手作業、Excelスキル、マクロを比較してみました。

Excelの通常スキルと、マクロのどちらが便利か?を比較してみました。

※3/18のExcelマクロ入門セミナー、おかげさまで満席となっていましたが、さきほどキャンセルがありました。
あと1名様、お申し込みいただけます→http://www.ex-it-blog.com/20120318macro/

スクリーンショット 2012 03 16 8 46 01

比較したもの

比較したのは、次の3つです。
・手作業(Excelでスキルをあまり使わずにやる作業、単純入力を含む)
・Excelスキル(関数、ピボットテーブル、グラフなどある程度使いこなすレベル)
・マクロ

グラフ・レーダーチャート

上記3つをグラフ、レーダーチャートで比較しました。

スクリーンショット 2012 03 16 8 58 27

スクリーンショット 2012 03 16 9 00 12

各項目の解説

比較した項目は次のとおりです。

・とっつきやすさ

手作業のとっつきがいいのは確かです。
Excelスキル、マクロは、なかなか手をつけにくいのは事実でしょう。

・便利さ

手作業の便利さを1(最低)とすれば、Excelスキルは4、マクロは5と考えられます。
ケースによっては、Excelスキルも5になることがあります。
手作業はどうしても一定の時間がかかってしまいますが、Excelスキルやマクロを使えば、その時間を短縮できます。

・繰り返し業務との相性

ExcelやPCの長所の1つは、繰り返しの業務との相性がいいことです。
手作業は、1といわざるをえません。
もちろん、職人芸ですばやい手作業や入力ができる方も多いですけどね(^_^;)

・習得しやすさ

手作業は「習得」というよりも誰でも手早くできるものです。
Excelスキルやマクロは習得までに時間がかかったり、コツが必要だったりします。

・ミスの発生しにくさ

手作業はどうしてもミスが発生しがちです。
Excelスキル、マクロでも当然ミスが発生しますが、しっかりと対策すればミスを減らすしくみも作りやすいでしょう。
特にマクロは、きちんとプログラムを書けば、ミスなく何回でも繰り返してくれます。

・他人への提供

他人に作ったファイルを提供することことを考えると、手作業で作ったファイルは好ましくありません。
同じ作業をその人もしなければいけないからです。
Excelスキルでテンプレートを作る、またはマクロを使った仕組みを提供する方が好ましいでしょう。

総括すると次のようになります。
・手作業は、とっつきやすく誰でもできるが、時間もかかるし繰り返すのがめんどくさい。
・Excelスキルやマクロを場面ごとに使い分ければ、時間を短縮できるし、ミスも起きなくなる。
ただし、習得するにはある程度の時間やコツが必要

私はめんどくさがりやですので、やはりExcelやマクロで作業を効率化するのが好きです(^_^;)
最初だけ苦労すれば後は楽ですからね。

※3/18のExcelマクロ入門セミナー、おかげさまで満席となっていましたが、さきほどキャンセルがありました。
あと1名様、お申し込みいただけます→http://www.ex-it-blog.com/20120318macro/





【編集後記】
昨日は、終日法人のお客様の月次決算。
その後、お客様とそのお客様からご紹介いただいた方々と会食。
会食自体も楽しく、経営者の方々の参考になる話を聞くことができました(^^)

■スポンサードリンク

結構飲み過ぎましたけどね(^^;)