ネットで法人税、消費税、所得税を納付する方法

インターネットバンクで納税できるのは、源泉所得税だけではありません。
源泉所得税同じシステムを使って法人税、消費税も納税できます。
スクリーンショット 2012 05 07 9 22 52

ネット納税の手続

国税庁のe-Taxシステムで法人税の申告をするのは実は大変です。
自動的に計算できる機能も最低限ですし、ほぼ手入力になります。
そこで、税理士事務所では、専用の税務申告書作成システムで申告書を作成し、提出しています。

しかし、そのシステムではネット納税までできないものが多いです。
(納付書を書いて、金融機関で支払うのがほとんどです)

納税は専用システムとは別に手続きを行わなければいけません。

その場合に、e-Taxソフト(WEB版)を使います。

税理士事務所から納付書をもらった場合で、金融機関へ行くのが面倒、行く時間がないというときに、会社にいながらネットで納税するという使い方もあります。

e-Taxソフト(WEB版)を使う

①e-Taxソフト(WEB版)にアクセスし、ログインします。
メインメニュー SE00S010 国税電子申告・納税システム

②[申請・届出]→[納付情報登録]を選びます。
ここで、納税の情報を登録するわけです。
スクリーンショット 2012 05 16 10 12 57

③次のような画面がでてきます。
スクリーンショット 2012 05 16 10 13 09


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


[1.新規に納付情報登録依頼を作成する]では、税目(法人税、消費税、所得税)や金額を直接入力して納税します。
[2.作成済みの申告を参照して納付情報登録依頼を作成する]では、e-Taxで送信したデータを利用して納税手続きをします。
ここでは後者の方法を解説します。

④送信データの保存
e-Taxで送信した際の<受信通知>では[保存]又は[ダウンロード]を選ぶことができます。
それぞれのシステムで、送信データを保存しましょう。
または、e-Taxソフト(WEB版)の[受信結果の確認]でメッセージボックスを確認して同様の操作をすることができます。

⑤送信データの読み込み
送信データを読み込むと、税目、金額が表示されます。

納税はネットバンク・ATM

源泉所得税と同様、納税はネットバンク又はATMを使うことができます。
ネットバンクと契約しているPCで手続きしているのであれば、そのままネットバンクで納税ができます。

当事務所でお客様の税務申告をする場合は、次のような手順で行っています。
①専用の税務申告システムで申告書を送信
②送信データを保存
③e-Taxソフト(WEB版)で納税の手続

④納税に必要な番号をメールでお客様へ通知

スクリーンショット 2012 05 16 10 14 40

4種類の番号を送信し、お客様の方でネットバンク、ATMに入力して納税していただいています。
上3つの番号は固定です。最後の納付区分のみが毎回変わります。
これらを入力すると、会社名、税目、金額が自動表示されますので、画面をすすめれば間違いなく簡単に納税できます。

利用できるのは、法人税、消費税、所得税です。

源泉所得税はこちらを参考にしてください。
【決定版】e-Taxソフト(WEB版)を使って源泉所得税をらくらく納付する方法 | EX-IT

■スポンサードリンク


■スポンサードリンク
【編集後記】
6月末に開催されるExcelセミナーのご依頼をいただきました。
今週中に概要をまとめて、近日発表できる予定です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###