・【執筆】税理士新聞『Excel使いこなして定時で帰ろう! 後編』

エヌピー通信社「税理士新聞」に執筆した記事が掲載されました。
前回に続いて,『Excel使いこなして定時で帰ろう! 後編』です。
EX-IT|
今回は,
会計データの活用
エクセルの可能性

という内容です。
経理業務では,まず会計ソフトの入力を行います。
会計ソフトに入力したデータは,Excel上で使うことができます。
例えば次のような使い方があります。
○仕訳データ
・Excelのピボットテーブルで集計して比較
・Excelのピボットテーブルで集計して資金繰り実績表を作成
・Excelで検索やフィルタを使って,データをチェック
・ピボットテーブルで源泉徴収税額の集計

○試算表データ
・Excelで加工して,見やすい表を作成
・Excelでグラフを作成
○推移表データ
・決算予測(決算のときの利益,税金を試算)
・事業計画を作成する際に活用
・資金繰り予測表を作成
会計ソフトから印刷できる表は,自由度があまりありません。
「資料を1ページに納めたいんだけどなぁ」
「ここの部分を強調したい」
「社長の要望に応える資料を作らなければ・・・」
「経理事務にかける時間を削減したい」
「会計ソフトから印刷した表を見ながら,Excelに入力するのはめんどくさいし,ミスの可能性もある・・」
などといった場合に,会計ソフトのデータからExcelへ加工を使うと,非常に効果的です。
8月発売予定の本は,こういった事例を中心とした内容となっています。
================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今日はOffice2010の発売日でした。
私が購入したのはExcel2010とWord2010。
プレゼンテーションソフトはMacのKeynoteを使っているため,Powerpoint2010は買いませんでした。
早速仕事で使ってみましたが,細かい部分の改良で使いやすくなっています。
EX-IT|




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク