仕事の後の勉強

昨日と今日、仕事帰りに、自宅近くの喫茶店で本を読んでます。
同じ店に行ったので、家に早く帰りたくないサラリーマンと思われてるかも・・・。
家だと眠くなったり、集中できなかったりしますからね。
仕事の後の勉強・・・・なんか懐かしい感覚でした。
税理士試験受験時代は、そういう毎日でしたので。
私の場合は、毎日勉強はやっていました。
休んだのは、8月の試験後から9月の授業が始まるまでのみ。
その頃は、今の自分の姿など想像もつかなかったですが、
思っていたのは、
・試験受かってからもやることは山ほどあるから、さっさと受かってしまおう!

・資格を取って同じフィールドに立てば、(当時の雇い主に)勝てる可能性がある!
ということ。
「勝つ」というのは、規模とか年収というより、自分だったら、もっといいサービスをするとともに、事務所内部ももっといいものにするということ
そのために今は、当時思っていた「山ほど」やることをやっているところですね。

前の記事請求書で不信感を抱かせないために
次の記事知識・相性・レスポンス
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら