Googleドキュメントでアンケートフォームを作ってExcelで集計する方法

アンケートフォームや申込フォームは、Googleドキュメントで作ることもできます。
私もセミナーアンケートや申込フォームに利用しています。(申込フォームは別のものと併用しています)
スクリーンショット 2012 02 03 8 04 31

Googleドキュメントとは

例えば、社員にアンケートをとるとき、紙を配布して書いてもらうと、集計が大変です。
Excelに入力して提出してもらっても、別々のファイルになってしまうため、集計に手間がかかってしまいます。
(マクロを使えば別ですが)
Web上の無料フォームもありますが、Googleドキュメントでもフォームを簡単に無料で作ることができます。
Googleドキュメントとは、Googleが提供するもので、インターネット上でWord、Excel、プレゼンソフトを使えます。
インターネット上でデータの共有ができるのが大きな特徴の1つです。
(インターネットに接続していないと使えません)

フォームも作ることができ、それを一括して集計することができます。

フォームの作り方

Googleドキュメントを使うには、Googleのアカウントが必要です。
Gmailを使っていれば、画面上部の[ドキュメント]をクリックしてください。
スクリーンショット 2012 02 03 7 37 40

[作成]をクリックし、[フォーム]を選択します。

スクリーンショット 2012 02 03 7 37 58

すると、フォームの作成画面が表示されます。

スクリーンショット 2012 02 03 7 38 41

テキストの設置

[質問のタイトル]、[補足文]、[質問の形式]などを入れて、質問を作っていきます。
[この質問を必須にする]のチェックを入れると、回答もれを防ぐこともできます。
[質問のタイトル]を「氏名」、[質問の形式]を「テキスト」にすると、このような項目が作成されます。

「テキスト」とは、1行だけの回答欄と考えてください。
スクリーンショット 2012 02 03 8 39 05


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

編集、質問のコピー、削除は右側のアイコンでできます。
スクリーンショット 2012 02 03 7 39 14

ラジオボタンの設置

[質問のタイトル]を「性別」、[質問の形式]を「ラジオボタン」にし、
スクリーンショット 2012 02 03 7 39 38

「男性」、「女性」という項目を入れれば、
スクリーンショット 2012 02 03 7 39 59
こんな選択肢になります。
ラジオボタンとはいずれか1つしか選択できないボタンのことをいいます。
複数を選択する場合はチェックボックスを使います。
スクリーンショット 2012 02 03 7 40 16

リストの設置

[質問のタイトル]を「Excelのバージョンを教えてください」、[質問の形式]を「リストから選択」にし、それぞれの選択肢を入れていくと、
スクリーンショット 2012 02 03 7 42 00

こういう質問を作ることができます。
スクリーンショット 2012 02 03 7 42 12

テキストボックスの設置

文章で回答してもらう場合は、テキストボックスを設置します。
[質問の形式]を「テキストボックス」にしてください。
スクリーンショット 2012 02 03 7 42 50

確認を編集

「確認」とは、アンケートに回答した後に表示される画面です。これを編集することができます。
右上から、[確認を編集]を選び、
スクリーンショット 2012 02 03 7 43 20
表示したい文章を入力します。
スクリーンショット 2012 02 03 7 43 38

フォームをメールで送信

[このフォームをメールで送信する]をクリックすると、
スクリーンショット 2012 02 03 8 21 24
メールに組み込んだ形で、フォームを送ることができます。
スクリーンショット 2012 02 03 8 20 55

フォームの表示

実際にどういうフォームが表示されるかを確認するには、一番下のリンクをクリックします。
スクリーンショット 2012 02 03 7 44 21

これが回答者に表示される画面です。(メールに組み込んだ場合はそのまま回答できます)
スクリーンショット 2012 02 03 7 44 41

フォームへのリンク

フォームへのリンクは、上記の画面で、URLをコピーします。
サンプルで作ったフォームはこういったリンクになります。
長いので短縮URLサービス(bitlyなど)を使った方がいいかもしれません。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dG1kWWFrcXJtSkRySVdlRDJsaTdIY3c6MQ#gid=0

