年収1,000万円商法に気をつけよう。会社員の年収1,000万円とフリーランス(個人事業主)の年収1,000万円の違い

会社員で年収1,000万円というと、「おお〜」と感じがします。
同じ年収1,000万円でも、フリーランスだと事情が異なるので注意が必要です。
税金のしくみ、「年収」の意味合いが異なります。
EX IT
※Keynoteで作成

会社員の年収1,000万円の手取り

会社員の場合、年収とは、額面金額、所得税や社会保険料が引かれる前の金額をいいます。

年収1,000万円の場合、手取りは、年で737万円、月で60万円くらいです。
※年齢35歳 単身または共働き 前年も年収1,000万円くらいと仮定しています。
EX IT 2

この手取りから生活費を払っていきます。
実際に振り込まれる金額が手取りです。

フリーランスの年収1,000万円の手取り

フリーランスの場合、年収とは、売上高のことをいいます。
売上高(収入)から経費をひいた利益から、さらに青色申告特別控除(青色申告を申請している場合、最大65万円を引ける)引いたものに対して税金を計算するしくみです。

年収1,000万円の場合、手取りは、年で484万円、月で40万円くらいになります。
※会社員の場合と同様の条件で試算
EX IT 3

この場合、
売上=利益になる業種(仕入がない)
経費は、
・家賃 月10万円
・投資(本、勉強代) 月10万円
・ITその他の経費 月10万円
の合計月30万円、年360万円をざっくり入れてました。

経費が増えれば、当然手取りは減ります。
たとえば、人を雇えば、手取りは、がくんと減ってしまうのです。

年収1,000万円商法に気をつけよう

会社員とフリーランスの年収1,000万円

会社員とフリーランスで、同じ「年収1,000万円」の場合の手取りを比べると、こうなります。
会社員は737万円、フリーランスは484万円です。
EX IT 1

フリーランスは経費が年360万円(月30万円)で計算していますので、経費が多くなればさらに手取りは減ります。
仮に経費が年600万円(月50万円)だとすると、フリーランスの手取りは323万円です。
EX IT 5


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

井ノ上陽一のプロフィール
■11/24東京・11/5福岡WordPressブログ入門セミナー
※11/29または12/1で名古屋でのセミナー、コンサルティングを承っております。 ■個別コンサルティング
■セミナー要望フォーム
■スポンサードリンク


年収1,000万円!といっても、フリーランスだと、そうそう安心できる金額ではありません。
さらには、
・売上が不安定
・売上が保証されていない
・経費は全部自腹
という悪条件も加わります。
自由の反面、リスクもあり、手取りも減るのがフリーランスです。

フリーランスは年収1,000万円では足りない

同じ年収1,000万円でもフリーランスの場合は手取りが減ります。
(会社員で手取りから支払っている書籍、セミナー、PC、打ち合わせ代などを経費に落とせるという利点はありますが)

会社員で年収1,000万円なら十分だとしても、フリーランスで年収1,000万円だと足りない可能性もあるわけです。

「年収1,000万円を目指そう!」
「年収1,000万円が実現します!」
「年収1,000万円達成したノウハウ!」
というフレーズをよく見かけますが、フリーランスの場合、年収1,000万円を通過点と考えなければいけません。

無理に年収1,000万円を狙うと、そこでとまってしまいます。
広告費、人件費、家賃など経費をかけ、休みなく長時間働き、仕事を選ぶ力をつけないまま年収1,000万円を達成しても、その先がありません。
年収1,000万円商法だと、「年収1,000万円を達成するだけ」に終わってしまうのです。
自分の軸をじっくり磨き、時間とお金のバランスをとり、結果として、年収1,000万円を目指すようにしましょう。

なお、上記の試算で、会社員の年収1,000万円と同じくらいの手取りを得るためには、フリーランスで年収1,400万円が必要となります。

EX IT 6

会社員時代と同じくらいの手取りが必要なら、会社員時代の年収の1.5倍〜2倍ほどを目指しましょう。

私の場合、独立直近の年収は550万円ほどでした。
税理士資格あり、34歳です。
※税理士は勤務しているとそれほど給料が上がりません。

経費が年360万円(月30万円)なら、会社員の年収550万円と同じくらいの手取りを得るにはフリーランスで889万円が必要です。
EX IT 7

経費が年600万円(月50万円)なら、会社員の年収550万円と同じくらいの手取りを得るにはフリーランスで1,129万円が必要となります。

EX IT 9

感覚値として、このくらいの売上だったときに、会社員時代と同じくらいかなぁという感じでした。
私は経費(投資)が多いので・・。
自由度、満足度、開放感、充実度は、会社員時代と比べものにならないくらい大きいものでしたけど。

フリーランスになったら(なってしまったら)覚悟を決めて、年収1,000万円にとらわれず自分の軸を磨きましょう。
拡大しても手取りが減ったり、手取りが増えても時間がなくなったりしたら意味がありません。





【編集後記】

昨日は午後に個別コンサルティング。全5回お申し込みいただいた方の第1回目です。
前後に新刊の原稿チェック。
なんとか完成しそうです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

創健社インドカレー辛口

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』