ご飯食べているときにも売りが立つか

受注があり、売りが立つことにより食べていけます。
たとえご飯を食べているときにも、売りが立つかを意識しておきましょう。
IMG 3927
※五島にて 五島牛 iPhone 7 Plusで撮影

売りが立つための条件

売りが立つ、つまり売上となるための条件は、一般的に

受注(注文、申込みを受ける)

決済(支払いを受ける)

提供(モノやサービスを提供する)

です。

決済と提供が逆になることもありますし、受注の前に見積が入ることもあります。

この見積や問い合わせに時間がかかることも多いです。
ひとりで仕事をしている場合、そこに時間をかけすぎていても意味がありません。

売りがスムーズに立つための工夫も必要です。

自分がご飯を食べているときにでも売りが立つか

見積に時間がかかる、見積をしても受注につながらない
そして、
受注時に会ったり電話したりしなければいけない
となると、売りが立つまでに時間がかかります。

自分がご飯を食べているときにでも、その受注があり、決済があれば、効率的です。
ご飯以外でも
・休みの日
・夜、寝ているとき
・他の仕事をしているとき
・遊んでいるとき
・旅行に行っているとき
など、その場にいなくてもどこにいても、売りが立つしくみは欠かせません。

不動産や保険のように、手間をかけて大きな売上になる場合は別ですが、多くの場合、売上が立つしくみを小さく速く回しておかないと、時間はいくらあっても足りなくなるでしょう。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


いつでも売りが立つしくみを作っておきましょう。

たとえば、私は金曜日から月曜日(今日)まで、長崎の五島へトライアスロンのために来ていますが、この間にもいくらかの売りが立っています。

いつでも売りが立つしくみづくり

いつでも売りが立つしくみの基礎は、ネットです。

ネットから注文でき決済できるしくみがあれば、自分が何をしていてもどこにいても売りは立ちます。

私の場合、
・セミナー
・コンサルティング
・コンテンツ(教材)
が、そのしくみで成り立っているものです。

税務顧問業は、そうもいかず対面で決まることがほとんどですが、売上の一部でも、いつでも売りが立つしくみを作っておくと、時間や場所の自由度が上がります。

受注(注文、申込みを受ける)

決済(支払いを受ける)

提供(モノやサービスを提供する)

という流れでいえば、セミナーやコンサルティングは、受注→決済まで、コンテンツは提供まで完了するものです。

・値段
・提供するものの内容
・申込みフォーム
・決済手段
を準備すれば、この流れを作れますので、ぜひ作ってみましょう。
予約のシステムもこの1つです。

前提として、
・いつでもどこでも売りが立つようなメニュー
・知っていただく工夫
・ネットメディア
も作る必要があります。

■スポンサードリンク


■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、バラモンキング(五島長崎トライアスロン スイム3.8km バイク180.2km ラン42.2km)。
無事(でもなく)、14時間10分で完走しました。
詳細はまた記事で書きます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

トライアスロンのレースでガーミン935、バリアビジョンを使用
バラモンキング バイク自己ベスト

【昨日の娘日記】

昨日はスタート前とゴール後にしかLINE電話できず、起きているところを見れませんでした。
が、妻が送ってくれた動画をラン中に見ることができ満足です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』