意外とあなどれない年1タスクの管理方法

年に1回だけやるタスクも意外と多いです。
「年1回だから」と思って甘く見ていると、予想以上に手間がかかってしまいます。
年1タスクもタスク管理の対象となりますが、少しだけ方法を変えています。
スクリーンショット 2012 09 12 8 23 24

年1タスクは要注意

年1回だけやるタスクは要注意です。
1年に1回だけだからと、なんの戦略もなしでとりかかると、思った以上に時間がかかります。
何よりも「1年前だから忘れている」ことも多いでしょう。

税理士の業務でも、決算、税務申告、年末調整など年1回のタスクは多く、それぞれがそれなりのボリュームです。
年1タスクこそ、しっかりとタスク管理すべきものだと考えています。

年1タスクをタスク管理に入れてない理由

私はタスク管理ソフト(Excelで自作)に、やると決めたタスクを必ず入れるようにしています。

スクリーンショット 2012 09 12 8 05 52

他の多くのタスク管理ソフトと同様に、繰り返しやるタスクは、自動的に繰り返されるように設定できます。
設定できるのは、毎日やるタスク、毎週やるタスク、毎月やるタスクです。

Facebookグループ(過去に開催したタスク管理塾への参加者限定)で、昨日、「年1タスクの設定」について話題にあがっていました。
よくよく考えると、私が作ったタスク管理ソフトには[毎年やるタスク]を自動的に繰り返す設定自体がありません。

その理由は次の3つです。
1 タスク管理は基本的に3か月後くらいまでにやることを視野に入れている
2 1年たつと仕事のやり方、スキルも上がっている(はず)ので、やるタスクも変わってくる
3 1年後の仕事が100%確定しているわけではない

最も大きな理由は、1ですね。
おおまかな年間計画はたてていますが、そんなに先のことまでは考えていません。
今だと、せいぜい12月の業務くらいまでを視野に入れているくらいです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


タスクリスト・マニュアル・チェックリスト

では、年1タスクへの対策はどうしているかというと、次の3つのものを使っています。

1 タスクリスト

やるべきタスクのリストを一覧にしています。
税理士だと複数の会社の決算を行いますのが、お客様ごとにやるべきことは異なります。
基本のリストを作っておいて、そのお客様でやるべきタスクとお客様名を組み合わせて、随時タスク管理ソフトへの追加しています。
スクリーンショット 2012 09 12 8 07 31

2 マニュアル

自分のためのマニュアルを作るようにしています。
マニュアルといっても、やっていることを逐一記録し、編集しているだけです。
これで1年前のことを思い出せます。

3 チェックリスト

タスクの完了をチェックするリストも併用しています。

年1タスクに限らず上記の3つは使っているのですが、うまくこの3つを融合したしくみが作れないか考え中です。

タスク管理塾のFacebookグループでは、いろんなことが話題にあがったり、私から情報提供を行ったりしています。
セミナーのフォローも兼ねています。
次回は10/4の開催です。→10/4(木)タスク管理塾 残席4名





■スポンサードリンク
【編集後記】

8月の同窓会がきっかけで、こっち(東京)でも集まることになりました。
同窓会参加者プラスFacebookなどで連絡がとれたメンバーが集まります。
久しぶりに会える友人も多いので楽しみです(^^)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク