※Keynoteで作成

売上1,000万円をこえても、あせらない

売上1,000万円をこえると、「やばい、消費税がかかる」と思われるかもしれません。

フリーランスは、売上1,000万円をこえなければ、消費税を払わなくてもいいという法律上のルールがあります。
消費税を払うとは、次のようなことです。

たとえば、年間の売上が、税込1,296万円だとしたら、その消費税は、96万円。
この96万円をそのまま払うわけではありません。

多くのフリーランスが使う簡易課税という計算方法なら、

卸売業 9.6万円
小売業 19.2万円
製造業 28.8万円
飲食業 38.4万円
サービス業 48万円
不動産業 57.6万円

の消費税を支払います。

ただ、すぐではありません。

2016年(平成28年)に、売上1000万円を超えた場合、2年後の2018年(平成30年)の売上に対して消費税がかかります。
あくまで2年前の売上で、消費税を払うかどうかを判断するしくみです。
2年後の2018年の売上が1,000万円を超えているかは関係ありません。
900万円でも100万円でも、消費税を払います。
EX IT 1

2017年に1,000万円をこえれば、その2年後の2019年は消費税を払わなければいけなくなります。
EX IT 2


■スポンサードリンク


あせらなくても大丈夫です。
ただ、2016年に1,000万円を超えるようであれば、消費税がかかる2018年が来る前に法人にする手もあります。
資本金1,000万円未満で法人にすれば、さらに2年間は消費税がかかりません。

【関連記事】消費税が8%になっても、合法的に納めなくてもいい条件(個人事業主・法人両対応)
リンク

【関連記事】フリーランスが「去年はそこそこ儲かったな」と思ったら読んでおくべき法人化のチェックポイント
リンク

売上1,000万円をこえても、ごまかさない

売上1,000万円が消費税を払うかどうかの基準です。

1,000万円をぎりぎり超えそうだと、「この売上を来年にしちゃえ」と思われるかもしれません。
きちんとした理由があればいいのですが、そうではない場合は絶対にやめましょう。

ましてや売上をなかったことにするのは、問題外です。

売上1,000万円前後で確定申告をした場合、税務調査の可能性も上がります。
税務署からすると、売上の間違いを見つければ、消費税をとれるからです。

もちろん、正しい数字であれば恐れることはありませんが、売上1,000万円ぎりぎりのときは、入念に数字をチェックしましょう。

売上1,000万円をこえても、ふやさない

売上1,000万円。
1つの目標にしていた方もいらっしゃるでしょう。

さらに売上を増やしていきたい!と思われるかもしれません。
気をつけたいのは、無理して売上だけを増やさないこと。

フリーランスは、人手も時間も、より限られています。
(人と雇わない場合)

売上拡大だけを目指していると、すぐに限界がくるものです。
1,000万円の次は、1,200万円、1,500万円、2,000万円と目指さずに、1,000万円を機に、今一度仕事のやり方、取り方を見直しましょう。

無理をせず、時間とお金のバランスをとった状態で、売上、利益が自然と上がっていくのが理想です。


【編集後記】
買い取りに出したテレビの査定が届き、ほぼ希望額で売れました。
新しいテレビと2台の状態が解消されて、すっきりです。
引き取ってくれますし、対応もすばやく便利でした。
http://www.takakuureru.com/

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

君の名は。
シネマメディアージュ
Robinson: The Journey