はたらくげんき~仕事は役割

神田昌典さんの番組「はたらくげんき」
先週から放送開始しました。
楽しみにしていたのですが,今日録画を見ることに。
この番組は ”あたらしい仕事を生み出す”ということにフォーカスしたものです。
第1回は,蔵王すずしろという豆腐作りの仕事。
ここでは,40名の知的がい者の方が豆腐作りを行っています。
障がい者施設の平均賃金は月間13,000円ということなのですが,
ここでは50,000円という賃金を実現しています。
賃金と仕事の質の双方を達成したということです。
印象的だったのは,すずしろ理事長の武田 元さんの言葉。
賃金が2万円になると働き方が変わる

5万円になると具体的な暮らしが変わる

7万円になると未来を語ることができる

最後に仕事とは?という質問があります。
武田さんの回答は

仕事は「役割」

一生涯かけて果たす役割=存在意義。

その役割を果たすことで成長していく。
というものでした。
私にとって仕事=役割は,税理士です。
この道の入り口まで,27年かかってますが。(27歳の時に本格的に目指したので)
この仕事にたどり着けたことを素直に感謝したいと思います。
あとは,どういう形で役割を果たしていくかということですね。
今日は第2回「バースコーディネイター」です。

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』