セミナーのアンケートをWebでお願いする場合には、セミナー資料のダウンロードやお礼、フォロー情報などとともに、このリンクをメールに貼り付けています。

回答データの確認

ドキュメントのホーム画面から、タイトルをクリックすると、
スクリーンショット 2012 02 03 7 44 55

回答の詳細が確認できます
スクリーンショット 2012 02 03 7 47 25

通知ルールの設定

[ツール]→[通知ルール]をクリックすると、

スクリーンショット 2012 02 03 7 48 51
フォームに入力があった場合に、自分のメールに通知するかを設定できます。
申込フォームに使うときは、[その都度]にしておいてもいいでしょう。

スクリーンショット 2012 02 03 7 49 07

入力があれば、こんな風にメールが届きます

スクリーンショット 2012 02 03 7 54 03

フォームの編集・確認

フォームを編集するには、[フォーム]→[フォームを編集]を選択します。

フォームの表示を確認するには、[フォーム]→[ライブフォームを開く]を選択します。
スクリーンショット 2012 02 03 8 18 25

Excelでの集計

回答データをExcelで集計することもできます。
データを表示した状態で、[ファイル]→[形式を選択してダウンロード]を選択すればExcel形式でのダウンロードが可能です。
スクリーンショット 2012 02 03 9 16 08

普通にコピーすることもできます。少ないデータならこっちの方が楽です。
スクリーンショット 2012 02 03 7 48 19

Excel上でピボットテーブルを使って集計・分析ができます。
スクリーンショット 2012 02 03 8 25 45
[氏名]を行ラベルに入れると、こういった表もできます。
スクリーンショット 2012 02 03 8 26 23
※項目を行ラベル、値の両方に入れる際はドラッグで持ってこなければいけません。

ピボットテーブルの鉄則の1つとして、「集計したい項目をデータに入れる」というものがあります。

集計に必要なデータは、アンケートの質問に入れておく必要があります。

チェックボックス(複数選択)があるとピボットテーブルで集計する際にデータの加工が必要となります。

1つのセルに複数のデータが入ってしまうからです。

ピボットテーブルで集計するなら、質問を工夫して、チェックボックスを使わないようにした方がいいでしょうね。

誰に回答してもらったかをチェックするには、名簿を準備して、Vlookup関数で調べると便利です。
エラー(#N/A)が出ているところは、アンケート回答がまだないということになります。

スクリーンショット 2012 02 03 7 57 58

Excelで集計、チェックするデータをサンプルで準備しました。ご興味ある方はダウンロードしてみてください。
http://db.tt/FuWqLE8J

★経営者向けメルマガ、先行登録受付中です→詳しくはこちらの記事で





【編集後記】
昨日は人間ドックに行ってきました。
心配だった胃カメラは、鼻から入れるタイプで、全然平気でした。
これなら毎年行けそうです(笑)
その後に行った整体の方が痛くて悲鳴をあげてました(^_^;)
こっちの方は重傷のようです。

【セミナー情報】
2/19 ピボットテーブル入門セミナー
2/19(日)経理&会計のためのExcelマクロセミナー 入門コース

【メルマガ】

平日に毎日配信! 『税理士進化論』

ブログ村税理士ブログランキングに参加しています。

↓記事がお役に立てたときは、1クリックしていただけるとうれしいです(^_^)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

【税理士井ノ上陽一Official Website】

フリーランス・ひとり社長「ひとりしごと」専門税理士

○税務会計相談、セカンドオピニオンについて→こちら

○セミナー・研修のご依頼→こちら

○執筆のご依頼→こちら

【Twitter】

井ノ上陽一 (@yoichiinoue)さんの最新ツイート 税理士。MicrosoftMVP【Excel】。3600日以上毎日更新ブログ「EX-IT」管理人。「税理士進化論」発行人。最新刊『ひとり税理士のIT仕事術』『フリーランスとひとり社長のための エクセルで経理をトコトン楽にする本』。著書に『フリーランスのための一...

【著書】

『使える経理帳票―これ一冊でOK! Excel2010/2007/2003』

■スポンサードリンク

『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』