iPhoneと話せる!音声で入力できる!  iPhone4SのSiriが日本語に対応しました

iPhone4Sで使えるSiriが日本語に対応しました!
iPhoneに話しかけて操作をしてもらったり、音声で文字を入力したりすることができます。
(Siriが使えるのはiPhone4Sのみです)
IMG 2243

アップデートの方法

Siriを日本語対応にするには、iPhone自体のOSをアップデートする必要があります。
無線LANに接続していれば(Wi-fiルーターでも可)、簡単です。
[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]をタップすれば、iOs5.1へアップデートすることができ、Siriを日本語対応にできます。
(これまでは日本語には対応していませんでした。)
IMG 224111

siriの設定

次にSiriを設定します。
1 [設定]→ [一般]→[Siri]をタップし、
IMG 2241

2 次のように設定します。
[Siri]を[オン]、[言語]を[日本語]。
[耳にあてて話す]を[オン]にすると、声を拾う範囲が狭くなるようです。
IMG 2242

使い道

大きく分けると2つの使い道があります。

siriに話しかける

iPhoneのホームボタンを長押しすると、次のような画面になります。
ここでiPhoneに話しかけるのです。
IMG 2243

例えば、「天気」というと、次のように「今日から次の火曜日の天気はあまりよくなさそうです」と答えてくれます。

IMG 2246

「明日は雨が降る?」と聞くと、「明日はかなりの確率で雨が降りそうです」とまた違う答え方をしてくれます。
「今日の天気は?」と聞くと、今日の天気のみを表示してくれます。
「今日は傘必要?」と聞くと、「今日はかなりの確率で雨が降りそうです」と答えてくれます(^_^)
IMG 2252

いろいろ試してみると楽しそうです。
他にも電話かけたり、メールしたりすることもできます。

アプリで使う

もう1つの使い方は通常のアプリで使う方法です。
例えば、日頃使っているTwitter用アプリでも使うことができます。
(私は、「ぽすとん」というアプリを使っています)
日本語キーボードにマイクのアイコンがありますので、それをタップすると、音声入力できます。
IMG 2249

その精度はかなりのものです。
英単語の認識はちょっと厳しい感じですね。(日本語モードなので)

「。」は「まる」と言い、「、」は「てん」と言います。

ひらめきメモや読書メモで愛用しているFastEverでも使うことができます。

・iPhoneアプリで最も使用頻度が高い「Fastever」の魅力 | EX-IT
かなり便利ですので、今日から音声入力に切り替えます。(電車内では使えませんが)

次の画面は、音声で入力してみたところです。
IMG 2253
「この文」が「この分」になっていますが、これは私の言い方が悪いと思います(^_^;)

ちょっと触ってみただけですが、これはすごいテクノロジーです(^_^)
これまでも英語版はありましたが、私の英語力だとほとんど認識できなかったので、ようやくSiriのすごさがわかりました・・・・・・。

これからはタイピングスキルよりも滑舌スキルの方が重要視されるかもしれませんね。
使い道をさらに研究してみます!

☆3/18経理&会計のためのExcelマクロ入門セミナー→詳しくはこちらの記事で





■スポンサードリンク

【編集後記】
新しいiPadが今朝未明発表されました。
来週3/16発売のようです。
ブロガーとしてはとりあえず買っておこうかなぁと思っています(^_^;)