話し方は、書くことでうまくなる

話し方がうまくなる方法の1つは、書くことです。
書いたことは話せるようになります。
話したいなら書くべきです。
DSC04854
※セミナー風景 Sony α7

「話す」は「書く」よりも難しい

「話す」と「書く」。
これら2つのアウトプットスキルを磨いておいて損はありません。

仕事には、なんらかのアウトプットが必要だからです。
スキルを磨くことを考えると、やはり「話す」のほうが、「書く」よりも難しいでしょう。

「話す」は相手が必要ですし、その場でアウトプットする必要があるからです。

「書く」なら、自分だけで、自分のペースで書くこともできます。
「話す」よりも、アウトプットの機会は多いはずです。

書くことで話せるようになる

「話し方がうまくなりたい」
「人前で話せるようになりたい」
「緊張しないようにしたい」

と思う方は多いでしょう。
私もそうでした。
今も、「話し方がうまい」というほどではありませんが、少なくとも話すことに抵抗がなくなったのは、「書く」のおかげです。

ブログやメルマガを日々書き、書籍を書いていたことで、話せるようになりました。

書いたことは話せるのです。

深く考えながら書けば書くほど、話せるようになります。
私が顧問業やセミナー、コンサルティングで話していることは、すでに書いたことがあることです。
いわば、自分自身にすり込まれています。
自然と言葉が出てくるイメージです。


■スポンサードリンク


といっても、書いたことだけを話すのであれば、ネタがつきてしまうでしょう。
だからこそ膨大に、かつ深く書かなければいけません。

膨大に、かつ深く書いていれば、応用がきくようになり、話す幅も広がります。
いくらでも話せるようになるのです。

私はブログやメルマガ、書籍で書いたこと+αは、いくらでも話せます。
いくらでも話せるようなことでないと書いていません。

今後話すことを日々書く

「話す機会ができてから書く」というのでは遅すぎる可能性もあります。
今後話すことを、日々書いておくのが理想です。

仕事において話す機会は山ほどあります。
セミナーをやらなくても、お客様との会話はあるはずです。

知識やスキルを書いておき、わかりやすく話せるようにしておきましょう。
さらに、おすすめなのは、仕事のスタンス、自分軸を書いておくこと。
これらを話せるようにしておくと、仕事に役立ちます。

書いておけば、仕事のスタンスや自分軸が自然と出てくるものです。
仕事のミスマッチは、
・仕事のスタンスが定まっていない
・仕事のスタンスが伝わっていない
ことから生じます。

もちろん、書かなくても話せる人も多いでしょうが、私はそうではありません。
少なくとも書くようになってから話せるようになりました。

うまく話せるようになりたい、という方は、書いてみてはいかがでしょうか。
・体系的に書く
・自分なりの視点で独自性を出して書く
・読んでもらえるように書く=セミナーや書籍として売れるネタを書く
といったことに気をつけて書けば、話すときに役立つのでおすすめです。

きちんと書いている人は話せます。
私が企画したセミナーの講師3人は1,000記事、1,500記事書いている方です。
どんなことを話すかは任せています。
これだけきちんと書いていれば話せる、という確信があるからです。
5/25 ブログ1,000記事セミナー 残席3名





【編集後記】
昨日は丸1日、決算処理。
Excelも総動員です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

メルマガ税理士進化論で皇居ラン企画

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』