ペーパレスですけど、紙で出してます。

事務所としては、紙の資料を極力少なくするようにしています。
不要なものは出力しないし、紙で来たものは、スキャンして、どんどん捨てる。
そんな中でも、例外があります。
税務申告書のチェックの際は、すべて出力します。
ある程度画面上ではチェックしますが、紙の方が流れが分かりやすい面もあるので。
修正点があれば、そこだけ出力して差し替えをすると、意外なところでミスが出てしまいますので、また全部出力したりします。(内容によりますが)
今は2月決算法人の申告書を作っていますが、最終チェックの段階です。
以前だと、税務署提出分、お客様控分、事務所控分と3セット作成していましたが、今は電子申告ですので、
最終的には、紙はお客様控分だけしか出力しません。
事務所控も直接PDFにしています。
いい時代に開業できたなぁと思っています。
申告書が手書きの時代もあったわけですから・・・。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク